CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第1回ASEANオーケストラ・コンサートは大成功 | Main | 国立オペラハウスでのASEANコンサートついに始まる»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ハノイでオーケストラの準備 [2010年10月27日(Wed)]
10月27日(水曜日)

                <靄がかかりどんよりしたハノイの空>

今日はハノイへの移動日。オーケストラ団員と一緒に昼前の便に乗り込む。
皆、昨日の成功に気を良くしてか、明るい表情だ。
機内の新聞を読むと今日のハノイの気温は最高最低ともホーチミンに比べると5度も低い予想。漸くハノイに秋が訪れたのかも知れないと期待する。
しかし、ハノイに着いてみると、空気は少し涼しくはなったものの、生憎の曇り空。サミット開始を明日に控えながら、爽やかな秋晴れとは行かないようだ。この時期の本来の気候を当てにサミットを企画した政府関係者はがっかりしていることだろう。
それでも、ハノイ市内はサミットを迎える準備が整ったようだ。街中には千年祭を祝う幟に混じって、サミット代表団を歓迎する大看板や幟があちこちに並ぶ。


             <ASEANサミットを告げる幟が並ぶが、、、>

旧市内にあるオペラハウス近くの小さなホテルに宿を取る団員たちと別れ、私とラジャさんはニッコーホテルにチェックイン。日本政府とミャンマー政府の代表団用の指定宿となっているそうで、ホテルのあちこちにIDカードをつけた関係者の姿が見える。
ホテルの前にはサミット参加各国の旗が並ぶ。ふと見ると、見慣れないASEANというナンバープレートをつけた黒塗りの乗用車が何台も駐車している。ホテルの従業員に聞いてみると、今回のサミットのために新たに導入したサミットの各国代表団の送迎専用の車両のようだ。サミットにかけるベトナム政府の意気込みが伝わってくるようだ。
午後、オペラハウスでの演奏を明日に控え、オーケストラ演奏中に上映する予定のビデオ準備のための打合せを予定していたが、これはラジャさんらに任せることとし、私は福村さんと一緒に日本大使館へ。大使公邸で谷崎大使にご挨拶。


               <ニッコーホテルの前には各国の旗が並ぶ>

ホテルに戻るタクシーへラジャさんから電話。この期に及んで、新たな問題が発生。公演中に上演予定のビデオの内容と司会者の台詞を文化省が検閲すると言うのだ。
元々これは、公演中のステージにグランドピアノを出し入れしないといけないが、オペラハウスは場所が窮屈なため搬入に時間がかかると言うので、そのための場つなぎをどうするかというアイデアから生まれたもの。
時間が足らなくなり、私自身が急遽、シンガポールに出かけてまでして、ラジャさんと一緒に練り上げてきたもの。今頃になって文化省は何をしようというのか。余りにもばかばかしくなり、至急打合せに来るようにという文化省からの指示は無視して、福村さんとホテルのロビーで一杯やることに。
夜半、笹川会長らが東京から到着。


                   <ASEANオーケストラ公演のちらし>

6時 ホテル出発
11時 ホーチミン発
13時 ハノイ着
16時半 谷崎駐ベトナム日本大使表敬
18時半 福村さん打合せ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI