CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月11日

世界無形文化遺産フェスティバル2020開催中止のお知らせ

世界無形文化遺産フェスティバル2020開催中止のお知らせ
2020年4月18日(土)・19日(日)に開催を予定しておりましたTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「世界無形文化遺産フェスティバル2020」につきまして、新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延の現況に鑑み、公演の中止を決定いたしました。
http://www.jfpaa.jp/news/2020-03-24.html





世界無形文化遺産フェスティバル2020が開催されます!!!
20200211120443147_0001.jpg
世界の国や地域には、それぞれの自然環境や生活の中から生まれた、
特色ある貴重な無形文化遺産、民族芸能が伝わっています。
カラフルでプリミティブな衣装や楽器につつまれた人々が、
今も、歌や踊りを生き生きと伝えています。

このフェスティバルでは、
世界中の人々が集う東京オリンピック・パラリンピックにちなんだ
五大陸から6ヶ国の民族芸能6団体と「復興五輪」に関連し、
国内から東北県と東京都の4団体の計10団体が、
都立日比谷公園に大集合し時代を超えて受け継がれてきた芸能を披露します。

ユネスコの無形文化遺産代表リストに記載され、
日本初披露を含む民族芸能を一度に楽しめ、
ふれあえる希少な機会。世界の多様な形なき文化に、出会いにきてください。

https://wfes.jp/about-us-wfes/

2020年4月18日(土)・19日(日)に
都立日比谷公園で開催される「世界無形文化遺産フェスティバル2020」の
公式WEBサイトとフライヤーが公開されました。
20200211120443147_0002.tif
本フェスティバルでは、春の日比谷公園全体を使って、
世界五大陸の民族芸能と日本の民俗芸能が繰り広げられますが、
大音楽堂(野音)の「野音ステージ」観覧のみ事前申込が必要となります。
観覧申込は、2月1日(土)〜3月16日(月)23:59まで。
本サイトの専用申込フォームよりお申込ください。
https://wfes.jp/application-form/
開催日:2020年4月18日(土)、19日(日)
会場:都立日比谷公園大音楽堂(野音)、小音楽堂、草地広場、噴水広場他(東京都千代田区)
開催内容:2日間共通(予定) ※雨天決行、荒天中止

○野音ステージ:大音楽堂(野音)
 海外6団体、国内4団体の芸能披露
 18日(土)18:00〜20:00(開場 17:20)
 19日(日)14:00〜17:00(開場 13:20)
 ※手話通訳、英語対応あり

○交流ステージ:小音楽堂
 各国芸能との交流公演
 11:00〜12:20(開場 10:30 )

○「エチオカラー」ライブステージ:草地広場
 エチオピアの芸能との交流公演
 11:00〜12:00

○World Performing Arts Parade:噴水広場〜第二花壇
 各国芸能団体練り歩き
 12:30〜13:20
入 場 料:
無料 *野音ステージのみ要事前申込
応募方法:
申込期間:2月1日(土)〜3月16日(月)23:59(往復はがきは3/16必着)

【WEB申込フォーム】https://wfes.jp/application-form/より申込。

【往復はがき】往信面に代表者の

 @ 氏名(フリガナ)
 A 郵便番号・住所
 B 電話番号またはメールアドレス
 C 希望日(A:4/18 B:4/19のいずれかを明記。)
 D 希望人数(1通につき2名まで。未就学児も1名。)
 E 性別(任意)
 F 職業(任意)

を明記の上、返信面の表に代表者の郵便番号・住所、氏名を記入し、
世界無形文化遺産フェスティバル2020事務局
(〒106-0032 東京都港区六本木4-3-6-206)宛に申込。

※応募締切後、当落に関わらず3月末日までに通知いたします。
※座席(2,300席)は自由席となります。
※車椅子席をご希望の方はその旨明記ください。必要に応じて同伴者とご来場ください。
※当日券(立見)あり。詳細は後日公式WEBサイトにてお知らせします。
※いただいた個人情報は、本フェスティバルの運営管理の目的のみに利用します。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

後援(予定):
 インドネシア共和国大使館、エストニア共和国大使館、エチオピア連邦民主共和国大使館、
 トンガ王国大使館、在東京ブータン王国名誉総領事館、ホンジュラス共和国大使館、
 岩手県、宮城県、福島県

協力:株式会社宮本卯之助商店

企画制作:公益社団法人全日本郷土芸能協会

招聘芸能:

@「ガヨの伝統舞踊 サマン」
   サマン・ガヨルエス“ルンギウップ・ランチュン”(インドネシア共和国)
IMG_4310-1024x768.jpg
A「セト・レーロ セトの多声歌唱」
   セトの花合唱団(エストニア共和国)
IMG_1096.jpg
B「エチオピアの民族芸能」
   エチオカラー(エチオピア連邦民主共和国)
55-1024x683.png
C「トンガの歌と踊り ラカラカ」
   トンガ文化芸能団(トンガ王国)
IMG_2034-1024x768.jpg
D「東ブータンのヤクの踊り」
   メラ村芸能団(ブータン王国)
yaku-5-1024x683.jpg
E「ガリフナ民族の歌と踊り」
   国立ガリフナ民族舞踊団(ホンジュラス共和国)
garihunabashi-1024x569.jpg
F「仰山流笹崎鹿踊」
   仰山流笹崎鹿踊保存会(岩手県大船渡市)
iwate.jpg
G「秋保の田植踊」
   湯元の田植踊保存会(宮城県仙台市)
宮城 秋保の田植踊のコピー-1024x724.jpg
H「じゃんがら念仏踊り」
   福島県立いわき海星高等学校チーム「じゃんがら」(福島県いわき市)
DSCN5455-1024x768.jpg
I「和太鼓」
  (公財)日本太鼓財団東京都支部、大江戸助六太鼓、
   東京ろう者和太鼓倶楽部鼓友会(東京都)
東京都支部 襷(国立2)-1024x529.jpg
*国名50音順

【公益社団法人 全日本郷土芸能協会について】

日本全国各地に伝えられている様々な郷土芸能は
我々の誇るべき文化財であり、私たちの大切な財産である。
当協会は、郷土芸能の保存団体および郷土芸能に
関心を持つ個人を会員とした、我が国で唯一の全国組織である。

当協会では、郷土芸能に関する公演の開催、指導者、保存団体の育成、
国際的な交流等を行うことにより、地域社会における郷土芸能の保存振興を図り、
もって我が国の文化の振興と発展に寄与することを目的とする事業を行っている。

★お問い合わせ情報

 世界無形文化遺産フェスティバル2020事務局
 公益社団法人全日本郷土芸能協会内

 TEL:03-6804-2660 FAX:03-6434-9435
 E-mail:wfes2020@jfpaa.jp
posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:16| 犬も歩けば棒に当たる