• もっと見る
« おひさま0円システム | Main | ニュース»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
太陽光発電所 自家消費の様子 [2024年04月12日(Fri)]
今回は、当社が事業所に設置した太陽光発電設備の発電と自家消費の様子を紹介します。

発電グラフ2.jpg

このグラフは、事業所の電力消費量の合計を赤線、そのうち太陽光で発電した電力の消費量を青線で示しています。
縦軸が電力消費量、横軸は1日の時間です。

事業所の電力消費量の増減に合わせて、太陽光の発電量を増減させ、発電量が電力消費量を超えないように調整しながら発電しています。
特に12:00〜15:00の2つのグラフを見ると波形が一致していて、発電の調整が順調にいっていることがわかります。

この太陽光の発電システムは、送電会社の規約に基づき、発電量が電力使用量を超えると、系統(送配電網)へ流れないように、強制停止する仕組みになっています。
停止すると5分以上発電が中断してしまうため、効率よく発電、自家消費できるよう発電量を調整しています。

最近はFIT売電価格の低下に伴い、パネルで発電した電力を売電せず自家消費するケースが増えています。
パネル設置するお客様の要望に合わせて、さまざまな機能や利用方法を提案していきます。
オフサイトPPA発電所設置中! [2023年02月17日(Fri)]
 おひさま進歩エネルギーでは現在、中部地域、長野県内、飯田市内で合わせて21カ所(設置容量合計2MW)のオフサイトPPAの太陽光発電所の設置工事を進めています。
 オフサイトPPAとは、電気を使う需要家の敷地外に発電所を設置して、発電した電気を小売電気事業者を介して特定の需要家に非FITで送るという自家消費型太陽光発電モデルです。

 現在、長野県大町市にある2016年に設置したおひさま発電所の隣の土地でも、オフサイトPPAの発電所設置の工事を行っています。
 この発電所は、耕作していない土地を活用してほしいという地主の方のご要望を受けて設置しています。

 発電所で発電した電気は、関連会社の飯田まちづくり電力を介して、飯田市内の需要家が使用する形で売電します。

IMG_1611 (1).jpg

IMG_1604 (1).jpg
(2/2撮影)

 雪が降る中ではありますが工事は順調に進んでおり、パネルの設置は完了しています。
 2月末の発電開始に向け、パワーコンディショナやキュービクルの設置を進めていきます。
発電所の草刈りシーズン [2020年05月26日(Tue)]
 初夏を迎えて、新緑が鮮やかな季節になりました。
 この時期、遊休農地に設置された野立て太陽光発電所は、1回目の草刈りシーズンを迎えます。
 5月中旬、飯田市内2カ所の発電所で草刈り作業を実施しました。

 IMG_4240.jpg

 ここは、飯田市松尾にある太陽光発電所。
 もともと農地で草の伸びが早く、毎年最初に草刈りを実施しています。

 もう1カ所、飯田市山本の山本おひさま発電所でも草刈りを実施しました。

 IMG_4500-2.jpg

 IMG_4503-2.jpg

 IMG_4514.jpg

 ここは飯田市役所の皆さんと、おひさま進歩社で一緒に作業をしています。
 1時間半ほどかけて、発電所の中と周囲の斜面の草を丁寧に刈っていきました。
 このほか、長野県大町市には4カ所で合計1MWの発電所があり、こちらは現地の事業者へ依頼して、すでに2カ所の草刈りが終わりました。

 おひさま進歩エネルギーの発電所のほとんどは、公共施設や個人宅の屋根に設置しています。
 野立て発電所は、地権者から依頼を受けて設置したものが数カ所あり、地権者が草刈りできない場合は、社員が出向いて実施しています。
 草が伸びて近所の方に迷惑をかけたり、パネルに草がかかって発電量に影響が出ないように、気を付けながら管理をしていきます。 
「11おひさまファンド」南信州事業が進んでいます [2018年02月02日(Fri)]
 2月に入り寒さが増していますが、「11おひさまファンド」を活用して実施する南信州地域の事業は、各地で順調に設置工事が進んでいます。
 このところ雪が舞う日も増えて、天気の様子を見ながらパネルを設置していきます。
 
 飯田市の隣にある阿智村の工場では、1月下旬にパネルが届いて大型クレーンで荷上げをしました。
 1/30から屋根上の設置作業が始まり、金具やパワコン取り付けも完了しています。
 電力会社の外線工事を経て、3月の発電開始を予定しています。
 IMG_7561.jpg
 IMG_7579.jpg
 IMG_7765.jpg
 IMG_7711.jpg

 1月上旬にパネルが届いた喬木村の福祉施設では、パネルやパワコン、ケーブルラックの設置工事が完了しました。
 2/13の発電開始を予定していて、「11ファンド」南信州事業では発電第1号になります!
 IMG_7457.jpg
 IMG_7759.jpg

 飯田市内では、グループホーム2軒へパネルを設置します。
 いずれもパネル設置工事が順調に進んでいて、あとは雪止め金具の移動など調整を行います。
 IMG_7733.jpg
 IMG_7741.jpg 

 下條村では保育所と武道館に太陽光パネルを設置します。
 保育所は1/29にパネルの荷受けを行い、設置工事が進められています。
 IMG_7630.jpg
 IMG_7623.jpg
 IMG_7729.jpg

 武道館は下條村小学校グラウンドに隣接していて、こちらはパネル設置まで完了しました。
 あとはブレーカー設置と事業計画の認定を経て、発電を開始します。
 IMG_7466.jpg
 IMG_7470.jpg

 寒い中、雪の残る屋根上や屋外で作業する皆さん、ありがとうございます!
 暖かくして、ケガにも気をつけて頑張ってください。
「テントウムシファンド」南信州事業の進捗状況(3/29) [2017年04月04日(Tue)]
 「テントウムシおひさまファンド」出資金を活用して太陽光パネルを設置する飯田市と根羽村の事業について、3月29日現在の進捗状況をご報告します。
 飯田市松尾に設置される野立て発電所は、3月上旬に着工して、今はパネルの取り付け作業が行われています。
 4月上旬にはパネル工事が完了する予定です。

 松尾清水野立てパネル.jpg

 根羽村の野立て発電所では、パネル架台の設置作業が進められています。
 4月上旬にはパネルまで設置する予定です。

 根羽村アルバ架台全景.jpg

 根羽村アルバ原さん組み立て作業.jpg

 どちらも日当たりのよい遊休地を活用した小規模な野立て太陽光発電所です。
 4月末〜5月ごろの発電開始を目指して、順調に工事が進んでいます。
| 次へ