CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
100%自然エネルギーへの転換は可能〜ビッグイシュー日本版特集「いま、自然エネルギー」〜飯田哲也とおひさまファンドの取り組み【おひさまファンド・メールニュース11/5/30号】 [2011年05月30日(Mon)]

◇ビッグイシュー日本版の特集「いま、自然エネルギー」に
おひさまファンドの共同代表、飯田哲也とおひさまファンドの
取り組みが取り上げられましたので、ご紹介いたします。

◇飯田哲也の出演番組と登壇予定をお知らせいたします。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”「立山アルプス小水力発電事業」募集中!>>
  (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
  2011/5/30MON http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【ビッグイシュー日本版掲載】100%自然エネルギーへの転換は可能
    特集「いま 自然エネルギー」
   飯田哲也・おひさまファンド 11.05.15
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社の共同代表取締役、飯田哲也
(環境エネルギー政策研究所所長兼務)の記事が、ビッグイシュー
日本版に掲載されました。

地域での市民主導の自然エネルギー事業の事例として、おひさま
ファンドの取り組みと「南信州おひさまプロジェクト」、
「立山アルプス小水力発電事業」が紹介されています。

以下転載:
特集「いま、自然エネルギー」
   ー 小水力、地熱、波力、そして市民発電所 ー

100%自然エネルギーへの転換は可能
国、地方行政、業者、三様の無責任構造を超える。
コミュニティーパワーがキーワード ー飯田哲也さんに聞く

市民風車や太陽光発電の地域モデルをつくるなど、日本の自然
エネルギー市場で先進的活動を行ってきたISEP(環境エネルギー
政策研究所)所長の飯田哲也さんは、「コミュニティパワーが
自然エネルギーを育てる」と語る。

【小見出し】

◎省エネが生む豊かな生活が見えた100%の代替
 年率成長30%の自然エネルギー市場

◎コミュニティパワー
 市民出資で発電、事業利益はみんなで分配

◎市民による「地域オーナーシップ」が不可欠、
 パソコン、携帯電話のように爆発的普及の可能性

◆記事本文は、こちらをご覧ください。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【お知らせ】飯田哲也の出演番組、掲載記事
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社の共同代表取締役、
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)の番組出演が
続いております。

◆予定は、ISEP(環境エネルギー政策研究所)のホームページで
ご確認いただけます。
http://www.isep.or.jp/event.html

――――――――――――――――――――――――――――
3. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な
原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾つかお声を
紹介させて頂きます。

「自然と共生してきた人類が、
  文明の発展で地球環境に負荷を与え過ぎてしまいました!ゴメンネ」
     竹内 裕 様 (千葉県、男性、50代) 

「この度の地震で自然エネルギーへのシフトを強く感じ、
  このような事業がある事に希望がもてます。」
     S.S 様  (東京都、女性、50代)

「3.11以後、原発に頼る生活から解放されたい。」
     そろー 様  (愛知県、男性、60代)

出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り組んで
参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

◆その他のメッセージはこちらです:

◆おひさまファンド・メールニュースの登録はこちらです。
北日本放送(テレビ)のニュースで紹介:おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」5月27日(金) 18時16分〜【おひさまファンド・メールニュース11/5/25号】 [2011年05月26日(Thu)]

◇おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」
が事業地元の放送局、北日本放送 (富山)のニュース枠で放送さ
れますので、ご紹介させて頂きます。放送域外の方もウェブニュ
ースでご覧いただけます。

おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の「立山アル
プス小水力発電事業」の記事が、全国各紙に掲載されました。
把握できたもののみですが、ご紹介させて頂きます。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”
「立山アルプス小水力発電事業」募集中!>>
  (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
  2011/5/25WED http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【北日本放送ニュース】 おひさまファンド
「立山アルプス小水力発電事業」
KNB news every. 5月27日(金)18:16〜   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」
が事業地元の放送局、北日本放送 (富山)のニュース枠で、
5月27日(金)18:16〜18:57分の内、5分ほど放送されること
となりました。

おひさまファンドの東京本社、事業主体のアルプス発電、現在
工事を進めている小早月川の現地、富山の出資者、出資検討者等、
取材いただきました。

放送域外の方もウェブニュースでご覧いただけます。

◆KNB WEB
http://www.knb.ne.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【全国各紙掲載】 おひさまファンド
  「立山アルプス小水力発電事業」
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の「立山
アルプス小水力発電事業」の記事が、全国各紙に掲載されま
した。把握できたもののみですが、ご紹介させて頂きます。

◆ 北陸中日新聞「エネルギー再考 自然力発電普及へ応援」
                      11.4.25
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425.html 

