CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月02日

敢えて火中の栗を拾う!天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず。その3

地域再生、地域活性化等のコンサルテーションを行っていると、良く問われるのは、成功例よりも失敗例を教えて欲しい。
なぜ失敗したのか、その要因を知れば、成功に近づくから教えて欲しいというのだ。
こんなことが原因で失敗した=それをしなければ成功する、成功の確率が高いということなのだ。
ミスや失策をなくしたいという気持ちはよくわかるのだが、失敗事例を分析するのも容易ではない。
それよりも困難な状況から同立ち上がったのは、その想いやプロセスにヒントが隠されているのではないだろうか。

3.中山間地域集落の活性化事例(2)
プロジェクトおおわに事業協同組合
(青森県 大鰐町)http://www.wanicome.com/
大鰐01.jpg
青森県大鰐町は、青森県津軽地方の南端に位置し豊かな自然に恵まれ、青森市から約50キロ。北〜西側は弘前市、東側は平川市、南側は秋田県に接したスキーと温泉とりんごの町。
スキーは約100年、温泉は800年の歴史を持ち大変栄えた町でしたが、人口減少や少子高齢化が進み、さらに観光の温泉とスキー場経営難となり、町の財政を圧迫、2つの第三セクターが抱えていた負債に対する損失補償等、巨額の負債から平成20 年度決算で早期健全化団体となった。

こうした中、町を立ち直らせようと、平成19年に「OH!鰐元気隊」を地域おこしグループとして会員数130名で設立し、翌年から地元大鰐小学5,6年生を“OH!鰐元気隊キッズ”と称して、活動を始めた。
平成21年「OH!!鰐元気隊」の9名が出資した設立した「プロジェクトおおわに事業協同組合」は、赤字続きであった「鰐come」(公衆浴場、物産直売所、食堂等を備えた施設)を指定管理料0円で受託し、初年度より黒字化を達成。立ち上げた「産直の会」でも年間売上げが4,000万円と成果をあげるほど農産物の販売にも道をつけた。
また、子どもたちも野菜づくりの基本を学びながら元気隊員の大人と共に「農業」に取り組み、東京の青森県アンテナショップで販売体験学習や百貨店バイヤーやフードジャーナリスト、美食家の先生等をご招待し、キッズ野菜を一流シェフに調理していただき「大鰐町PRパーティー」を開催するなど、子供達も自分の名刺(手づくり)を配りながら町のPR活動をしている。
また、町の伝統野菜である「大鰐温泉もやし」のブランド化に取り組み話題になるなど町の再生に地域の住民自身が立ち上がり成果を出している。
大鰐02.jpg
地域再生とホスピタリティ世界一を理念に人生賭けて取り組むまちづくり会社事例として『日本の田舎町再生のお手本づくり!』と絶賛され、プロジェクトおおわに事業協同組合は、平成23年度第9回オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞し、その後平成24年度地域づくり総務大臣表彰、あしたのまち・くらしづくり活動賞(25年度)、平成28年度地域づくり表彰国土交通大臣賞と各省の表彰事業を総なめしている。

事業を行う上で、人が集まりともに同じ考え方向性で取り組むために大切なことは、なんだろうか。一つは「朝礼」。関わる人がそれぞれは置かれた状況の把握と、それぞれの思いや考えを述べ共有することで、仕事に対して意欲が変わっていく。
さらに、清掃。ホスピタリティを提供する施設において清掃の重要性は推して知るべしことあるが、掃除部署の重要性を理解しその徹底を図ることが、増客増収に結び付いている。
具体的な温泉施設が奇跡的なV字回復した最大の理由として挙げられるのは、指定管理受託後、真っ先に実施した、半年かけての職員研修による徹底的なホスピタリティの改善。
研修の仕方も職員一人一人の仕事に対して専門家が付いて指導する細密なサービスの質的向上を図り、その結果がお客様にサービスの向上が伝わり満足度向上と来客数の増加に結び付いている。
以後も毎月1回、設備点検日(全館休業日)に、全職員研修を実施して、ホスピタリティ向上に余念がない。
朝礼によるコミュニケーションの強化とホスピタリティの充実を継続いながら、さらに新たなサービスや商品開発に余念がない。指定管理受託後、真っ先に取り組んだ地域との連携の一つが。農産物の「産直の会」の立ち上げ。温泉施設の売り場で販売と首都圏等への販路開拓を志向して、農家に呼び掛け出品を募った。当初は46軒。現在100軒まで増加した。
大鰐03.jpg
郷土の農産物の販路開拓には、郷土の子どもたちの郷土愛を育む「ふるさと教育」の一環として、子どもたちが学校教育の一環のなかで作り育てた野菜や産直会の野菜を東京の青森県アンテナショップを使い、子どもたち自身が販売を学活動も行い、地域一丸となって取り組んでいる。
 子どもたちに、農業の基本、商売の基本を教えながらアンテナショップでの販売、その後の著名人やレストランのプロ料理人等を集めた交流会での宣伝活動での情報交換を通じて、田舎である故郷への誇りと可能性を実感してもらいこの活動後、両親や家族への報告を通じて、大人世代の我が故郷への「こんな田舎はだめだという」考えから「素晴らしい農産物」「自然や温泉など優れた地域」だと、子どもを通して、大きく意識が変わっていている。
 おおわに事業協同組合は、地域間競争の厳しいなか、勝ち残るために、世界一のホスピタリティのおもてなしを目指すとともに、町への愛着と誇りをもって子どもたちが成長するように町ぐるみで取り組み、そして日本の田舎町を再生していきたいとしている。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:10| コミュニティビジネス