• もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
飯田自然エネルギー大学 第6回授業が開催されました [2016年11月24日(Thu)]
 飯田自然エネルギー大学の第6回授業が、11月19日(土)20日(日)に開催されました。
  
 講義.JPG.jpg

 1日目の講義は公開講座として、一般の聴講生も参加して飯田市役所で開催しました。
 日本政策投資銀行産業調査部長の竹ケ原啓介先生を迎えて「再生可能エネルギーとファイナンス」というテーマで行いました。
 講義は1コマ90分で、1コマ目は講義、2コマ目は受講生をグループ分けしてディスカッションを行います。

 ディスカッション.jpg

 ディスカッションでは、講義を踏まえて再エネ事業者と金融機関の視点の違いや、円滑な資金調達のために必要なことについて意見を出し合います。
 今回はワールドカフェ方式で行い、お菓子を食べたりコーヒーを飲んだりしながら話し合いが進められました。
 
 2日目は自然エネルギー事業現場で学ぶ実地研修。
 今回は、飯島町のiNE開発株式会社が取り組む小水力事業を訪ねました。

 実地研修(田切郷沢川発電所).jpg

 最初に訪問した田切郷沢川発電所(出力2kW)は、今年3月に発電を始めたばかり。
 講師のiNE開発社代表取締役・浜田さんから水車や発電設備について説明を受けました。
 
 実地研修2(事業予定地).jpg

 続いて町内にある新たな事業予定地も見学しました。

 実地研修3(説明質疑).jpg

 事業説明では、町内の自然エネルギーの歩みや会社設立の経過、農業用水路を活用した小水力事業の調査・検討について聞きました。
 当初、候補地がいくつかあったものの、補助金事情や下流の水路の狭さなどが影響して計画断念が続いたこと。
 ようやく稼動した田切郷沢川発電所でも、売電用漏電ブレーカーが遮断したり、電流が不安定だったりと問題が続出したそうです。
 浜田さんは「たかが2kW、されど2kW」と、失敗談も交えながら事業化への長い道のりや小水力事業のやりがいを、ざっくばらんに話してくださいました。

 飯田自然エネルギー大学は2年間のカリキュラムを通じて、講義と実地研修を組み合わせた2日間の授業を年10回開催し、自然エネルギー事業の起業を後押ししていきます。
 次の授業は、12月10日(土)11日(日)に開催します。
12/10 飯田地方の小水力発電遺構ツアー [2016年11月14日(Mon)]
 自然エネルギーを学ぶネットワーク組織・南信州自然エネルギー普及協議会は12月10日(土)、小水力発電の遺構を訪ねる現地視察ツアーを開催します。
 定員30人で、12月7日(水)まで予約を受け付けています。

 飯田地方の明治、大正から戦前にかけての小水力発電について学ぶ連続講座(全3回)の一環として開催します。
 ツアーは、かつての発電所跡の遺構を訪ねる現地勉強会として、飯田電灯株式会社の運営していた松川発電所、竜丘電気利用組合が運営していた新川発電所などの遺構を訪ね、松川上流にある中部電力の現役の水力発電所も見学します。

 安定した自然エネルギー電源として小水力発電にあらためて注目が集まる中、かつての地域電力の歴史を知る貴重な機会となります。
 連続講座ですが1回だけの受講もできるので、関心のある方はぜひご参加ください。

<飯田の小水力発電の歴史講座〜小水力発電遺構 現地視察ツアー〜>

期  日:2016年12月10日(土) 9時00分〜16時00分
    ※集合・解散は飯田市役所C棟駐車場
視察場所:中部電力飯田営業所前の水車展示、中部電力松川発電所
     松川第一・第三発電所、新川発電所、久米川発電所の各遺構
参加費:1,000円(+昼食代実費)
定  員:30人(要申込み)
申込締切:12月7日(先着順)
講  師:岡部忠美氏(飯田市環境モデル都市推進課・小水力発電コーディネーター)
申込先: 南信州自然エネルギー普及協議会(事務局 NPO法人南信州おひさま進歩)
TEL : 0265-24-4821/FAX : 0265-56-3712
藻谷浩介氏講演会&エアコンコンテスト表彰式を開催しました [2016年11月11日(Fri)]
 10月23日(日)、飯田自然エネルギー大学特別企画「藻谷浩介氏講演会」を飯田市鼎公民館で開催しました。
 講演テーマは「エネルギー自立が地域を変える〜太陽、森、水と里山資本主義〜」。
 
 PA230018.jpg

 藻谷先生は冒頭、日本の国際収支の分析から原油や天然ガス、石炭などの輸入のため中東などへ資金が流出している現状を紹介しました。
 原油価格の上昇が2000年代以降も右肩上がりで続いていることを統計で示し「油奴隷ともいえる現状から一歩でも、半歩でも抜け出そうというのが自然エネルギーだ」と説明しました。

 那須野ヶ原土地改良区の小水力発電事業や、岡山県真庭市のバイオマス発電事業などの事例を紹介したほか、森林資源の活用策としてヨーロッパで進められている大型木造建築を取り上げました。
 このほか「飯田に適した熱利用方法ではないか」として太陽熱のほか、年間通じて温度が一定な地中熱を活用した省エネ事業を提案。
 建物の断熱・耐震改修、車に頼らず歩くなど住民一人ひとりの取組みが、地域や国の活性化につながると呼び掛けました。

