CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«波乱万丈のネピドー行き | Main | 買い物»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
完璧な立地予定地 [2016年07月22日(Fri)]
7月22日(金曜日)
今朝は、UNESCOのIT部門の責任者であるインドラジットさんを案内してMILI(ミャンマー自立生活運動)の本部に行き、昨日の社会福祉大臣との面談で合意された障害者に対する情報通信技術訓練センター設立に向けた打合せを行うことになっていた。当初の予定では8時にホテルを出て、ミャンマーは今回が初めてのインドラジットさんのために、道すがらシュェダゴンパゴダ(黄金寺院)などを見物してから、MILIに行くことになっていた。
ところが、7時半頃私の部屋ににインドラジットさんから電話がかかってきた。体調がすぐれないので出発を1時間ほどずらしてくれないかという。昨日の波乱だらけのネピドー往復の旅が体にこたえた上に、パリとの時差に悩まされて昨夜は良く眠れなかったらしい。
そんな訳で、出発は9時半すぎ。MILI本部に直行。しかし、道路が混雑していて、本部到着は11時前になってしまった。
0722DBIC.jpg
<MILI本部でトレーニング>

MILI本部では、ネイリンソー、アウンコミン、ユヤトゥーの3人の幹部とプロジェクトについて2時間近く話し合った。そして、出前で取ってもらったミャンマー料理で昼食。
その後、本部に隣接した場所にあるビジネスインキュベーションセンターへ。コンピュータートレーニングの様子を見学した。そうこうしているうちに、空が俄かに掻き曇り、土砂降りになった。雨季特有のスコールだ。
激しい雨の中をMILI本部を出た我々は、セドナホテルの近くの一等地にある国立老人デイケアセンターに向かった。昨日の社会福祉大臣との話し合いの際に、ICTトレーニングセンターの立地予定地として提案を受けた場所だ。ここは、ネピドーに引越しするまで社会福祉省の本部があった場所。今も広い敷地の中に建物が残されており、その幾つかは使用されずに放置されている。その一つを、我々のプロジェクトのために無償で提供してくれるという有難い申し出だった。
0722Rain.jpg
<激しい雨が降り出した。スコールだ>

デイケアセンターに入ってみると、先に着いていたらしいティンニュント博士が中年の女性と談笑していた。所長のケイティーチョーさんだった。彼女は、ティンニュント博士の教え子に当たるという。激しい雨だが、もうそろそろ、小止みになるだろうとしばらく様子を見ていたが、一向に雨脚は弱まらないので、大きな傘を借りて、その建物に向かうことにした。デイケアセンターの敷地の裏手にある200平米ほどの建物であった。真ん中の部分は壁が取り払われがらんとした吹き抜け状態になっているが、躯体そのものはまだしっかりしているようだ。一部は屋根裏部屋のような2階造りになっている。あちこちを覗いて回っていたインドラジットさんが頷いて言った。「これなら合格」
現場を見て、そろそろ引揚げようと外に出た途端、一段と雨脚がひどくなった。
ミャンマーは今が雨季の真っ只中。昨日、ウィンミャッエー大臣が言っていたことを思い出す。今年のミャンマーの雨季は例年より降雨量が多く、河川の水位が上昇、局地的だが洪水が深刻なのだそうだ。
0722Inspection.jpg
<雨の中、建物を見に向かう>

デイケアセンターで借りた大きな傘でも、この激しい雨では濡れてしまう。しばらく、雨が小止みになるのを待っていたが、一向に収まらない。そこで、車を呼んでもらい建物に横付けしてもらってようやく、この場所を後にすることができた。
今朝、断念したシュェダゴンパゴダ見物へと思っていたのだが、雨の中では黄金寺院の見学も無理。そこで、急遽、近くにある宝石博物館へ向かうことに。一階部分は、宝石店が並ぶ専門店コーナー。ルビー一個が数万ドルと言われてたじろぐインドラジットさん。そのあと、二階にある博物館に男二人で入ってはみたが、興味が続かず早々に退散。
博物館の建物の外に出てみると、ついに雨が小止みになっていた。そこで、シュェダゴンパゴダ見物を決行。
そのあと、ホテルに戻って小休止したあと、7時前にレストランに行こうとチョースワーミンさんに電話。すると、すでに自宅に帰ってしまっていた。仕方がないのでタクシーで往復。
0722Inspection2.jpg
<これが大臣が提供してくれた建物>

09時半 ホテル出発
11時 MILI本部訪問
14時 社会福祉省付属老人デイケアセンター訪問
18時半  ホテル出発
19時 夕食会
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI