CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«シンガポールへ | Main | シンガポールからバンコクへ»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ミャンマー地方公務員セミナーの修了式 [2013年07月19日(Fri)]
7月19日(金曜日)
朝8時40分、ホテルのロビーで、ミャンマーの少数民族州地方公務員の行政研修のグループ35人と合流。皆で、シンガポール国立大学のリークアンユー公共政策大学院に向けて一緒に出発。
今日は、月曜日から始まったシンガポールでの研修の最終日。夕方の終了式典で私はスポンサーである日本財団を代表してスピーチをし、修了証を手渡すことになっている。折角なので、午前の研修の始めから傍聴させてもらうことにして、皆と同じバスに乗り込んだのだ。
バスに乗り込むと、最前列の席に案内された。隣には、ミャンマー政府で少数民族州を管轄する国境省教育訓練局でこの事業の担当責任者のテインテー部長。今まで彼と会うときははいつも、ミャンマーの民族衣装で公務員の制服でもあるロンジー姿だったのだが、今日は初めて見る背広姿で見違えた。
130719seminarroom.jpg
<シンガポール研修の会場はリークアンユー公共政策大学院の教室>

彼が私に話しかけて来た。「今回は、本当に飛行機に乗りこむまで心配のし通しでしたが、何とか無事終えることになりました」と本当にほっとした表情。
実際、今回のような大勢での海外研修は、国境省教育訓練局にとっては、初めての経験だったようで、土壇場まで、ミャンマー政府内部での許認可手続きやら、追加予算交渉、団員のパスポートの取得に関わるトラブルやらでどたばたが続いていた。確かに、一度ならず、シンガポールとミャンマーとの間で、悲鳴に近いトーンでのメールが飛び交い、そのコピーを見る度に、やきもきさせられたのは事実である。
ただ、彼によると、出発前々日の金曜日の深夜11時、すべての手続きを何とか終えて首都ネピドーの官舎に戻ったテインテー部長を実はもう一つの試練が待っていたのだった。何と彼が寝室で見たのは床の上にとぐろを巻く一匹の毒蛇。格闘すること3時間の末に、捕獲に成功。疲労困憊の彼が眠りに着いたのは深夜の2時だったという。
130719cafeteria.jpg
<今回の研修生の休憩時間のためにロビーの一画が割り当てられていた>

こうして、苦労の果てにたどり着いたのが今日。この2ヶ月半にわたった研修の最終日だ。午前の研修は、シンガポール政府公務員研修センターから出張して来てくれた専門家によるシンガポールの公務員研修制度に関するレクチャー。ミャンマー政府では、公務員に対する研修制度は殆ど無いに等しいということで、レクチャーの後は、研修生からの質問がいつまでも続いた。
お昼の休憩時間を挟んで、午後からはオラオン准教授による講義。彼女とはヤンゴンでの出張講義の時も会っている。講義の合間のティーブレークを利用して、今回の研修について彼女の感想や提言を聞くことが出来、大変参考になった。
130719lecture.jpg
<シンガポール公務員研修の専門家によるレクチャー>

すべての講義を終えて、一旦ホテルに戻り、夕食会を兼ねた修了式に臨んだ。会場は、ホテルの向かいにある別のホテルの宴会場。皆も、着替えを済ませ女性はお揃いのロンジー姿、男性は背広で盛装。スピーチの後、修了証と記念品を手渡し記念撮影。
記念撮影の後、参加者が次々と私のところにもやって来て挨拶をしてくれた。33人の研修生全員にとって、今回は生まれて初めての海外経験。引率者のテインテー部長さえも、シンガポールは初めてだという。口々に、海外に行くことは人生の夢だった。まさか本当にシンガポールに来れるとは思っていなかった、と。
幸せそうな彼らの顔を見ながら考えた。果たしてコストに見合う便益が本当に生まれたのかどうか、我々としては冷静に評価をし、今後どのように進めるのかを考えて行かねばならない。

08時40分 ホテル出発
09時 リークアンユー公共政策大学院セミナー視察
18時半 セミナー終了記念式
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI