• もっと見る
« 市民ファンド | Main
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
「市民発電所台帳2022」発行 [2022年11月17日(Thu)]
 NPO法人市民電力連絡会に取材をしていただいた「市民発電所台帳2022」が発行されました。
 「市民発電所台帳」では、市民・地域による再生可能エネルギー発電事業(市民電力)が運営する比較的小規模な発電所、「市民発電所」について紹介しています。

 毎年、全国各地の市民発電所の事例が掲載されており、2022年版となる本誌では14ヶ所の市民発電所が紹介されています。
 そして今回はオンサイトPPA(施設の屋根上で発電した電力をその施設に供給する)発電所が多く立地する飯田市に注目し、おひさま進歩エネルギーでも7月に取材をしていただきました。
 おひさま進歩エネルギーが設置した保育園屋根上の発電所や、おひさま進歩エネルギーがこれまで取り組んできた発電事業について紹介していただいています。

 「市民発電所台帳」に記載されているPDF版から、ぜひご覧ください。

台帳表紙.jpg
 
南信州環境メッセ 2022 に参加しました! [2022年11月15日(Tue)]
 11/5(土)・6(日)、飯田市のエス・バードで「南信州環境メッセ 2022」が開催されました。
 南信州環境メッセは、南信州地域の企業・団体・学生がそれぞれ行っている環境への様々な取り組みを紹介するイベントで、ゼロカーボンミーティングやエコカー展示などが行われました。
 おひさま進歩エネルギーと飯田まちづくり電力では、今年もブース展示で参加をしてきました!

 IMG_7957.jpg

 72040626-AB80-4893-8B84-BA62E63051E9.JPG

 IMG_7950.jpg

 ブースでは、地球温暖化や太陽光発電、小水力発電についてのパネルを展示。
 それに加え、現在工事中の野底川小水力発電所のコーナーでは、発電所の愛称募集で応募いただいた 140 作品や、発電所の工事現場の写真などを展示しました。

 ブログ用.jpg

 さんぽちゃんがサンタクロースの帽子を被ってお出迎えです。
 2日間を通して、多くの方にブースに訪れていただきました!
 作成したパネルも、多くの方に関心を持って見ていただくことが出来ました。

 IMG_7977.jpg

 アルクマくんがさんぽちゃんに会いに来てくれました!
 どのブースの展示もとても魅力的で、環境について改めて学習し、考えることの出来る素敵な
イベントでした。
 おひさま進歩の展示が、再生可能エネルギーや工事中の野底川小水力発電所について興味を持ってもらえるきっかけとなれていたら嬉しいです。
11/5-6 南信州環境メッセ2022 [2022年10月28日(Fri)]
 ゼロカーボン社会の実現に向けた見本市「南信州環境メッセ2022」は11月5日(土)6日(日)、飯田市座光寺のエス・バードで開催されます。
 2日間にわたり、シンポジウムや次世代自動車の展示・試乗体験会、地元企業や団体のブース展示、エコレンジャーショーなどさまざまなイベントを行います。
 おひさま進歩エネルギー、飯田まちづくり電力は、2日間ブース展示で参加します。ぜひ遊びにお越しください。

●日 時:2022年11月5日(土)6日(日)10:00-16:00
●会 場:エス・バード(飯田市座光寺3349-1)
●主な内容
参加企業や団体のブース展示・相談会
次世代自動車、EVバスの展示・試乗/EV外部給電実演
リニアプラレール展示

【5日】
ゼロカーボンミーティングin南信州
SDGsカフェ by 飯田市環境文化都市づくりプラットフォーム
テックレンジャーショー 等
【6日】
エコレンジャーショー
エシカルシンポジウム
子どもゼロカーボンチャレンジ講座 等

20221028152631-0001.jpg
旭ヶ丘中学校「榧の実チャレンジ」 [2022年10月26日(Wed)]
 10/13(木)、飯田市立旭ヶ丘中学校で行われた「榧の実チャレンジ」で、環境モデル都市講座の皆さんと1日学習を行いました。
 旭ヶ丘中学校で行われている「榧の実チャレンジ」は、1 年生が複数の講座に分かれて地域について学ぶ総合学習の一環です。
 環境モデル都市講座では、環境モデル都市に認定されている飯田市について、一人ひとりがテーマを設定し、調査をする活動を行っています。

かやのみチャレンジ1.jpg

かやのみチャレンジ2.jpg

 午前中は、松川町の片桐ダム・くだものの里まつかわ発電所で、水力発電の設備を見学させていただきました。初めて見る設備に興味津々の様子です。
 実際に発電所内を見学し、普段自分たちが使っている電気が作られる仕組みを理解することができました。

かやのみチャレンジ3.jpg 

 午後は学校へ戻り、校内に設置されているパワーコンディショナの自立運転の切り替え体験を行いました。
 災害時に自立運転コンセントを使うことができるよう、切り替え方法を確認しながら生徒さんの手で実際に切り替えてもらいました!

かやのみチャレンジ4.jpg

 続いて、「コンセントの向こう側」のワークを行いました。
 地図上に電柱や発電所のカードを置き、電気が自分たちの元へ届けられる道のりを線で結ぶワークです。
 自分たちが使っている電気がどこから届くのか、グループ内で意見を出し合いながら学習しました。

かやのみチャレンジ5.jpg

 午前中の発電所見学を踏まえ、下伊那地域にある水力発電所を探すワークをしている様子です。
 制限時間内にグループごと見つけた発電所の数を競いました。グループ内で手分けをして発電所を探します。
 自分たちの身近な場所にはたくさんの発電所があることを、ワークを通して知ることができました。
 最後に、地球温暖化について自分たちにできること、大人になったらしてみたいことを考えてもらい、グループごとにまとめてもらいました。

かやのみチャレンジ6 (2).jpg

かやのみチャレンジ7.jpg

 面白いアイデアの数々に、とても刺激を受けました!
 この「榧の実チャレンジ」をきっかけに、旭ヶ丘中学校のかやの木発電所や、身近なエネルギーについて興味を持って生活してみてほしいと思います。
 環境モデル都市講座の皆さん、ありがとうございました!
学習会「コンセントの向こう側」を実施! [2022年10月20日(Thu)]
 10/7(金)と10/11(月)、高森町の高森南小学校6年生の皆さんに環境学習を行いました。
  「コンセントの向こう側」をテーマに、毎日私たちが使っている電気が、どこから来てどのように私たちの元へ届くのかを、地図を使ったワークを通して一緒に考えました。

takamori6th-1.jpg

 電柱やさまざまな発電所のカードを地図の上に置き、電気が家まで届く道のりを線で結びます。
 発電所のカードを地図に置く場面では、水力や太陽光など、私たちの身の回りにも発電所がたくさんあるということを学びました。

takamori6th-2.jpg

 発電時どの発電所から CO₂が出ているのか、送電線のカードはどこに置けばいいのかなど難しい部分もありましたが、意見を交わし合い、グループの中で協力して地図を完成させました!

takamori6th-3.jpg

 自分たちが普段使っている電気が、遠く離れた場所から自分たちの元へ届けられる仕組みを、ワークを通して学習することができました。
 今回の学習が、自分たちの身の回りにあるエネルギーに関心を持ち、普段の電気の使い方や自分たちにはどんなことができるかを考えるきっかけとなれば嬉しいです。
 高森南小学校 6 年生の皆さん、ありがとうございました!
| 次へ