 最後は、全国の市町村の人口を年齢、増減率でまとめた表を示して、若者が増えている自治体は、都市部でも知名度が高いわけでもなく「真剣に地消地産に取り組み、Uターン・Iターン者を積極的に受入れている市町村」と分析しました。
 「エネルギーや食の地消地産は、持続可能な地域づくりにつながっている」として自立した地域づくりの大切さを訴えました。

 また講演前には「飯田市で1番古いエアコンを探せ!コンテスト」の表彰式が行われました。

 PA230004.jpg

 グランプリを受賞した42年前のナショナル製クーラーをお持ちの宮澤さん、特別賞を受賞した日本熱学工業製コイン式クーラー(製造年不明)をお持ちの松澤さんへ、それぞれ省エネ製品購入補助の目録が手渡されました。
 「子どもの受験勉強のため購入した」という宮澤さんは、当時高校生だった息子さんから寄せられた受賞コメントも紹介してくださり、家族の思い出とともに歩んできた古いエアコンに拍手が送られていました。

 このような講演やコンテストを通じて、一人ひとりがエネルギーの使い方を考えたり、地域の自然エネルギー事業や、安心して暮らせる地域づくりに関心をもつきっかけになればと思います。
 
 
市民エネルギー生駒が「グッドライフアワード」最終候補に [2016年11月10日(Thu)]
 環境と社会によい暮らしを実現する取り組みを表彰する「第4回グッドライフアワード」(環境省主催)に、「おひさまファンド」の出資金を活用して太陽光発電事業を行っている一般社団法人市民エネルギー生駒(奈良県生駒市)がエントリーしています。
 11月15日(火)まで、環境大臣賞最優秀賞を決めるインターネット投票が行われています。

 ikoma-pangh.jpg

 市民エネルギー生駒は2013年、再生可能エネルギーの普及促進と電力の地産地消を目指す市民によって設立されました。
 公共施設の屋根や土地を活用した太陽光市民共同発電所を3ヵ所運営していて、このうち2号機「生駒市南こども園」、3号機「小瀬保健福祉ゾーン法面」に「みんなとおひさまファンド」の出資金が再投資されています。

ikoma.jpg

 「グッドライフアワード」では「全額市民出資による市民共同太陽光発電所事業」という取組名でエントリーしています。
 補助金に頼らず全額市民出資で発電所を建設したこと、定年後のシニア世代が中心となって、これまで培った経験を生かして事業を行っていることなどが評価され、多数の応募の中から最終候補の一つとして残りました。
 ぜひインターネット投票で応援してください。
 投票はこちらから!  
旭ヶ丘中学校の総合学習「かやのみチャレンジ」 [2016年11月08日(Tue)]
 昨年、おひさまファンドを活用して太陽光発電を設置した飯田市立旭ヶ丘中学校で総合学習「かやのみチャレンジ」が行われ、おひさま進歩社が環境学習の講師を務めました。
 地域産業や文化を学ぶ総合学習で、毎年1年生全員が参加します。
 菓子製造や城下町探索、工場見学など9つのグループがあり、自然エネルギーを学ぶ環境学習には23人が参加しました。

 IMG_0154.jpg

 「かやのみチャレンジ」は全4回あり、まず講師が学校へお邪魔して事前学習を行います。
 1回目は、地球温暖化と自然エネルギーについて学び、独立型ソーラーで蓄電した電気でミキサーを動かしてスムージーを作りました。
 2回目は、学校に設置された発電設備を見学したあと、防災用の独立型システムを使ってサツマイモご飯を炊いて味わいました。

 PA140013.jpg

 10月18日(火)の校外学習は太陽光発電所の見学として山本おひさま広場、山本保育園、伊賀良公民館、飯田市役所などを見学。
 午後は、おひさま社事務所のある旧飯田測候所を会場に、ソーラーオルゴール作りを体験しました。

 PA180003.jpg

 オルゴール1.jpg

 翌19日(水)は、体育館で学年全体で聞く講演会が行われて、おひさま進歩社の原亮弘代表取締役が「みんなで考えよう、地域のこと・地球のこと」をテーマに講演しました。
 自分の中学校時代のエピソードにも触れながら、地球規模で進む温暖化の影響について写真や映像を交えて紹介して、一人ひとり何ができるだろうと問いかけました。

 PA190002.jpg

 講演会前には、学校を通じて生徒たちに「家で1番電気を使っている家電は何か」などいくつか課題を出して、家族と話し合ってもらいました。
 講演途中では環境三択クイズを行って体を動かし、楽しみながら環境問題を考えるコーナーも設けてみました。

 このような機会を通して、太陽光発電を身近に感じながら、温暖化防止のために自分ができる事を考えてもらえれば嬉しいです。
 また、自然エネルギーの普及を目指す地域の大人の姿から、未来を担う若者たちにその想いが伝わっていけばと感じました。
| 次へ