CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
気候変動対策シンポジウムを開催しました。 [2021年03月01日(Mon)]
 2/27(土)、気候変動対策シンポジウムをオンラインで開催しました。
 前半は、江守正多先生(国立環境研究所地球環境研究センター・副センター長)による講演会。
 気候変動について、過去2000年の気温変化や、氷期・間氷期が入れ替わる60万年前からの変動を紹介して、今の地球環境は「太陽活動や氷期より、人間活動の影響が大きくなった特異な時代」と解説。
 気候変動の深刻な影響を受けるのは、発展途上国や将来世代など、原因に責任が無い人々であり、倫理的責任が伴う課題であると強調しました。

 また、日本では約6割が「気候変動対策は生活の質を脅かす」と認識している調査結果を紹介。
 中国やドイツなど世界平均では「生活の質を高めるものである」が6割以上を占めており、認識に大きな乖離があることも挙げられました。

 解決への道筋として、脱炭素化には社会の大転換が必須で、例として奴隷制度の廃止やタバコ分煙化が、人々の常識が変わり実現したことを挙げました。
 一人ひとりの行動として、再生可能エネルギーの普及へアンテナを立て、脱炭素化の転換を応援してほしいと呼びかけました。

 後半のパネルディスカッションでは、江守先生のほか、地元高校に通う中原千尋さん、長野県の阿部守一知事、飯田市の佐藤健市長が、気候変動への取り組みや今後の具体的な行動を紹介しました。
 講演会とパネルディスカッションの資料は、こちらで掲載しています。

 thumbnail_IMG_5792.jpg

 thumbnail_IMG_5795.png
 
2/27 南信州環境フェア・気候変動対策シンポジウム [2021年02月02日(Tue)]
「南信州環境フェア」は2/27(土)、飯田市エス・バードで開催されます。
 地球温暖化を防止して、ゼロカーボン社会を実現するため、シンポジウムやエコ講座、映画上映、省エネ家電・太陽光発電の展示などが行われます。入場無料。
 気候変動対策シンポジウム、こどもエコ講座は、事前申し込みを受け付けています。
210227 南信州環境フェアチラシ.pdf

【南信州環境フェア】
日 時:2021年2月27日(土)9:30-16:30
会 場:エス・バード(飯田市座光寺3349-1/南信州・飯田産業センター)

●気候変動対策シンポジウム(要事前予約)
時間:13:00-15:45
定員:会場100名、オンライン聴講100名
@講演会「気候危機のリスクと社会の大転換」
 講師:江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究センター・副センター長)
Aパネルディスカッション「地域からつくるゼロカーボン社会〜わたしたちにできること」
パネリスト
 江守正多さん、中原千尋さん(飯田風越高等学校)
 阿部守一長野県知事、佐藤健飯田市長
ファシリテーター
 田中信一郎さん(千葉商科大学准教授)
※申込方法は、こちら

●こどもエコ講座
@蓄電式ソーラーカーをつくって走らせよう
 時間:1回目 10:00-11:00/2回目 11:30-12:30
 定員:各回親子16組32名(先着順)
 参加費:500円/ 持ち物:ハサミ

 申込先:飯田脱炭素社会推進協議会(事務局:飯田市環境モデル都市推進課)
 TEL0265-22-4511(内線3474)
 申込期限:2/19(金)
A実験器具を使ってエネルギーをつくってみよう(申込不要、無料)
 時間:13:30-16:30

●飯田OIDE長姫高校のエコカー展示、デモ走行
 デモ走行:11時、12時、13時、14時(予定)
 展示:会場内ホール
●映画「不都合な真実2」DVD上映会
 時間:9:50-11:30
 定員:先着100名

●省エネ家電、太陽光発電設備の展示、相談
●バイオマスストーブの展示、相談
●ごみ減量・分別コーナー/海洋プラごみ写真展示
●EV(電気自動車)や自転車の展示、相談
●パネル展示、体験コーナー

主 催:南信州環境フェア実行委員会
問合せ:南信州環境フェア実行委員会事務局(南信州地域振興局環境課)
   TEL0265-53-0434/メール minamichi-kankyo@pref.nagano.lg.jp
※感染拡大等により予告なく本フェアを中止または内容変更する場合があります
 中止または催しをオンラインに変更等した場合、南信州地域振興局ホームページでお知らせします。
おひさま通信第25号を発行しました [2020年12月11日(Fri)]
おひさま進歩エネルギーおよびグループ会社の実施事業を紹介する「おひさま通信」の第25号を発行しました。
今回は、いま地域で取組む3つの小水力事業計画を中心に掲載しています。
おひさま通信ページから閲覧できますので、ぜひご覧ください。

おひさま通信第25号.jpg
年末年始休業のご案内 [2020年12月11日(Fri)]
おひさま進歩エネルギー株式会社とおひさまエネルギーファンド株式会社は、以下の期間、年末年始休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

休業期間:2020年12月28日(月)〜2020年1月3日(日)
※2020年1月4日(月)から通常営業とさせていただきます
11/3 講演会「地域の小水力発電の可能性」 [2020年10月20日(Tue)]
 飯田市上郷(旧上郷村)の電力事業の歴史をひも解きながら、弊社が現在検討を進めている野底川での小水力発電の可能性について考える講演会を開催します。
 会場での聴講、オンラインで参加を受付けます。
 参加を希望される方は、10/31(土)までに事前申込をお願いします。

小水力講演会チラシ.jpg

小水力講演会チラシ.pdf

◆講演会「上郷の電気事業史から見る 地域の小水力発電の可能性」
開催日:2020年11月3日(火・祝)14時〜16時半 (開場13時半)
会 場:飯田市上郷公民館講堂
定 員:会場40名、オンライン100名(先着順)
参加費:無料 

講演1「上郷村営電気事業の歴史」
講師:中島正韶氏(信州上郷史學会会長)
講演2「地域の小水力発電と野底川小水力、発電所の可能性について」
講師:中島大氏(全国小水力利用推進協議会事務局長、飯田市再生可能エネルギー導入支援審査会委員)

【開催趣旨】
 上郷地域には今から約100年前、電気の地産地消を目指して「村営電気事業」を実現した先進的な人々がいました。野底川での発電事業も、当時実現を目指していた取り組みの一つです。
 地域に根差した自然エネルギーが注目される今、電気の地産地消につながる、地域のための発電所計画としてあらためて考える機会として企画しました。

【申込方法】
@会場へご来場の場合
 下記連絡先まで、参加者全員の氏名、電話番号、参加人数をお知らせください。
Aオンライン視聴の場合
 下記メールアドレスに、「11/3 講演会申込」という件名で、氏名、住所(市町村名)を記入してお申し込みください。

申込締切:10月31日(土)
申込み・問合わせ:おひさま進歩エネルギー株式会社(担当:伊藤、柏木)  
飯田市馬場町3-411
TEL  0265−56−3711  FAX0265−56−3712
メール info★ohisama-energy.co.jp ★を@に変えて送信してください

主 催:おひさま進歩エネルギー株式会社
共 催:野底山財産区、上郷地域まちづくり委員会
後 援:南信州振興局、飯田市