CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ミャンマーへ直行便で飛ぶ [2013年09月11日(Wed)]
9月11日(木曜日)
911businessjet.jpg
<向こうに見えるのが直行便に使われている小型ジェット機>

ミャンマーへの出張。このところ、決まって月一回のペース。日本財団グループが現在、ミャンマーで進行中、準備中の支援事業の数は27件。その多くが私の担当だ。しかも、テインセイン大統領政権下で民主化が進んだのは良いが、その副産物として、大統領が「反汚職、順法化」を厳しく指示する余り、官僚が委縮してしまいリスクを取らないので、総ての手続きに時間がかかるようになった。ちょっとしたミーティングをしようとしても、書面での要望書の提出を求められる。時には、2週間前までの出状を要求されることもある。そのため、政府機関が絡むと殆ど総ての分野で仕事が複雑化し、信じられないほどの時間がかかる。しかも、今は世界中の企業に加えて、国や国際機関、NGOがミャンマーでの支援を申し出ているので、官僚機構はパンク状態。日本財団はその中では過去の実績もあり現地では有名で、ミャンマー政府からも信頼されているので有利な立場にあるが、それでもこの始末。そんな訳で、このところ月次のミャンマー出張となっている次第。
911Fuji.jpg
<富士山を見ながら飛ぶ>

今回は、久し振りに全日空の直行便で飛ぶ。相変わらず何故か搭乗ゲートはガラガラだった。直行便の所要時間は約7時間。従来のバンコク乗り継ぎ便だと到着は夕方の7時近くになってしまうので、その日は泊るだけになってしまうが、直行便なら午後3時半の到着なので、少し遅い時間であれば午後のうちに仕事をいくつか入れることも可能になる。
そこで、今回も夕方の打ち合わせと、夕食つきのミーティングを2件予定していた。、ヤンゴン到着予定時間は午後3時半、ところが実際の到着は当初の予定より更に40分以上早い午後2時45分頃になってしまった。ヤンゴン空港の外に出ても迎えに来てくれているはずのメームさんの姿がない。電話を入れると、びっくりして「Sorry on the way」との返事。暫く待って、日本財団の粟野職員と合流、ホテルへ向かった。
チェックインの後、ラカインで学校建設を担当してくれているBAJの森代表と、明日のネピドーでの国境省とのミーティングを控えて、来年度に向けての事業方針の摺り合わせ。その後、近くのレストランで、日本大使館の松尾参事官らと食事をしながら、ミャンマーでの草の根事業について相談した。
911airport.jpg
<ヤンゴン空港に着いた>

10時30分 成田発
15時30分 ヤンゴン着
17時半 BAJ森代表
18時半 日本大使館松尾参事官
| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI