CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ASEAN障害者問題公共政策大学院の設立を目指して [2009年07月31日(Fri)]
7月31日(金曜日)
東南アジアに障害者のための大学院大学が必要ではないかというアイデアを私が持つようになったのは2,3年前。その後、インターネットを活用した遠隔教育を中心にすべきであるなどの、アイデアが少しづつ積重なって行ったとは言え、余りにも大きなアイデアであるために、どこから着手したら良いのか、考えあぐねているうちに時間ばかりが経っていた。
ことし、4月にモスクワで我々の聾教育事業Pen-Internationalの責任者で米国国立聾理工学院(NTID)元院長のデカロ教授と相談したところ、彼の全面的な支持を得て、私の構想は実現に向けて、漸く具体的な動きを始めた。
帰国後、東京にやってきた、我々の対盲人コンピューター教育事業On-Netの責任者、国際盲人教育協議会事務局長のキャンベルさんに相談。彼からも、貴重な助言を得るとともに、基本的な支援を約束してもらった。
盲、聾の二大分野での教育の世界的権威からお墨付きを得たことで、私の意欲は一挙に高まり、5月のシアトル出張の際に、デカロさん、キャンベルさんにシアトルに集まってもらい、私が作っていた「基本構想メモ」の改訂に向けたブレーンストーミングを行った。その時の議論から、この構想の実現に向けて協力を仰ぐべき専門家、関係者を集めての会議を8月初めにバンコクで開催する、というアイデアが浮上。その後、人選と、呼びかけを経て今回、その会議を実施することになったものだが、開催一週間前になって、デカロさんの奥さんが急病で入院する事件が起こり、デカロさんはバンコクに来れなくなってしまった。
明日から始まる専門家の本会議を前に、今日は少人数で会議の進行などについての打合せを行った。参加者は、日本財団石井課長、担当の吉田君、国際盲人教育協議会事務局長のキャンベルさんら。

13時 準備会合
19時 朝日新聞アジア総局柴田総局長離任パーティー

ブログパーツ レンタルCGI