CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«サイクロンの被災地でマイクロファイナンス現場を視察 | Main | 国連平和大学の第二期生卒業式»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ヤンゴンからマニラへ、バンコク経由で移動 [2009年10月28日(Wed)]
10月28日(水曜日)
笹川会長と我々は、シャン州の学校建設現場に行く森さんたちと別れ、明日行われる国連平和大学の卒業式に備えてマニラへ行かねばならない。朝8時半、ホテル出て、空港へ。9時50分ヤンゴン発のタイ国際航空機でバンコクへ。3時間ほどの乗り継ぎで、マニラへ。
マニラ空港には日本財団の担当者の本多さんが出迎えに来てくれていた。8時半ころホテルにチェックインしたあと、国連平和大学のマレスカ学長、担当のガブリエルさんらと、本多さん私の4人で、国連平和大学事業の来年度以降の方針につき打合せ。夜の10時に始まった打合せが終わったのは12時過ぎだった。



     <ミャンマー/サイクロン被災地の民家(その1)>


     <ミャンマー/サイクロン被災地の民家(その2)>


     <ミャンマー/サイクロン被災地の民家(その3)>


     <ミャンマー/農村の畦道を行き交う人々>


     <ミャンマー/サイクロン被災地の小学校>

8時半 ホテル出発
9時50分 ヤンゴン発
11時45分 バンコク着
15時05分 バンコク発
19時15分 マニラ着
22時 マレスカ学長との打合せ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI