CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
障害者のための金融スキームを打合せ [2013年09月13日(Fri)]
9月13日(金曜日)
朝10時前にホテルを出てApex銀行の本店へ向かう。先月のミーティングを踏まえて、今回は銀行頭取のリムさんを中心に障害者のための金融スキームを中心に具体的な話をすることになっていたのだが、昨日突然ジンさんから連絡があって、会長のウチカインさんもまた同席することになったとのこと。確かに、本店6階の役員会議室に通されると、会長が若い女性を伴って現れた。名刺には役員の肩書き。会長のお嬢さんだと言う。
一時間ほどの協議のあと、先約があるというので会長は退席したが、他のメンバーと引き続き協議した。障害者の問題に並々ならない関心を持っていることが分かり、心強く感じた。
913bank.jpg
<Apex銀行の本店内部>

12時過ぎ、漸く銀行での会議を終えて会議室の外に出ると、目の前にコロニアルスタイルの大きな赤煉瓦の建物が目についた。ここが、かの有名なアウンサン将軍が暗殺された当時の政府の建物だという。一旦、民間企業に払い下げられて建物は取り壊し、新しくホテルが建てられる予定だったが、歴史的な記念物を取り壊すことに対して反対が起こり、結局、建物は補修して博物館に改装されることになったとか。それにしては、特に工事が行われている様子もなかったのだが。
913aungsan2.jpg
<アウンサン将軍が暗殺された建物が博物館に改装中>

ホテルに戻る途中、イラワジ川の川べりに沿って進んで行くと何やら大きな木造船が横付けられていた。白壁にイェローグリーンの屋根の平屋の建物がのっていて倉庫の様な、船のような何だろうと、訝りながら眺めていると、メームさんが、マーケット船だと教えてくれた。
ヤンゴンで荷物を積んで川をさかのぼり、川に沿って地方の都市を廻り、地元の人にヤンゴンで積んだ品物を売り、今度は、現地で果物や特産物を積み込んでヤンゴンに戻って来るという。定期的にイラワジ川を移動販売する大規模な船上マーケットなのであった。いずれ、地方への道路網や鉄道網が整備され全国の物流事情が改善すれば無くなってしまうことであろう。
913marketship.jpg
<イラワジ川を移動するマーケット船>

午後からは、パラミ病院にティンニュント博士を訪ねた後、障害者団体MILIの本部を訪問した。来月に控えた障害者芸術祭、来年に予定している障害者ビジネス会議、福祉タクシー事業、盲人用医療マッサージ学校などについて打合せを行った。
ホテルに戻り、盲人マッサージクリニックGenkyiのオーナー西垣さん、ジャパンハートのAさんらと会って、計画中の盲人用医療マッサージ学校について意見交換。
913worshop.jpg
<障害指導者養成講座が進行中>

09時45分 ホテル出発
10時 Myanma Apex Bank訪問
13時半 ティンニュント博士
14時 MILI訪問
16時 障害指導者養成講座視察
18時 粟野職員との打合せ
18時半 ゲンキマッサージオーナー西垣さん
| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI