CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«MILI幹部との打ち合わせ | Main | マイクロソフトと会議»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
シンガポールで蟹を食らう [2016年07月26日(Tue)]
7月26日(火曜日)
朝8時前に、日本財団の秘書室から電話。会長からの電話だという。ところが、何べんも話してみようとするが、先方の声は聞こえど、こちらの声は聞こえず。ミャンマーのインフラの遅れは深刻な問題。電話がうまく繋がらないのはここではしょっちゅうあることではあるのだが、、、。結局、ホテルの部屋の電話機を使って国際電話をすることに。
何とか電話をかけ終えて、ホテルをチェックアウト。チョースワーミンさんの車で、空港に向かう。幸いにして交通渋滞はなく、スムースに車は進む。車中で、チョースワーミンさんと色んな話をした。
ヤンゴンの最新交通事情に始まり、スーチーさんの新政権への期待、軍事政権だったときのこと、周辺国とミャンマーの違い、等など。彼はまだ20代の若者だが、まだ、外国には行ったことがないという。彼は、大学を出てある国際NGOに入り、イヤワディ州の地方都市で活躍していた由。私の語るアジア周辺国とミャンマーとの比較話に素直に耳を傾けるところが初々しい。
0726BeautifulDay.jpg
<巨大な新ターミナルビルが青空を背景に聳え立つ>

今日は快晴。雨季の真っ只中のはずなのに、この天気は一体なぜ。
昨日も、一昨日も雨は結局降らなかった。大雨による洪水対策に追われている社会福祉大臣もきっとほっとしていることだろう。しかし、雨季に雨が降らないと、農民は困るのかも。ヤンゴン周辺の農家は気を揉んでいるはず。しかし、我々旅行者には暑すぎず過ごしやすいのに雨は降らないというとても有難い天気なのだった。
シンガポールに到着。空港のターミナルに入って、メールをチェックすると、一足先にシンガポール入りしたインドラジットさんからのSOS。ホテルのチェックアウトが出来ないという。やれやれ。
今回の会議の事務局である現地NGOがとってくれていたのはシンガポール空港内のホテル。スーツケースをもってホテルへの連絡通路を歩いていると、クアラルンプールから着いたばかりの日本財団の担当職員である桔梗君とばったり。ホテルチェックインの後、彼はインドラジットさん救出に。
0726NewTerminal.jpg
<快晴のヤンゴン空港を出発>

夕方5時半、桔梗君と一緒にタクシーに乗る。市内のチャイナタウンのはずれにあるシーフード中華の店へ。暫くして、トーマスさん、少し遅れてインドラジットさんが合流。これで全員がそろった。
今夜の食事は、明日のマイクロソフト訪問に備えて、インドラジットさんにトーマスさんを紹介するのが目的。
全員が揃ったところで、名物のマッドクラブのチリソース煮を注文。カニ用のハサミを使いながらかぶりつく。この店を予約してくれたのはシンガポールに親戚や友人の多いトーマスさん。これまでは彼のいとこが経営する中華料理店が多かったのだが、今回は、地元の人しか知らないというカニ料理の店を予約しておいてくれたのだ。
と言うのも彼は中国系マレーシア人でペナンの出身だが、彼の会社「ゲナシュティム」はバーチャルな会社というユニークなものでオフィスというものを一切持たないのだが、登記上はシンガポール法人なのだ。
0726CrabRestaurant.jpg
<シンガポールのカニ料理レストラン>

08時 ホテル出発
10時35分 ヤンゴン発
15時10分 シンガポール着
17時半  ホテル出発
18時半 関係者夕食会
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI