CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年02月 | Main | 2012年04月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
帰国 私の旅の工夫(17) [2012年03月08日(Thu)]
3月8日(木曜日)

寒さの北京から常夏のシンガポールへ南北に移動する短い出張が終わった。元々は北京からウランバートルへ寒さを覚悟して計画した、冬の出張だったのだが、バンコクとシンガポールにまで足を伸ばす結果になった。そのくせ、シンガポールでは予定していた面談が出来なくなるというハプニングもあった。しかし、結果的には、バンコク、シンガポールとも非常に収穫の多い旅であった。
さて、今回は私の旅の工夫(17)として、私がいつもスーツケースの中に忍ばせているガムテープの変わった活用法について。ガムテープはいろんな時に重宝するのだが、ここで、紹介するのは、浴槽の縁を超えてシャワーの水が外に漏れるのを、ガムテープを使って防止する方法。
私自身の経験では、途上国のホテルでは、ホテルのバスタブの据え付けに問題があるせいか、シャワーの水がどうやっても浴槽の縁を超えて外に漏れ出し、床をびしょびしょに濡らしてしまうことが少なくない。そんな時にはガムテープが効果を発揮する。使用法はガムテープを粘着剤の付いた面を下に、逆Tの字の形に折りたたみ、水の流れをブロックするように貼り付けるというもの。逆Tの字の形にうまく折るのにはコツがいるが、やりにくければ単純にL字型でも十分だ。
しかし、機内持ち込みの手荷物にしていると、危険アイテムとして取り上げられることもあるのでご用心。ハイジャッカーたちが、人質に取った乗客を縛る時に使うのを心配しているとでも言うのだろうか。理由は定かではないが、確か以前、インドで取り上げられたことがある。チェックイン荷物の中に忍ばせておけば良い。
308gumtape.jpg
<テープを逆Tの字の形に折って浴槽の縁につける>

06時半 ホテル出発
08時30分 シンガポール発
16時20分 成田着 
| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI