• もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
おひさま通信第28号を発行しました [2022年06月23日(Thu)]
 おひさま進歩エネルギーおよびグループ会社の実施事業を紹介する「おひさま通信」の第28号を発行しました。
 今回は、社屋の移転、野底川小水力発電所の着工、ソーラーシェアリング発電状況などを掲載しています。
 おひさま通信ページから閲覧できますので、ぜひご覧ください。

おひさま通信28号.jpg
飯田自然エネルギー大学 第17回授業 [2022年06月23日(Thu)]
 2016年に開校した飯田自然エネルギー大学は、ただいま3期生19名が受講しています。
 6月18日(土)19日(日)、第17回授業をおひさま進歩エネルギー会議室で開催しました。

 エネ大OB講師.jpg
 
 今回は卒業生の中から、再生可能エネルギー事業に携わる3人が講師として登場。
 現在の事業状況、課題について講義しました。
 本柳寛人さん(NPO法人あち森/1期生、木質バイオマス)
 帶川恵輔さん(秩父新電力梶^2期生、新電力・太陽光発電)
 西光司さん(潟Aグリツリー/2期生、ソーラーシェアリング)

 講義後の質問では、
「薪の調達方法、薪ボイラー事業の採算性、運用に必要な人員数は?」
「ソーラーシェアリング特有のメンテナンス注意点は?」
「新電力の相対契約先はどう見つけるの?」
 など次々質問が出て、実践的な議論が交わされました。

 2日目は、受講生の事業計画相談会を行いました。

 相談会2.jpg

 相談会1.jpg

 次回、7月の最終授業では、1人ずつ事業計画を発表します。
 相談会は、おひさま進歩エネルギー社員がアドバイザーとなり、
 受講生同士でもアイデアを出し合って、それぞれの事業案を掘り下げました。

 エネルギー大学は、おひさま進歩エネルギーより発足した、一般社団法人飯田自然エネルギー大学(学長/諸富徹教授・京都大学大学院経済学研究科)が運営。
 地域主導型再エネ事業者の育成、新電力など地域のエネルギーマネジメントに携わる人材育成を目指しています。
 全18回の授業では、再エネ研究者や事業者による講義、現場視察と関係者との意見交換、事業計画づくりの演習を続けてきました。

 次回、いよいよ3期生は卒業を迎えます。
 1年半にわたる学びを生かして、1人ひとりが自分の目指す事業計画を仕上げられるよう、応援していきます。
グリーンカーテン、ぐんぐん生長中!! [2022年06月13日(Mon)]
 夏場に差し込む日差しを防ぐためグリーンカーテンづくりを計画し、5月の下旬ごろゴーヤの植え付けを行いました。

 IMG_7373.jpg

 IMG_7372.jpg

 木材と紐を結んでゴーヤを這わせるネットを設置し、4株の苗をプランターに植えました。
 今はまだ小さな苗ですが、大きな窓を覆うくらい元気にツルを伸ばしていってほしいですね。

  グリーンカーテン.jpg

 グリーンカーテン2.jpg

 植え付けから2週間ほど経った、現在のゴーヤの様子です。
 おひさまの光をたくさん浴びて、毎日ぐんぐん生長しています。
 ツルもしっかりとネットに巻き付いていました。
 どんどん大きくなっていくゴーヤの姿に、水やりが毎日の楽しみになっています。

 グリーンカーテン3.jpg

 小さなゴーヤを発見しました!
 実ったゴーヤを食べることができるのも、グリーンカーテンの素敵なところですね。
 食べられるようになるのが今から待ち遠しいです。

 グリーンカーテンは見た目も涼やかで、暑い夏を過ごすにはぴったりです。
 ゴーヤの他に、かぼちゃやぶどうで作ることもできるそうです。
 エコなグリーンカーテンで、今年の夏を涼しく過ごしてみてはいかがですか?
ユアサポートぽっぽへ寄付品を贈呈しました [2022年06月09日(Thu)]
 5/24(火)、「11おひさまファンド」で太陽光パネルを設置した、喬木村の生活介護事業所ユアサポートぽっぽへ、パネルの屋根賃料で購入した寄付品の贈呈をさせていただきました。

 IMG_8359[1].jpg

 IMG_8360[1].jpg

 利用者の方々へ、直接贈呈をさせていただきました。
 毎年、希望する品物を選んでいただき、今年の寄付商品は、血圧計とカラオケセットです。

 寄付品の贈呈を心待ちにしてくださっていたという利用者の方々の笑顔を見て、この業務を担当して良かったと心から感じました。

 固定価格買取制度により屋根貸し事業でパネルを設置した施設へは、売電収益に応じて、屋根賃料をお支払いしています。
 今回、屋根賃料の寄付という形で地域の方々と関わることができ、地域との繋がりの大切さを改めて感じることができました。
 これから先も地域と関わる機会を大切にしていきたいと感じました。

 ユアサポートぽっぽの皆さま、ありがとうございました。
 今後もよろしくお願いいたします。