CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
「原子力からシフトを」自然エネルギー、50年までに100%に ー飯田哲也【おひさまファンド・メールニュース11/4/19号】 [2011年04月19日(Tue)]

◇おひさまエネルギーファンド株式会社の共同代表取締役、
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)の掲載記事
から、asahi.com (朝日新聞社)に「エネルギーシフト」を
テーマに掲載された記事をご紹介させて頂きます。飯田へ
のインタビュー形式です。

◇おひさまファンドは、アースデイ東京2011のエコ金融エ
リアに今年もA Seed Japanさん等と共同出展いたします。
自分の意思で選ぶエネルギーについて、「エネルギーシフト」
について、地域の自然エネルギーの活用と自立について等々、
ブースに立ち寄ってくださる皆様とお話できればと思っており
ます。今年のアースデイ東京は、節電について問いかけたり、
被災地への支援活動への取り組みなどを、おこなっています。
アースデイ東京2011HP

◇4月27日(水)に、富山市で開催予定の「地域エネルギー活用
セミナー」の会場が、同じ富山県民会館の302号会議室より701
号会議室へ変更となりました。

詳しくは、本文をご覧ください。

<<”あなたのお金が社会を変える”「立山アルプス小水力発電
事業」募集中!>>
    (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
   2011/4/19TUE http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【asahi.com掲載】おひさまファンド共同代表・飯田哲也
「原子力からシフトを」自然エネルギー、50年までに100%に
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下転載:

◇「原子力からシフトを」自然エネルギー、50年までに
100%に◇

「エネルギーシフト」という提言に注目が集まっている。
代替エネルギー研究で知られる環境エネルギー政策研究所の
飯田哲也所長が提案した。注目の背景には「エネルギーを原
子力に頼っていてよいか」という問題意識の高まりがある。

ー今のエネルギー議論をどう見ますか。

世の中の人々は「原子力は避けたい」と思っているが、
「やはり必要」という刷り込みに影響されている。原子力
関係者は「原子力は継続するが、ほとぼりが冷めるまでは
石炭火力と天然ガスでつなぐ」というシナリオを書いている。

ー「戦略的エネルギーシフト」とは何ですか。

原子力に電力の約3割を依存する従来の体制から、自然エネ
ルギーなどへ比重を移し、エネルギーの全体バランスを漸進
的に変えていこうという案です。

加えて、原発に象徴される大規模なシステムに依存し、電力
会社が市場を独占し国家が一元的に管理するという現状を改め、
「小規模・分散型」のエネルギーシステムへ移行すること。
それも必要なシフトです。

ーなぜ「脱原発」でなく「シフト」と?

反原発も脱原発も、バックミラーを見るイメージがあるから
です。(後方に去っていく)原子力だけに着目する語感がある。
エネルギー議論には全体的な視点が欠かせないはずです。

ー事故後の世論調査では、
原発の将来について「増設」「廃止」「現状維持」に三分され
ています。

「新増設」せず現状を維持するという選択は、
実際には、原子力を減らす未来を選んでいることになります。
日本は、老朽化による原発の廃炉が進む時期に突入したから
です。事故を起こした福島原発も、ちょうど40年でした。

ー夏には大停電の危機が訪れると言われますが。

私の試算では、計画停電などせずとも乗り切れます。
ーーー以下、本文参照ーーー

◆全文は、asahi.comをご覧ください。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.地域エネルギー活用セミナー
『市民がつくる自然エネルギーと市民出資』11/4/27
 〜富山・北陸地域のエネルギーと「志のお金」で拓く地域の
未来〜
会議室変更のお知らせ:
302号会議室ー>701号会議室 富山県民会館
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、自然エネルギーは、地球温暖化防止とエネルギー危機への
決め手であると同時に新しい経済を興しつつあり、世界中で
「第4の革命」と呼ばれる大きな変化を巻き起こしています。
その自然エネルギーを地域から市民の力でつくりあげていく
取り組みが広がっています。 

本セミナーは、富山・北陸地域に豊富にある水力資源をはじめ
とする自然エネルギーを、志ある市民のお金「市民出資」に
よって地域事業として実現することで、「21世紀の新しい地域
経済」の可能性を展望します。そのため、国内外で活躍するトッ
プ専門家の方々から最新動向を講義していただく予定です。

【セミナー詳細】

日時: 2011 年4月27日(水) 18 時 30 分〜20 時 30 分
(18時15分開場)
会場: 富山県民会館 701号会議室(富山県富山市新総曲輪18号)
(定員:81名)
   (地図:http://kenminkaikan.com/accessmap/map.htm)
参加費: 無料 (事前登録制)  登録メールアドレス: info@ohisama-fund.jp

<プログラム>
18:30 開会  ご挨拶 浦井彰(環境エネルギー政策研究所)
 (18:15 開場)
講演1 「加速化する低炭素経済の流れ」 末吉竹二郎氏
     国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問
講演2 「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」 伊藤宏一氏
     千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授
講演3 「地域のエネルギーを市民のお金でつくる」 飯田哲也
     おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
/環境エネルギー政策研究所所長 
おひさまファンド事業紹介・立山アルプス小水力発電事業紹介
Q&A
20:30 閉会

【主 催】おひさまエネルギーファンド株式会社
     特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所
(ISEP)

【後援】アースデイとやま2011実行委員会

◆本セミナーの会場で使用する電力は、
  グリーン電力1,000kWh(バイオマス発電)によってまかなわ
れています。

*本セミナーのお申し込みはこちらから:
info@ohisama-fund.jp
03-6382-6063
【メディア掲載】環境エネルギー社会への想像力と実践〜自然エネルギー政策・市場の展開 古屋将太 2011/3/31 [2011年04月12日(Tue)]

本連載筆者の古屋将太氏は、おひさまエネルギーファンド
株式会社の
共同代表取締役飯田哲也が所長を務める環境
エネルギー政策研究所(ISEP)
のフェローで、現在デン
マーク・オールボー大学大学院博士課程に在籍し、北欧
および日本の地域社会の自然エネルギーへの取り組みを
社会的な視点から研究しています。

 今回より「シノドス・ジャーナル」に本連載を展開する
こととなりました。

【「シノドス・ジャーナル」より転載】
--------------------------------------------------------------

◇イントロダクション◇

東北関東大震災により被災された方々には、心よりお見舞いを
申し上げます。今回、シノドス・ジャーナルに本連載を投稿さ
せていただくにあたり、最初にわたしが何者であり、どのよう
な趣旨のもとで本連載を展開するかについて簡単に述べたいと
思います。

わたしは現在デンマーク・オールボー大学大学院のPhDプログ
ラムに所属し、北欧および日本の地域社会の自然エネルギーへ
の取り組みを社会的な視点から研究しています。また、NPO法
人環境エネルギー政策研究所(ISEP)のフェローとして、日本
国内の自然エネルギー推進に関わる研究および実践に取り組ん
でいます。ISEPには大学院修士課程在籍時からインターンとし
て活動に参加してきました。そういうわけで、わたしはおそら
く日本では少数派の「NPO育ちの研究者見習い」であり、なお
かつ「海外大学院生」という、やや変わった立場にあると考え
ていただいてよいかと思います。

3月4日にISEPの設立10周年記念シンポジウムがあり、それに
参加するためわたしは一時帰国していました。地震当日(11日)
午前中の便でデンマークに戻ったため、運良く地震の被害を受
けることはありませんでしたが、その後、次第に判明する震災
の被害や、日々深刻化する福島原発事故の情報を追うなかで、
インターネット上でさまざまな論者が、今後の日本のエネルギ
ー政策の方向性について言及するのを目にするようになりまし
た。そうした議論を俯瞰すると、「自然エネルギーへの転換は
必要とはいっても現実的ではない。原子力はおいたとしても、
石炭火力で代替するしかない」という論調が多く展開されてい
るという印象を受けました。

本当に自然エネルギーへの転換は現実的ではないのでしょうか?

現在、世界各国がエネルギー安全保障・経済対策・気候変動対策
の柱である自然エネルギーをいかにして増やすかを第一に考え、
実際に取り組んでいます。こうした動向を踏まえれば、口頭一番
に自然エネルギーを選択肢から外すような日本での議論は、海外
ではとうてい考えられないようなバランスの悪さであり、わたし
は違和感を感じます。そうした議論に対しては、端的にいって
「第4の革命」と呼ばれる「世界の自然エネルギーの急速な普及」
という現実を理解せず、未来の持続可能なエネルギー社会への想
像力が欠如しているのではないかと疑ってしまいます。

以上のようなことから、本連載では、試行錯誤しながら経験と知識
を積み上げてきた北欧・欧州の実績を参照しつつ、また、国レベル
の政策では失敗したものの、海外の先進事例に習って日本国内で先
行して取り組みを進めてきた地域の事例なども踏まえ、日本の中長
期的な環境エネルギーの展望を探りたいと思います。

◇加速する世界の自然エネルギー◇

では、世界の自然エネルギー市場がどのような勢いで成長している
のかをみてみましょう。「21世紀のための自然エネルギー政策ネッ
トワーク(REN21)」によれば、世界の自然エネルギー新規設備へ
の投資額は、2000年代中盤から急速に拡大し、2008年のリーマン
ショックを経ても成長を維持し、2009年には1,500億ドルへと伸び
ています(表1)。また、自然エネルギーのなかでも著しい成長を
見せる風力発電(表2)と太陽光発電(表3)の設備導入量の加速は
圧倒的です。

〜〜〜〜〜〜

【サブタイトル】

◇日本の自然エネルギー政策の失敗:新エネRPS法◇

◇失敗は繰り返されるか:日本版固定買取価格制◇

◇失敗から学ぶことができるか◇

◇本日の一冊◇

★全文と表は、「シノドス・ジャーナル」をご覧ください。
Posted by 永田光美 at 12:39 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
「立山アルプス小水力発電事業」引き続き募集中! / FM福井放送予定「地域エネルギー活用セミナー」【おひさまファンド・メールニュース11/4/6号】 [2011年04月06日(Wed)]

東日本大震災の被災者のみなさまに、心からお見舞いを申し上げる
とともに、被災地の一日も早い復興を心から願っております。

◇おひさまエネルギーファンドが現在募集中の「立山アルプス小水力
発電事業」は、多くの皆様のご賛同を得まして、現在4億2千万円超の
ご出資を頂いております。A号出資は募集期間を平成24年3月末日まで
延長し、引き続き募集しております。予定期間以前でも予定口数に達し
次第、募集を終了させて頂きます。

◇4月8日(金)午前11時半〜 FM福井で、おひさまファンドと環境
エネルギー政策研究所(ISEP)共催の「地域エネルギー活用セミナー」
が取り上げられます。わたくし永田へのインタビュー形式です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「立山アルプス小水力発電事業」引き続き募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の自然エネルギー
事業に市民出資を得て投資する「立山アル プス小水力発電事業」は、
募集期間を平成24年3月末日まで延長し、引き続き募集をしており
ます。

A号出資、B号出資の2タイプの内、B号出資は既に終了しております。
A号出資でのご検討をお願いいたします。A号出資も、予定口数に達し
次第終了とさせて頂きます。

〈 募集内容詳細 〉

市民出資名称:「立山アルプス小水力発電事業」
事業名称:小早月川小水力発電
事業主体・営業者:株式会社アルプス発電
コンサルティング・募集:おひさまエネルギーファンド株式会社
事業内容:定格1,000kW小水力発電
事業予定額:11億円
募集区分:A号匿名組合契約
申込単位(一口金額):50万円
募集額:最大5.8億円 (B号含めた総額:最大7.81億円)
募集口数:最大1,160口 目標年間分配利回り:3%
契約期間:7年(延長の場合あり)
募集期間:平成22年9月8日〜平成24年3月31日(予定) (先着順)
補助金:環境省平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業 

◇より詳しい内容、資料請求は、こちらです。

◇現在の募集状況はこちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【FM福井放送予定】    2011/4/8(金) 11:30AM〜
Eco 〜ちょっといいこと はじめる〜
出演: おひさまエネルギーファンド株式会社 永田光美
 
地域エネルギー活用セミナー
 『市民がつくる自然エネルギーと市民出資』
〜富山・北陸地域のエネルギーと「志のお金」で拓く地域の未来〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おひさまエネルギーファンド株式会社(共同代表取締役:飯田哲也/原亮弘。
東京本社:東京都中野区/長野本社:長野県飯田市。通称「おひさまファンド」)
NPO法人環境エネルギー政策研究所(所長:飯田哲也)が、2011年4月27日(水)
に、富山市にて開催予定の「地域エネルギー活用セミナー」が
FM福井で紹介されます。わたくし永田光美がご説明させて頂き
ます。

【地域エネルギー活用セミナー
『市民がつくる自然エネルギーと市民出資』】

 今、自然エネルギーは、地球温暖化防止とエネルギー危機への
決め手であると同時に新しい経済を興しつつあり、世界中で「第4
の革命」と呼ばれる大きな変化を巻き起こしています。その自然
エネルギーを地域から市民の力でつくりあげていく取り組みが
広がっています。 

 本セミナーは、富山・北陸地域に豊富にある水力資源をはじめ
とする自然エネルギーを、志ある市民のお金「市民出資」によっ
て地域事業として実現することで、「21世紀の新しい地域経済」
の可能性を展望します。そのため、国内外で活躍するトップ専門
家の方々から最新動向を講義していただく予定です。

【セミナー詳細】

日時: 2011 年4月27日(水) 18 時 30 分〜20 時 30 分
(18時15分開場)
会場: 富山県民会館 302号会議室(富山県富山市新総曲輪18号)
(定員:63名)
(地図:http://kenminkaikan.com/accessmap/map.htm)
参加費: 無料 (事前登録制)  登録メールアドレス: info@ohisama-fund.jp

<プログラム>
18:30 開会  ご挨拶 浦井彰(環境エネルギー政策研究所)
 (18:15 開場)
講演1 「加速化する低炭素経済の流れ」 末吉竹二郎氏
    国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問
講演2 「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」 伊藤宏一氏
    千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授
講演3 「地域のエネルギーを市民のお金でつくる」 飯田哲也
    おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役/
    環境エネルギー政策研究所所長 
おひさまファンド事業紹介・立山アルプス小水力発電事業紹介
Q&A
20:30 閉会

【主 催】おひさまエネルギーファンド株式会社
特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)

【後援】アースデイとやま2011実行委員会

◆本セミナーの会場で使用する電力は、グリーン電力1,000kWh
(バイオマス発電)によってまかなわれています。

■本リリースのPDF版、チラシはこちらをご覧ください。