CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月15日

2030年の飲食料市場規模は1,360兆円、拡大をつづける巨大市場

CQ143.JPG
日本では、人口減少、高齢化などにより、農家人口も減少が進み、農業の規模拡大、高付加価値化などが求められているが、世界の食市場の動向をみると、農業・食料産業は、大変有望視されている。
平成26年9月農林水産省の資料によると、世界的な人口増加、新興国の所得水準の上昇等により、世界的に農産物市場は非常に有力な成長市場。
世界の食の市場規模現在340兆円、2020年には680兆円に倍増と予想。
特に、中国・インドを含むアジアは急成長。アジア全体の市場規模は、2009年の82兆円に比べ、2020年には229兆円へと約3倍増の予想だ。
この春、平成31年3月29日に農林水産省が、将来の海外市場の動向を予測するために、世界(主要34か国)の飲食料市場規模の推計結果を取りまとめ発表した資料によると、主要34か国の飲食料市場規模は、2030年の飲食料市場規模は、1,360兆円となり、2015年の890兆円の1.5倍に拡大すると見込まれるとしている。
特に、人口と1人当たりGDPの伸びが大きいアジアは、420兆円から800兆円と1.9倍に増加と見込み、北米は220兆円から280兆円と1.3倍に、ヨーロッパは210兆円から240兆円と1.1倍に各々増加すると見込んでいる。
より高品質、美味しい食としての農業生産の可能性が広がっている、そこで如何に農業の新たな革命が起こるのか、今後の農業・農山漁村にどのような動きがでるのか、その変化に注目したい。
posted by オーライ!ニッポン会議 at 17:31| 犬も歩けば棒に当たる