CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«G3iCT主催M-Enabling Summit | Main | 14時間の空の旅»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
一足先に帰国へ [2016年06月14日(Tue)]
6月14日(火曜日) 
M-Enabling Summitは今日も続く。二日目の今日は、垣内さんによるビーマップのプレゼン、石井君による防災と障害問題に関するプレゼンが行われる。
彼らはさらに、今日の夕方の便で、ニューヨークに向かうことになっている。国連のCOSP会議のサイドイベントでもBmapsの発表が行われるのだが、私は、彼らを残して一足先に帰国させてもらうことになっているのだ。
一方、垣内さんたちは午後の便で、ハニー弁護士や日本から昨日着いた石井さんらと一緒にニューヨーク。国連で行なわれている障害者の権利条約締約国会議の再度イベントなどに参加してプレゼンしたり、ここでもビーマップの紹介をする予定。
私は、今朝は暗いうちから起きていた。帰国に向けて時差調整の準備のため。夜中の3時に起きて、メールのチェック。
614TV.jpg
<明日からは天気は下り坂>

そして、早朝6時からは、ハニー弁護士と打合せ。ちょっと早い時間だが、ハニーさんも、イギリスから着いたばかり、まだ、時差が残っているはずなので苦にはならないはず、と考え誘ったのだ。
打合せの後、M-Enabling Summitに向かう垣内さんや、ハニーさんらを見送ってから、私はひとり、空港に向かった。
今日も素晴らしい天気。
結局、今回の出張は、キトのように場所によっては雨の予報が出ていたり、ヒューストンのように実際に飛行場の窓からは、結構激しい雨を見たりした場面があったにもかかわらず、一度も、外では雨に降られることなく、傘も使わずじまい。「晴れ男」のジンクスが戻ってきたのかも。
車の中では、モンゴル出身の運転手さんと雑談をしているうちに、ダレス飛行場に着いてしまった。正午過ぎ、ワシントンを飛び立った。
614Goodbye.jpg
<Summitの会場に向かう一行>

06時 ハニー弁護士打合せ 
09時45分 ホテル出発
12時20分 ワシントン発
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI