CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月25日

徳島県上勝町の実行力を担保しているのは、その地域の人々の意識の高さ。

20190624163238201_0001.jpg
約1600人と四国一人口が少ない徳島県上勝町は、さまざまな分野でリードする町です。
良く知られているのは、葉っぱビジネスの彩り産業。これは簡単に言うと、刺身のつまとなるような、彩り野菜を山から採取し料亭等に安定供給することで商機を導きだしたビジネスだ。もじみ、南天、柿や椿の葉など日本料理に添えられて季節感を演出するのに重宝がられている。これを栽培などして320品目を出荷しています。
次に話題となっているのが、ゼロ・ウエイスト。ゴミをゼロにしようという宣言を2003年に日本で初めて行い取り組んでいる資源化できるものは資源化するために、分別はなんと45分別。
そして、移住定住においても今注目されています。
その最新の戦略が【あなたは今の暮しに満足していますか?】と問いかける「上勝パラダイス戦略」である。上勝町がなぜパラダイスなのか、それは下記のサイトをご覧ください。
上勝町役場 移住交流支援センター(企画環境課内)https://kamipara.jp/
移住者による起業や世界的な活躍を担う人材も出ています。
(徳島新聞)2018/12/21
ダボス会議共同議長に「ゼロ・ウェイスト」坂野理事長
徳島・上勝のNPO法人 来月開催、日本から唯一
https://www.topics.or.jp/articles/-/141155
20190624171210363_0001.jpg
posted by オーライ!ニッポン会議 at 07:44| 犬も歩けば棒に当たる