CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
デカロさんらと打合せ [2013年09月25日(Wed)]
9月25日(水曜日)
一足先に帰国する石井グループ長らと別れ、今日からはひとり。
朝8時過ぎ、ホテルのロビーでカンボジアトラスト代表のカーソンさんを待っていると、約束の時間に少し遅れて奥さんのオードリーさんを伴って現れる。
今朝もやはり交通事情は変わりなく、彼らもタクシーを拾うのに苦労したようだ。マニラでの事業や、彼が今後、進めようとしている新規の義肢装具関連事業構想について、三人で朝食を取りながら打合せをした。
彼らと別れた後、午後のデカロさんとの打合せまで、暫く時間があったので、一旦部屋に戻った。その後は、少し街中に出てみるつもりでいたのだが、急に疲労感を覚えて、ベッドに入ると寝入ってしまった。どうも時差がある場所は苦手だ。
しかし、暫く眠って起きてみると、随分すっきりしたので、一人でホテルの周りを散歩。確かに、今日も、どこに行っても警官だらけ。でも、お陰でここしばらくは犯罪発生率は大きく下がっているのではなかろうか。
09-24 policemen.jpg
<警官、警官、警官>

夕方5時半の約束の時間を15分ほど遅れて、デカロさんがトマスティンさんを伴って現れた。やはり、アメリカ人の彼らにとっても、今の交通渋滞は予想以上だったようだ。
ミャンマー出張の報告と今後のミャンマー事業の進め方、現在進行中のP-Cen事業の報告と今後の進め方、などを話し合う。
その後、私の方からは、昨日のIDPPエクゼクティブコミティーの背景と日本財団としての考え方などについて説明、今後の進め方とNTIDに対する期待などについて意見交換。その後、ホテルの真向かいのレストランで3人で夕食。
驚いたことに、彼らは二人とも少食だった。何とオードブルだけでメインディッシュは取らないのだ。その上、デザートも要らないというのでびっくり。確かに、二人ともアメリカ人としてはマシな方だが、れっきとした肥満体。おまけに、デカロさんは糖尿病だ。
今回のニューヨーク行きで感じたのは、日本料理店が増えたこと。少なくとも、今回泊まったホテルの周辺は、日本料理店だらけ。日本料理は、日本人の平均寿命が世界的にトップクラスということもあって、健康に良いと言うイメージが米国人の間で広まっているという。これも、アメリカ人の肥満問題と無縁ではないだろう。
09-26 deli.jpg
<健康志向で八百屋、果物屋さんは大繁盛?>

08時 カーソンさん打合せ
14時半 NTIDデカロ名誉教授打合せ
17時45分 デカロさん、トミーさんと夕食
| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI