CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
おひさま・お練りまつりツアー 2/2 [2010年03月31日(Wed)]

『おひさま発電所と飯田お練りまつりツアー』 2日目

2日目は、飯田の春を散策。
遠山郷:いろりの宿「島畑」を後にし飯田市天竜峡へ。
ここは、2009年に全国初の”吟行適地宣言”を行いました。

吟行とは、 和歌や俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること。
題材を求めてここでは、地元案内人の三国さんの案内で、天竜峡の春を散策しました。
桜は、まだまだつぼみの木もありましたが、中には七分咲きの木もありました。






一行は、さらに天竜川沿いを散策。
「つつじ橋」というつり橋では、こんな一幕も。高所恐怖症で案内人の方のお陰で、やっとの思いで渡っていました(汗)
(写真は参加者でもあるスタッフです。)




つり橋を渡りきり、今度は展望台へと、ひたすら坂を登りました。
展望台から見下ろす天竜川は、雄大な眺めでした。


春の散策も終わり竜峡亭にて、句会を行いました。句会は、まず2グループに分かれ俳句を制作。
その中から各々が良いと思う二句を選句。そして選句数が最も多い作品が、披露・講評されました。
<選句された優秀作品>
『石碑道 枯れ葉押し上げ 黄水仙』
『お練にて 一期一会の 春の旅』

皆さんがほぼ初めてとの事ですが、他にも初めてとは思えない作品がいくつも生まれました。


次に竜峡亭の若女将から、竜峡小唄のお稽古(踊り)のレクチャーを受け皆さんで、竜峡踊りをマスター。最後に、若女将から直々に竜峡小唄免状が手渡されました。
(写真はスタッフ)
その後、昼食をいただき無事、ツアー全日程を終了しました。

2日間という忙しいスケジュールではあったけれど、参加者の皆様に満足いただいた様子で、
スタッフとしても嬉しく思いました。
と共に、皆様の出資に対する思いを聞き、改めて身の引き締まる思いでした。
これからも出資者の皆様と共に、このおひさま共同発電所の取り組みを拡げていきたいと思います!
おひさま・お練りまつりツアー 1/2 [2010年03月31日(Wed)]

おひさまエネルギーファンド(株)の事業母体である、おひさま進歩エネルギー(株)は、長野県飯田市において、弊社の事業見学ツアー『おひさま発電所と飯田お練りまつりツアー』を開催しました。
平成22年3月27日・28日

これは、毎年おひさまファンドとおひさま進歩が実施しているもので、全国の市民からの出資により、2004年から開始している太陽光発電をはじめとした自然エネルギー事業を出資者に見学して頂くものです。
今回は、飯田市で7年に一度開催される「お練りまつり」と飯田の春を楽しんでいただきました!

この日は、お陰さまで晴天にも恵まれ、青空の下まずは、弊社の取り組みとしてパネルの見学。祭りの慌しい雰囲気の中でしたが、皆様真剣に説明を聞いてくださいました。

事業説明が終わったところで、今回のメインである「お練まつり」を観覧しました。弊社の社長・原の地元からも「上茶屋黒獅子舞」が出演、出資者ツアーのために、舞を舞ってくれました。
獅子舞の他にも、大名行列や太鼓など全42団体が各々の演出を披露。街全体が祭り一色に包まれました。


観覧を終え祭りの賑わいをあとに一同は、宿泊先へ。飯田市から約一時間半かけ、長野県最南端の山と渓谷に囲まれた里山・遠山郷にある、いろりの宿「島畑」に着きました。


ここで一旦休憩後、これまでのファンドを含めた全体の弊社取り組みと、今後の事業展開などを紹介させていただきましました。


夕食は、囲炉裏を囲んで「島畑」自慢の鹿肉料理など、山の幸・川の幸を堪能しました。
ここで出資者の皆様の出資に対する思いや、環境へのお考えなどを、直接お聞きすることができ、我々スタッフにとっても、とても励みになりました。


つづく
飯田の春とお祭りを堪能する「おひさま発電所と『飯田お練りまつり』ツアー」を開催します〜おひさまファンドよりお便りです〜【おひさまファンド・メールニュース10/3/16号】 [2010年03月16日(Tue)]

