CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ミャンマー国営テレビ・ラジオ局のスタジオへ | Main | 最悪の旅終わる 私の旅の工夫(16)»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
土曜日のバンコクでミーティング [2012年02月25日(Sat)]
2月25日(土曜日)
0225suzuki.jpg
<現地生産が始まったのでスズキの新車も良く見るようになった>

朝7時過ぎ、荷作りを終えた荷物をベルボーイに引き渡し、チェックアウトをするため下に降りようとしていると、ホテルの部屋の電話が鳴る。外務省の元ASEAN局長エルウィンさんだ。約束は7時半だったが、もう着いたので下で待っていると言う。
彼は昨日まで首都のネピドーでの国際会議に出席していたため、今回の出張で私と会えるのは出発直前のこの時間しかないというので、朝食を取りながら、打合せ。
それを終えて、8時過ぎにホテルを出て空港に向かう。途中で、横に並んだトラックの脇腹になにやらへんてこなカタカナ文字に気付いた。「ステリックサンシェード」? 恐らく、日本からのこの中古トラックに書いてあったものを、車体を塗り替えた後に、自分たちで再現したもののようだ。
日本の文字が書かれている車の方がかっこ良い、と見られているこの国ではよくみかける光景だ。
0225repainted.jpg
<自動車の脇腹にはお手製の日本語の文字>

バンコクでは、土曜日にも拘わらず、FAO(国際連合食糧農業機関)アジア代表の小沼さん、APCDの二ノ宮所長らに集まっていただき、障害者のための農業支援事業についての食事会を兼ねたミーティング。新たに日本財団がAPCDを加えた3者で始めることになった調査にFAOも正式パートナーとして加わってもらうことになったのだ。


07時15分 ミャンマー外務省元ASEAN局長エルウィンさん
08時10分 ホテル出発
10時55分 ヤンゴン発
12時50分 バンコク発
14時 ホテル到着
18時  APCD出向間遠さん
18時半 FAO小沼アジア代表らと夕食
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI