CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月03日

みなかみ町の木材を使ったツリーハウスを、人と自然が共生するユネスコエコパークのシンボルとして建設したい!

d_672467d5def9b6ce9881c6b1e20373b0b3cbbf44.jpg
群馬県みなかみ町は、日本を代表する大河川である、流路延長322km(日本第2位)、流域面積16,840キロu(日本第1位)の利根川最上流域にあり、首都圏の約8割、3,000万人の生命とくらしを支える水の最初の一滴を生み出している。
また、町内には、温泉が18湯あり、法師温泉、猿ヶ京温泉、谷川温泉、水上温泉、上牧温泉などがある。上毛かるたには、“「み」水上谷川スキーと登山”と詠われている谷川岳の入口としても有名である。
この水上町は、2017年6月14日ユネスコエコパークへ登録され、そのシンボルとして豊かな森林を誇るみなかみ町から自分たちで伐採した木材でツリーハウスを作る資金をクラウドファンディングで募集している。
クラウドファンディングは、ふるさと納税の活用した手法で集めており、返礼品として、みなかみ町産の特産品が提供される。
その返礼品のなかに、注目のリンゴある。ぐんま名月というリンゴは、幻のリンゴとも言われている。みなかみ町は、果樹の特産品も多く、みなかみ町の旬のフルーツを365日楽しめる「みなかみフルーツランド モギトーレ」があり、家族でフルーツ狩り、食事、お買い物が楽しめる。

寄附募集期間:2019年4月1日〜2019年6月29日(90日間)
目標金額:3,000,000円
返礼品は、ぐんま名月など、みなかみ町の特産品
◎ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/gcf/534?search_feature
DSC_2844.JPG

群馬は知る人ぞ知る“リンゴ”の産地! 産地でしか味わえない逸品! 「ぐんま名月」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000010726.html
ぐんま食材セレクション100
http://aic.pref.gunma.jp/farmproducts/selection/sub/28_1.html
全国どの地域でつくっても「ぐんま名月」と呼ばれる、黄色いりんごをご存知ですか?
TOYOSUBLOG
https://www.tsukijiichiba.com/blog/guname-meigetu
みなかみフルーツランド モギトーレ
https://www.mogitore.jp/
posted by オーライ!ニッポン会議 at 13:08| 日本のふるさと