2010年3月16日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。おひさまファンド募集担当の永田光美です。

「おひさまファンド2009」は、おかげさまで募集金額7,520万円を
達成しております。
募集状況は、こちらをご覧ください。

今後のファンドの予定も、随時お知らせしてまいります。

おひさまファンドの事業主体である、おひさま進歩エネルギー
株式会社は、今年も事業見学ツアーを開催いたします。

中田英寿のオフィシャルホームページ nakata.net に、
おひさまファンドの取締役飯田哲也(環境エネルギー政策
研究所所長兼務)の連載コラムが掲載されています。
今回は連載第4回です。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/3/16TUE http://www.ohisama-fund.jp/

1)【イベントのお知らせ】
 「おひさま発電所・お練りまつり見学ツアー」
 平成22年3月27日(土)〜28日(日)

2)【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/03/10
 飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
 連載第4回 〜危うし「温暖化対策基本法」〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【イベントのお知らせ】
 「おひさま発電所・お練りまつり見学ツアー」
 平成22年3月27日(土)〜28日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の事業主体である、
おひさま進歩エネルギー株式会社は、本年も事業見学ツアーを開催します。
これは、毎年おひさまファンドとおひさま進歩が実施しているもので、
全国の市民からの「おひさまファンド」を通じた出資により、
2004年から開始している太陽光発電をはじめとした自然エネルギー事業を
出資者に見学して頂くものです。
今年は7年に一度「飯田お練りまつり」と飯田の春をお楽しみ頂けます。

寅と申の年の3月(数えで7年に1度)、
飯田市の大宮諏訪神社の大祭に合わせて行われるのが「飯田お練りまつり」です。
飯田で300年以上の歴史のあるお祭りで、
市内および近隣町村から42団体が参加し、
獅子舞や太鼓、踊りなどが多数繰り出し、飯田市街地を盛り上げます。

■本年の飯田の大祭とお練りまつりは、飯田市のホームページをご覧ください。
http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/event/detail.jsp?id=5086

今回のツアーは、出資者の方を対象とさせて頂いています。
また、定員に達し次第、お申し込みは締め切らせて頂きます。

ツアーは、平成22年3月27日(土)〜28日(日)、1泊2日で行います。
■詳細、お申し込みは添付資料をご覧ください。

2. 【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/03/10
 飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
 連載第4回 〜危うし「温暖化対策基本法」〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策
研究所所長兼務)の連載コラムが、プロサッカー選手中田英寿の
オフィシャルホームページnakata.netに掲載されました。
今回は連載第4回です。

nakata.netは、個人がより良い社会をつくっていくための選択を
提案し、中田英寿の視点から、個人が行動したくなる見近な
情報を発信しています。

【タイトル】
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
環境エネルギー専門家によるコラム
 〜危うし「温暖化対策基本法」〜

【記事概略】
鳩山政権が国連で公約した「25%削減」を達成するために、
今年の夏までに温暖化対策基本法を成立させる予定です。
この温暖化対策は、新政権のマニフェストの中でも、
鳩山首相自ら「25%削減」を国内外で公言し、
国民の多くから支持されてきた目玉といえるでしょう。
その温暖化対策の礎(いしずえ)となるべき「温暖化対策基本法」
が、ここにきて官僚や産業界の巻き返しによって
「マニフェスト違反」となる骨抜きがされようとしています。
何がどう「骨抜き」にされようとしているのか、具体的に見て
みましょう。
大きなポイントは5つあります。
温暖化対策にとっても鳩山政権の政治主導に関しても、
正念場を迎えています。

■コラム本文は、こちらです。
 
最後までご講読くださいまして、ありがとうございます。
おひさまファンドメールニュースの登録はこちらです。
【セミナーのお知らせ】〜自然エネルギー政策公開セミナー〜『全量全種固定価格買取制度(FIT)の実現に向けて』【おひさまファンド・メールニュース10/3/10号】 [2010年03月15日(Mon)]

2010年3月10日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。おひさまファンド募集担当の永田光美です。

3月12日(金)午後におひさまファンドの取締役飯田哲也が
所長を務める環境エネルギー政策研究所と
法政大学サステイナビリティ研究教育機構共同主催の
自然エネルギー政策公開セミナーを環境省、東京都環境局
の後援で、開催いたしますのでご案内させて頂きます。

飯田哲也が論点説明を行い、民主党参議院議員前田武志氏、
環境省田島一成氏、経済産業省資源エネルギー庁齋藤圭介氏、
国家戦略室梶山恵司審議官、シャープ(株)等の先進的な
太陽光を始めとする自然エネルギー事業者、朝日新聞編集
委員竹内氏、日本投資銀行竹ケ原氏等が自然エネルギー政策
について公演を行います。

詳細、開催主旨、お申し込みは下記をご覧ください。

【セミナー開催のご案内】 (転載歓迎)
==========================================================
環境エネルギー政策研究所/法政大学サステイナビリティ研究教育機構 連携企画
              自然エネルギー政策 公開セミナー

        「全量全種の固定価格買取制度の実現に向けて」
==========================================================

【開催日時】2010年3月12日(金)13:30〜17:00(13:00開場)
【開催場所】法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 6階 さったホール
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
      ご来場の際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

【参加費】無料 (事前のお申込みが必要です)
【お申込み】E-mail(sympo2010@re-policy.jp)または
      FAX(03-3319-0330)まで
      お名前、御所属、ご連絡先(E-mail)をお知らせください。
      お申込み用のチラシはこちら。

【主催】 特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
      法政大学サステイナビリティ研究教育機構
【協力】 自然エネルギー政策プラットフォーム(JREPP)
【後援】 環境省(予定)、東京都環境局

【開催趣旨】
日本政府は地球温暖化対策の中期目標として、2020年温暖化ガス
25%削減を掲げ、コペンハーゲン合意に基づく表明をしました。
この目標を達成するための中長期ロードマップにおいては、世界的に
導入が進む自然エネルギーが極めて重要な役割を果たすことが期待
されています。その中、検討が進んでいる地球温暖化対策基本法案
においては、2020年までの自然エネルギー導入量を一次エネルギー
に対して10% まで拡大する目標が掲げられています。
こうした本格的な自然エネルギー拡大の実現のための新たな政策
として、自然エネルギーにより発電された電力について全量全種の
固定価格買取制度(FIT)の導入に向けた検討が進められています。
本セミナーでは、国内における自然エネルギー政策の大きな転換点
となる全量全種の固定価格買取制度はどうあるべきなのか、
また実現に向けた課題や自然エネルギーへの社会的合意などに
ついて集中的に議論を行います。

【プログラム(予定) 】

第1部(13:30〜)

・開会挨拶: 法政大学サステイナビリティ研究教育機構 
・講演(政策): 民主党参議院議員 前田武志 ほか政策関係者(予定)
・講演(論点): 環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也
         「自然エネルギー政策のあるべき姿とは」

第2部(14:50〜)

・報告「各自然エネルギーの現状と課題そして提言 」 
 ・太陽光発電 シャープ株式会社
 ・風力発電 風力発電事業者懇話会
 ・地熱発電 日本地熱開発企業協議会
 ・小水力発電 全国小水力利用推進協議会
 ・バイオマス発電 日本木質ペレット協会

             〜休憩〜

第3部(16:00〜) パネルディスカッション

・「全量全種の固定価格買取制度の実現に向けて」
  パネリスト :自然エネルギー関連団体(第2部講演者)
          日本政策投資銀行
          消費者関連団体(予定)、環境NGOほか

 ・論点1 自然エネルギー普及の社会的責任と経済的負担のあり方
 ・論点2 全量全種の固定価格買取制度実現のためのガイドライン
 ・論点3 非経済的障壁解決への社会的合意 に向けて

閉会(17:00)

■詳しくは、こちらです。 
西友の店頭募金「温暖化防止おひさま募金」より296万円の寄付金を頂きました。〜おひさまファンドよりお便りです〜【おひさまファンド・メールニュース10/2/25号】 [2010年03月15日(Mon)]

