CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«北京で奨学金事業のOB、OGに会う | Main | 第9回アジア地域キャッサバ会議»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
広西壮族自治区の南寧へ [2011年11月27日(Sun)]
11月27日(日)
北京から帰ったばかりだが、再び、中国へ。今回の出張の目的はキャッサバ。アジア地域を中心に各国の専門家を集めてキャッサバに関する課題を話し合う国際会議を3年前のラオスに引き続き日本財団の財政支援により開くことになり、ドナーを代表してのスピーチを求められたもの。
日本財団が20年近くに亘り東南アジアで行って来た唯一の農業事業がキャッサバに関わるもので、改良品種の作付け指導を農民の意思を尊重する独自のアプローチによって行っている。
開始当時、キャッサバは、アジアでは主食である米の不作に備える補完的な作物に過ぎず、換金性もないことから軽視されていた。こうしたなかで、日本財団は、キャッサバが、山間僻地などの貧しい農民の現金収入源になる可能性に着目し、国際熱帯農業センター(CIAT)と組んで、地道な取り組みを続けて来た。
今ではキャッサバは、バイオ燃料の原料としての役割なども加わり、極めて重要な作物として各国政府からも大いに注目を集めるに至っている。

                  <南寧は人口650万人の大都会>

今回の会議の場所は中国南部の南寧。広西壮族自治区の首都である。南寧や広西といっても一般には馴染みの無い地名だが、奇観で有名な桂林は広西にあり、南寧からは400キロ。広西壮族自治区はベトナムと国境を接し、ベトナムとの国境の町として有名な友誼関までは南寧から180キロ。
亜熱帯に属する広西壮族自治区は気候が温暖で、中国のキャッサバ生産の中心地である。省都の南寧では、一年中で一番寒い1月でも、平均の最低気温は10度という。熱帯性の植物であるキャッサバの生産地は中国では、広西壮族自治区の他は、広東省、海南省、など最南端の地域に限られる。中でも広西は、中国全土のキャッサバ生産量の6割を占める最大の生産地だ。
北京から南寧までは、国内線の飛行機で3時間。東京から、北京までの所要時間と左程違わない。南寧の飛行場に着いた。外の気温は25度。生暖かい。

                     <ホテルの玄関に咲く熱帯の花ブーゲンビリア>

ホテルに着くと、木薯研究所の田(ティエン)博士が懐かしそうに迎えてくれた。彼と会うのは、3年前にラオスで行われた前回のキャッサバ会議以来だが、それまでも、何度かキャッサバ関連の行事で顔を合わせている仲だ。
彼が副所長を務める広西壮族自治区(省)政府所属の木薯研究所はもともとは、今回の会議の主催者である亜熱帯作物研究所の下部機関であったが最近、独立の研究機関になった。親組織である亜熱帯作物研究所は設立1952年と古く、スタッフの数も300人と言う大きな組織だが、数年前にそのキャッサバ部門を広西壮族自治区木薯研究所として独立させて、中国唯一のキャッサバの専門研究機関としたのだ。木薯(ムーシュ)とは中国語でキャッサバのこと。

           <広西壮族自治区木薯研究所(キャッサバ研究所作成のパンフレットより)>

木薯研究所がくれたパンフレットには自治区政府の副主席で明日の開会式の主賓である陳章良博士が、試験栽培の現場を視察する様子を写した写真が大きく掲載されていた。自治区政府がキャッサバ生産に注力している様子が伺われる。
            <キャッサバ栽培の現場を視察する自治区副主席(同上)>

             
09時40分 羽田発
12時50分 北京着
15時00分 北京発
18時40分 南寧着
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI