CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
50年前、検見川は浜辺でした。埋め立てにより住宅街が広がり、マンションも増えました。何代にもわたり検見川で暮らす人、転居してきた人。高齢者や子育て世代、子どもたち…『おおなみ こなみ』は、様々な人たちの出会いをつなぎます。講座等の企画案内、開催報告、地域の話題など、『おおなみこなみ」の日々を綴ります。

« 2021年07月 | Main

<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
インターン生がおおなみこなみを紹介します![2021年08月27日(Fri)]

ochiai.jpg

はじめまして。インターンシップでNPOクラブに参加させていただいております、大学2年生の落合優(おちあいゆう)と申します。仕事体験の一環としてブログを書かせていただくことになりました。よろしくお願い致します。今回はNPOの外から来た者としておおなみこなみを運営しているNPO団体・仕組みについて紹介したいと思います。普段何気なくおおなみこなみに訪れていると思いますが、運営している団体の仕組みを知っていただきたいと考えています。

今回は障がい者支援を行っている2つの団体をご紹介します。

・企業組合あしたね
2012年に設立した障がい者就労支援の事業所です。企業での就労を希望する障がい者のために必要な能力を向上させ、本人に合っている、又は希望する会社で就労できるよう、支援していきます。主にお菓子の製造販売やはちみつの生産などの食に関する仕事、資源の回収販売を行うリサイクル、手作りの作品を制作販売する自主製品、周辺企業からの発注業務を行う企業発注という4つの就労プログラムを運営しています。おおなみこなみでは、ティッシュケースや手作りマスク、はちみつを販売しています。

あしたね.jpg

社会福祉法人オリーブの樹
障がい者の就労を支援しているオリーブの樹は、主に3つの活動をしています。就労移行支援では、一般就労の能力向上を目指して作業提供を行っています。就労継続支援Aでは会社と同じ仕組みで就労できる場として契約を結んで、クッキーの製造販売などを行っています。就労継続支援Bでは、個人の特性に合わせた仕事を提供し、クラフト(ビーズ使用のアクセサリー、ストラップ)や染物を行っています。おおなみこなみでは、リピーター続出のクッキーやマスクチャームを販売しています。

オリーブの樹クッキー.jpgオリーブの樹チャーム.jpg

おおなみこなみにも障がい者のお話や団体紹介を掲示していますので、ぜひそちらもご覧ください!

次回は他の3団体を紹介いたします。お楽しみに!

Posted by 鍋嶋 at 13:35 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

多世代交流拠点『おおなみこなみ』さんの画像
https://blog.canpan.info/ohnamikonami3/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohnamikonami3/index2_0.xml