◆ 東京新聞 「エネルギー再考 自然力発電普及へ応援」
                      11.5.18
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2011051802000062.html
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425_2.html

◆ 信濃毎日新聞「小水力発電 高まる関心」11.4.25 
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425_1.html

◆ mns.産経ニュース「小水力発電 高まる関心
      ダム要らず、低コストで安定稼働」 11.5.17
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110517/biz11051706010028-n1.htm
 
◆SankeiIBiz「小水力発電 高まる関心 ダム要らず、
             低コストで安定稼働」 11.5.9
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110509/cpd1105090500000-n1.htm

◆熊本日日新聞「小水力発電 関心高く エネルギー地産地消」11.5.9
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_1159.html

その他、静岡新聞、デイリー東北、南日本新聞、北日本新聞、
日本海新聞、岐阜新聞、京都新聞、yahooニュース等にも掲載
頂いています。

――――――――――――――――――――――――――――
3. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの
大切な原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾
つかお声を紹介させて頂きます。

「子どもたちの世代へ繋がるエネルギー源となることを
                    期待します。」
    E.Y. 様  (東京都、女性、40代) 

「将来の世代にクリーンな純国産の自然エネルギーを伝えるため、
                 微力ながら参加したいです。」
     下條 和泉 様 (東京都、男性、20代)

「こういう事業がどんどん成功して『安全・安心な電気』が増えます
                 ように!」
     S.T. 様   (東京都、女性、30代)


出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り組ん
で参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

◇その他のメッセージはこちらです:

◇おひさまファンド・メールニュースの登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 15:55 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
エネルギー再考「自然力発電普及へ応援 市民らに徐々に広がり」おひさまファンド記事 中日新聞11.4.25【おひさまファンド・メールニュース11/5/17号】 [2011年05月18日(Wed)]

4月27日に富山で開催した「地域エネルギー活用セミナー」には、
定員80名を超す110名超の方にお集りいただき、大変な熱気の中
で開催させて頂く事ができました。ご参加くださいました皆様、
ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました。

◇おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の「立山ア
ルプス小水力発電事業」の記事が、中日新聞「エネルギー再考」
に掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”
「立山アルプス小水力発電事業」募集中!>>
 (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
 2011/5/17TUE http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【中日新聞「エネルギー再考」】おひさまエネルギーファンド
    自然力発電普及へ応援 市民らに徐々に広がり
       出資し分配金/環境価値の証書購入も
      「原発電力使いたくない」 
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下転載:

太陽光発電など、自然エネルギーが注目を集めている。都市部や
集合住宅などに住み、自宅に発電設備を設けるのが難しい場合で
も、出資などを通じて、普及に貢献することは可能だ。配当があ
る商品なども登場し、徐々に広がりを見せている。

「お金の使い道が自然エネルギーの応援に決まっているのがいい」。
こう話すのは、2009年までに、長野県内の2つの太陽光発電事業に、
家族で約300万円を出資した愛知県犬山市の谷口宏一さん(72)だ。

「市民ファンド」と呼ばれるこの商品を扱っているのは、おひさま
エネルギーファンド株式会社(長野県飯田市)。05年から扱いを始め、
これまでに同県内などの太陽光発電大型プロジェクト4件で、市民か
ら計8億円以上を集めた。

市民ファンドは、市民の出資を基に発電所を建設。電力会社などへ
の売電収入から出資に見合った分配金があり、谷口さんには、発電
事業が目標にした目標にした年約2%の分配金が入ってくる。

出資証書を孫に贈った谷口さんは「福島第一原発の事故が起きた今、
将来の地球を守る贈り物ができたと思う」と語る。

同社は現在、小早月川小水力発電所(富山県魚津市)の建設事業に
向けて、本年度末まで1口50万円で出資者を募集している。目標額
は約8億円。先着順だ。年3%の目標利回りを見込む。

同社募集広報担当の永田光美さんは「都市部の人の関心が高く、
東京、神奈川、長野、愛知の順に出資者が多い」と話す。

〜〜〜以下、本文参照〜〜〜

◇全文は、中日新聞「エネルギー再考」をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
2. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な
原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾つかお声を紹
介させて頂きます。

「このような事業がどんどん成功して『安全・安心な電気』が増え
ますように。」
    S.T. 様  (東京都、女性、30代) 

「今回の原発事故をきっかけに、自然エネルギーへシフトしていか
ねばと思い、出資を決心しました。」
     田代 雅美 様 (長崎県、女性、60代)
  
「安全・公正・絆 エネルギー」
     R.S 様   (神奈川県、女性、50代)
   

出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り組ん
で参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

◇おひさまファンド・メールニュースのご登録はこちらです