2010年2月25日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「おひさまファンド2009」は、おかげさまで募集金額
7,520万円を達成しております。現在の募集状況は、
こちらをご覧ください。
http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

今後のファンドの予定も、随時お知らせしてまいります。

本年も、(株)西友様の店頭募金「温暖化防止おひさま募金」より
おひさまファンドに296万円の寄付金を頂きましたので、
ご報告させて頂きます。

中田英寿のオフィシャルホームページ nakata.net に、
おひさまファンドの取締役飯田哲也(環境エネルギー政策研究所
所長兼務)の連載コラムが掲載されています。
今回は連載第2回です。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/2/25THU http://www.ohisama-fund.jp/

1)【お知らせ】
西友の店頭募金「温暖化防止おひさま募金」より296万円の
寄付金を頂きました。

2)【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/02/09
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
〜リアリティに碇を降ろす〜

3) <今週の出資者の声> 
〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 西友の店頭募金「温暖化防止おひさま募金」より
296万円の寄付金を頂きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『(株)西友』が、2009年に全店舗で実施した『温暖化防止
おひさま募金』で集まった総額約296万円を、2010年1月、
おひさまファンドに寄付くださいました。

この寄付金は、当社が運営する「おひさまファンド2009」
を通じて、長野県駒ヶ根市の幼稚園のソーラーパネルの
設置費用の一部として活用される予定です。

「西友」は環境活動の一環として、「おひさまファンド」の
「市民自らが参加して、地域と一体となって持続可能な
エネルギー社会を構築しよう」という主旨に共感し、
2007年9月に店頭に「温暖化防止おひさま募金」を設置。
以降、2008年6月までに集まった約170万円、
2008年7月〜12月までに集まった約167万円、を同ファンド
に寄付し、ファンドを通じて長野県一帯の保育園のソーラー
パネル設置費用の一部として活用されました。

今回の寄付を記念して、幼稚園に記念のパネルを設置予定です。
設置された際には、ソーラーパネルを載せた幼稚園の写真と
共にあらためて、ご紹介させて頂きます。

この場をお借りして、西友様、そして西友店頭の「温暖化防止
おひさま募金」に寄付してくださいました西友のお客様に、
あらためてお礼を申し上げさせていただきます。
ありがとうございました。

皆様のあたたかなサポートの下、おひさまエネルギーファンドは 、
今後も自然エネルギーの普及に努めてまいります。

■西友店頭募金「温暖化防止おひさま募金」の募金箱の写真は
こちらです。


――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/02/09
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
〜リアリティに碇を降ろす〜
――――――――――――――――――――――――――――――
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策
研究所所長兼務)の連載コラムが、プロサッカー選手中田英寿の
オフィシャルホームページnakata.netに掲載されました。

nakata.netは、個人がより良い社会をつくっていくための選択を
提案し、中田英寿の視点から、個人が行動したくなる見近な情報を
発信しています。

【タイトル】
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
〜リアリティに碇を降ろす〜
環境エネルギー専門家によるコラム

サブタイトル
●可能、不可能の前に考えるべきこと
●「不可能」という思い込み
●ビジョンなき行動
●リアリティに碇を降ろす

【記事概略】
昨年のコペンハーゲンで開催された気候サミット(COP15) での
合意(コペンハーゲン合意)に基いて、各国が1月末までに申告する
ことになっていた2020年までの削減目標に、 日本政府は、
いくつかの条件付きながらも、正式に 「1990年比温室効果ガス
25%削減」を伝えました。

これに対して、おもに産業界や一部の専門家などから
「絶対に不可能だ」や「コスト負担が大きい」「日本が突出している」
といった理由で批判の声があります。

今回は、「絶対に不可能だ」という批判が出てくる背景を考えます。

■コラム全文は、nakata.net をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 「おひさまファンド2009」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な
原動力です。出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて
頂きます。

「こういうファンドを使ったことが素晴らしい。」
           仲谷 宏正 様  (石川県、男性、50代)

「素晴らしいファンドを通じて日本を元気にしてほいです。」
           吉野 修一 様 (東京都、男性、30代)

出資者の皆様と共に、今後も温暖化防止に向けて取り組んで参ります。
意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

メールニュースの登録はこちらです。