CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«プチュンバン直前のプノンペンへ | Main | ニガさんと話し込む»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
プノンペンの流行最前線、イオンモール [2014年09月19日(Fri)]
9月19日(金曜日) 
今日朝一番のミーティングは8時、障害者のための教育にずっと以前から取り組んでいるミッション系のNGOであるクルサットメイで。代表者のフランス人、エルベさんと彼の助手のカンボジア人ヴェスナさんに会うことになっている。当初は9時からの会議を提案したのだが、9時ではヴェスナさんの都合が悪いというので、8時からになったもの。
ところが、予定の7時半になっても、ソルヤ君の姿が見えない。5分以上過ぎてから、彼から渋滞で遅れるとのメッセージが入る。7時40分ころになって漸くやって来たので文句を言うと、プチュンバンでお寺にお参りする人たちの車で大渋滞だったのだとか。
919CThmeyinside.jpg
<クルサットメイはカンボジアで古くから障害者支援に取り組んで来たNGO>

約束の時間を5分程遅れて、クルサットメイに着いてみると、ヴェスナさんの姿が見えない。エルベさんによると親戚が亡くなったとかで、急遽、里帰りしてしまったのだとか。
そこで、二人だけで意見交換することに。9時から別件が入っていると言っていたヴェスナさんがいないので、エルベさんとは9時半過ぎまで話し込んでしまった。
次の予定は伝統医療研究所長のバナロムさんらとの昼食ミーティング。それまで、時間があるので6月末に開店したばかりのイオンモールを覗いてみた。日本財団が支援しているクメール陶器の復活事業の製品がニョニョムショップで売られているというので、覗いてみようと考えたのだ。
919AEONMall.jpg
<巨大なイオンモールが開店>

クルサットメイの事務所の前で待っていてくれたソルヤ君の運転する車に乗り込む。外の日差しがキツく中は蒸しぶろ状態だ。
ソルヤ君の携帯電話が鳴った。クメール語でひとしきり話して電話を切ったソルヤ君によると、知り合いのタクシー運転手からで、つい今しがた客を乗せたのだが、いつもは30分で済む筈の空港まで何と2時間もかかったという。ソルヤ君が今朝遅れたのも無理もなかったのだ。
彼に詫びると共に、明後日の出発にはホテルを出る時間を早めるよう指示する。明後日は日曜日なのだが、念のため余裕を見て出た方が良さそうだ。
イオンモールに着いた。意外にも中は閑散としていた。
919insideAeon.jpg
<昼間は意外に閑散としていたが、、、>

カンボジア初の大型ショッピングモールとして、開店当初は、大勢の買い物客が押し掛け、周辺の道路が大渋滞になったというイオンモールなのだが、、、。ソルヤ君に聞きいてみると、平日の昼間は空いていても、今でも、夕方からはとても賑わうのだとか。
目指すニョニョムショップはすぐ見つかった。イオンスーパーの1階、入ってすぐの正面と言う一等地だ。クメール風の生地で出来た小物や、カンボジアさんのコーヒー、日本人の女性が始めたので有名なアンコールクッキーなどのお土産物と並んで、日本財団が支援しているコンポンチュナム村で作られている陶器製品が並んでいた。
919NyoNyum.jpg
<コンポンチュナム焼きの展示コーナーも>

クメール陶器の復活を目指すこの陶器プロジェクトは、日本財団が財政支援を始めて今年で5年目になる。親身になって技術指導してくれた岩見さんら益子の陶工さんたちや、山崎さん、明(あけ)さんら関係者の奮闘のお陰で、ここへ来てようやく出口が見えてきたようだ。
今回のイオンモール開店に当たっては、モール内のラーメン屋や、串揚げ店など日系のレストラン4店から受注することが出来た。今後も、口込みで顧客増大が見込める状況。
釉薬の原料を擂り潰すための機械も入ったし、今後は大量の注文にも対応できそうだ。そこで、来年一杯で日本財団の資金支援は終了する予定。
919DDP.jpg
<聾唖の若者を支援しているNGOであるDDPを訪問>

モール視察の後、聾唖の若者を支援しているNGOであるDDPにチャーリー神父を訪ねた。ここは、何年も前になるがカンボジア初の手話辞書編纂事業を支援した先。
今回は、DDPのメンバーの聾唖の若者に美容師になるための支援事業について、指導者の米国人チャーリー神父と意見交換するのが訪問の目的だ。
夕食はESCの北野事務局長や、陶器事業の販促担当の明さんと。いつものクメールレストランがプチュンバンで休業に入ったのでマリスへ。ここは、プノンペンでもトップクラスのクメール料理のレストランとして観光客にも大変な人気のお店。
ここにも、明さんが陶器プロジェクトの製品の売り込みに注力中。その甲斐あって、食器用に採用が内定している。実現すると大きなブレイクスルーになりそうだ。

07時半 ホテル出発
08時 クルサットメイ・エルベ代表
12時 バナロム伝統医療研究所長
14時半 イオンモール視察
16時 DDPチャーリー神父
18時半 ESC北野事務局長
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI