CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スーチー女史面談組と別れ、空路ヤンゴンへ | Main | バンコクへ移動 ASEANスリン事務局長と夕食»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
https://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
特殊教育校ニューワールドへの遺贈寄付式典 [2012年07月29日(Sun)]
7月29日(日曜日) 
ヤンゴンに戻って来ての日曜日。8時半にホテルを出発して、ミャンマー医師会へ。医師会館内にある講堂で開かれる、自閉症やダウン症など障害児のための特殊教育校ニューワールドの新校舎建設のための遺贈寄付金の引き渡し式典に臨むためだ。
729ceremony1.jpg
<医師会館には、既に200人くらいの人が集まっていた>

私は、今年の2月、ティンニュント博士に連れられて、ヤンゴン市内にある有名な私立小児科病院であるパラミット病院の敷地内にあるニューワールドを訪問している。ここは、自閉症やダウン症などの子供たちのための養護学校として、病院長のテインアウン博士らミャンマー医師会の有志が中心になって設立した療養訓練センター。ところが、手狭になったことから、移転を計画していた。
ティンニュント博士は、ボランテイアメンバーの一人で、移転のための資金調達につき相談を受けたのだが、その後、YMCAが市内一等地にある700坪の土地の提供を申し出、一挙に夢が現実に向かって動き出すところとなった。そこで、1-2億円と想定される新校舎建設のための資金を得るため、日本の企業などからの寄付金探しを依頼されたのだ。
729ceremony2.jpg
<寄付の経緯について説明する笹川会長>

心当たりの企業を数社当たってみたりしたのだが、金額が金額だけにうまく行かず、一旦はあきらめかけた。ところが、ある老婦人が遺言で、日本財団に1億5000万円ものお金を寄付してくれており、その条件が「アジアの恵まれない子供たちのために使ってほしい」というものであることが判明。
既に担当部署がいろんな候補案の比較検討を始めていたのだが、ニューワールドの新校舎建設の話を説明したところ、最も遺言の対象案件として相応しいということになり、一転して、寄付が実現することになったのだ。
729ceremony3.jpg
<スピーチに耳を傾ける父兄たち>

笹川会長の挨拶の後、子供たちや先生と一緒に記念撮影。その後、笹川会長はミャンマーの野党の幹部と会う渡辺先生と合流するため退席。私は残って、ミャンマーの民族衣装に身を包んだ子供たちが舞台で披露してくれる可愛い舞踊や歌を鑑賞した。
子供たちは無邪気に踊り歌うだけだったが、子供たちの様子を舞台の前に出てカメラやビデオに収めようとする父兄らしき大人たちの姿が印象に残った。そして、その何人かは式典が終わった後、我々のところに来て、有り難うありがとうと何度も握手を求めた。きっと、間もなく、素晴らしい校舎が出来ることであろう。
729ceremony4.jpg
<子供たちや先生たちと記念撮影>

式典の後は、ミャンマー医師会のメンバーとモバイルクリニック事業についての打合せ。その後、野党指導者との面談を終えた笹川会長が合流。そして、ニューワールドやミャンマー医師会の幹部たちとの昼食会。
その後は、ティンニュント博士が紹介してくれたティンリン退役軍医中佐と会い、国防省義肢装具配布事業についてアドバイスを求めた。そして、午後5時からは、現地の雑誌の笹川会長会長インタビューに同席。夕方6時半からは、ホテルの向かいのビルにある展望レストランで、日本財団グループの奨学金事業などの関係者との夕食会に臨んだ。
今日は、日曜日であったにもかかわらず、行事が目白押しで、朝から夜まで時間に追われる結構忙しい一日であった。

08時半 ホテル出発
09時 特殊教育校The New world寄付式典
10時 ミャンマー医師会プロジェクト打合せ
13時 The New world主催昼食会
14時 国防省義肢装具配布事業打合せ
17時 The Voice 会長インタビュー
18時半 日本財団関係者夕食会
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログパーツ レンタルCGI