CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«また、また、マニラ | Main | 急遽、洪水の迫るバンコク行きを決定»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
国連平和大学6期生の応募者が急増 [2011年10月24日(Mon)]
10月24日(月曜日)
朝、7時。フィリピン義肢装具士学校からの迎えの車に一人、乗り込む。元々は、明日25日に、尾形理事長を迎えて、義肢装具士学校の新校舎の落成式を行う手筈になっていたのだが、数週間前にフィリッピンを襲った超大型台風のために完成が遅れたため、直前になって中止の連絡。
ところが、落成式に併せて行うことになっていた義肢装具士学校の国際諮問委員会だけは行うのだと言う。何時行うのか二転三転した結果、この会議は私が、明日、バンコクに行く予定だったために本日の午前に行うことになった。一方、今日の午後から行われる予定の国連平和大学が、急に当初の予定にはなかった、賓客のための昼食会を行うと言い出した。そこで、尾形理事長には平和大学の昼食会の方に出てもらうこととし、私は、こちらの義肢装具士学校国際諮問委員会に参加することにしたもの。

               <建設途上のフィリピン義肢装具士学校校舎>

この事業の現地パートナーであるUERM(University of East, Ramon Magsaysay)に行って見ると、国際諮問委員会の単なる初顔合わせかと思っていた会議は、大きな講堂を使い、ディビノグラシア学長はおろか、ロブレード内務長官まで来る大袈裟な「開校式」に仕立ててあってびっくり。フィリピン初の国際基準に基づいた義肢装具士学校に寄せる、大学、政府、医療関係者らの熱意と期待の大きさが感じられた。
会場には昨年の調印式直前に大学キャンパス内でのテロ事件に巻き込まれて両足を失い、一躍、フィリピン中の同情を集めた女子法学生のライッサ・ローレルさんの姿も見えた。彼女は、日本財団によって、この学校の講師陣によって作られた義足をプレゼントされることになった。
久し振りに会ったライッサさんは、杖も使わず階段を自由に上れるまでになっていた。IDPP(障害者公共政策大学院)の話をすると身を乗り出してきた。

               <国際諮問委員会の初会合で挨拶するUERM学長>

諮問委員会の会合を終えて、一旦、ホテルに戻り、私は日本から持参したバロン・タガログに着替えた。パイナップルの繊維で出来たフィリピンの正装である。
昼食会から戻ったばかりの尾形理事長や、国連平和大学の国際諮問委員である広中和歌子元環境庁長官と一緒に、アテネオデマニラ大学に向かった。国連平和大学とフィリピンの名門アテネオデマニラ大学の二つのキャンパスを用いた平和学の修士号コースは、今年で5年目を迎えるに至った。今日卒業式を迎えるのは、昨年4月に入学した第4期の28人の卒業生。うち、日本人が9名。女性が18人、男性が10人の女性上位の若者たちである。
                  <国連平和大学第4期の卒業生たち>

コスタリカにある本校から駆けつけてくれたマレスカ学長によると最近締め切ったばかりの第6期生の出願状況は、例年通り30人の募集に対して、オンラインでの申し込みが、昨年の約300人の倍以上の750人。うち、最終的に出願書類を提出したのは400名(昨年は120名)だという。ついに、私が設立以来密かに目標としてきた競争倍率10倍を超えたのだ。ただ、30人のうち、15人程度の枠を用意しているにも拘わらず、日本人の応募状況は昨年比数倍になったとは言えまだ低い。授業料の全額免除のみならず、渡航費や生活費まで面倒を見るという破格のコースなので日本人の競争率も10倍になっても不思議ではないように思えるのだが。
                     <壇上で卒業証書を受け取る>


7時 ホテル出発
8時 PSPO IABミーティング
10時半 PSPOブランチ
14時半 ホテル出発
15時 歓迎レセプション
16時半 国連平和大学卒業式
19時 記念夕食会
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI