CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«また、やってしまった、、、 | Main | ヤンゴン事務所を訪問する»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
引き継ぎミーティング [2015年05月24日(Sun)]
5月24日(日曜日)
朝起きて外を見ると、陽が差していた。昨日までの激しい雨はさすがに今日は小休止かと思うが、ミャンマーは雨季が始まったばかり、決して油断はできない。
午前11時から、元保健省伝統医療局長で、今は日本財団のミャンマーでの諸事業のアドバイザーを務めてもらっているティンニュント医師と、伝統医療事業の今後の進め方について打ち合わせ。
日本財団側は私の他、6月に常務理事に昇格する森部長と、中嶋課長。来月からはこの事業は私から離れ、森新常務のもとで、中嶋君が担当責任者となってミャンマー保健省と進めることになる。森さんは、元々、日本財団が一連の置き薬事業を始めるきっかけとなったモンゴルでの事業の現場責任者を務めたこともある伝統医療事業のベテランなので安心だ。
打合せを終えて、皆で昼食を取った。その席上、話題になったのは、一昨日、ミャンマー海軍が保護したというバングラデッシュからのボートピープルの話。
524unstablesky.jpg
<雨は小休止だが、、、>

いわゆる、ロヒンジャ問題である。ところで、ロヒンジャは英語ではRohingyaと書くが、そのミャンマー式発音はロヒンジャであってロヒンギャではない。丁度、アウンサンスーチー女史がSuu Kyiと表記するが、スーキーと言わずスーチーと発音するように、ミャンマー語ではKyはチの音を表わし、その有声形がgyなので、ヂとなるのである。
ところで、発音の問題は兎も角として、ミャンマー人は、彼らを決してロヒンジャとは呼ばない。それでは何と呼ぶかと言えば、ベンガリ、即ち、バングラデッシュ人というのである。そして、この問題はミャンマー国内では、現在停戦協議が進行中の少数民族問題とは別の、不法移民の問題として扱われているのである。それは、ミャンマーの知的エリート層の一員であるティンニュント博士にしても同じだ。
524boatpeople.jpg
<ボートピープル救助の記事(23日付)>

今回の拿捕事件を発表したミャンマー国軍によれば、乗船者の大部分がバングラデッシュ国籍であったと言う。これは、決して単純な「民族問題」とは一線を画す複雑な問題であるように思える。
4時半からは、元々昨日の夕方に予定されていたネーリンソー君らMILiの幹部たちとの打ち合わせと、5時半からはハッピーアワーを利用した飲み会。ネーリンソー君によると、前は飲めなかったが少しづつ飲めるようになって来たとか。以前は、「障害者は酒を飲むな」と言われたこともあったそうな。
しかし、彼は現在、障害者運転免許取得者第一号を目指して特訓中の身。酒の味を覚えてしまったようで、心配だ。
その後は、車で日本料理店へ行き、日本財団のヤンゴン駐在スタッフらと夕食会を兼ねた引き継ぎミーティング。
524happy.JPG
<再びMILI幹部とハッピーアワー>

移動の途中、ホテルの前の路上で物乞いの老女が路上をいざっているのを見た。驚いたことに、私の前を歩いていた一人の若者がさっとかがみこんでポケットから小銭を取り出し、それを老女の手に握らせたこと。本当に鮮やかな自然な動作であった。
ホテルに戻って、携帯電話のうちの一台の様子がおかしいのに気が付いた。画面が真っ暗。スイッチを入れてもボタンを押しても、うんともすんとも言わない。こんなことは初めて。
電池がなくなったのかも知れないと思い、充電ケーブルを差してみるが反応無し。携帯電話は出張中の命綱。私はそのため、海外出張中は念のためもう一台を携行するようにしているが、それでも、最新鋭機が使えなくなると大変だ。一抹の希望をもとに、充電ケーブルを差しっぱなしにしてベッドに入った。
524begger.jpg
<物乞いの老女>

11時 伝統薬置き薬事業打合せ
16時半 MILI関連事業打合せ
18時40分 ホテル出発
19時 引き継ぎミーティング
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI