CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年12月 | Main | 2010年02月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
【メールニュース】nakata.net 掲載コラム:『飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」』〜「おひさまファンド」からお便りです【おひさまファンド・メールニュース10/1/19号】 [2010年01月19日(Tue)]

2010年1月19日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
石垣島を一人で廻った時に、桜の開花が1月初旬と聞いて驚きました。
でも花見の習慣は石垣にはないんだヨ、と地元のおじいさんが言うのを
聞きながら、騒音もゴミもない静かな穏やかなお花見を思い描いたもの
でした。いつか訪れてみたい1月の石垣です。

中田英寿のオフィシャルホームページ nakata.net に、
おひさまファンドの取締役飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長
兼務)のコラムが掲載されました。

(独)科学技術振興機構研究開発センター編集による、飯田哲也はじめ
有識者の共著が出版されました。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/1/19TUE http://www.ohisama-fund.jp/

1)【著書出版:飯田哲也他】 2009/12
 『グリーン・ニューディ−ル オバマ大統領の科学技術政策と日本』
 (独)科学技術振興機構研究開発センター編集

2)【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/01/12
 飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
   〜コペンハーゲン、そしてこれからの10年〜

3) <今週の出資者の声> 
 〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 【著書出版:飯田哲也他】 2009/12
『グリーン・ニューディ−ル
 オバマ大統領の科学技術政策と日本』
(独)科学技術振興機構研究開発センター編集
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長
兼務)と他有識者の方々との共著が、(独)科学技術振興機構より発刊され
ましたので、是非ご一読ください。

【タイトル】
『グリーン・ニューディ−ル オバマ大統領の科学技術政策と日本』
独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター編

【本書紹介】
本書は、オバマ大統領の科学技術政策を詳細に解説。
更に、我が国は何をすべきか、世界にどう貢献していくのか、
我が国の代表的な識者の見解を掲載。

■本書チラシはこちらをご覧ください。

■アマゾンでもご購入頂けます。

――――――――――――――――――――――――――――――――

2. 【メディア掲載情報:飯田哲也】nakata.net 2010/01/12
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」
〜コペンハーゲン、そしてこれからの10年〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長
兼務)のコラムが、プロサッカー選手中田英寿のオフィシャルホームページ
nakata.net に掲載されました。 

nakata.net は、個人がより良い社会をつくっていくための選択を提案し、
中田英寿の視点から、個人が行動したくなる見近な情報を発信しています。

【タイトル】
〜コペンハーゲン、そしてこれからの10年〜
飯田哲也の「あしたの社会のつくり方」

【サブタイトル】
●歴史のなかでコペンハーゲンを捉える
●コペンハーゲンで決まったこと決まらなかったこと
●これからの10年を見通す
●「第3の開国」のとき

【記事概略】
コペンハーゲンには、鳩山首相やオバマ米大統領をはじめ
119カ国もの首脳が一堂に会し、事実上の「サミット」となりました。
これまでは、基本的に各国の環境大臣による会議でしたから異例とも
言えますが、これは地球温暖化問題がそれだけ重要な政治問題だと
受け止められている証です。4万人もの参加者という規模も、
せいぜい1万人程度だったこれまでの会議の中ではずば抜けていました。
〜〜
コペンハーゲンでは、オバマ大統領を中心に首脳自身が議論して、
文章に手を入れ、最終合意案を練り上げました。
こうした外交文書は、国連や主催国の事務方が念入りに詰めて、
首脳は演説をしたり、儀式的な署名をするのが通例ですから、
ほとんど前例のないことです。しかし、世界各国のトップが、
外交儀礼を飛び越して、お互いの顔の見える信頼関係のもとで
生み出した文書の意味は大きいと考えます。
「歴史が動いた」ことを実感した一コマです。
〜〜
昨年の政権交代で、「2020年までに1990年比25%削減」という、
先進国として最低限の目標を掲げた日本は、コペンハーゲン後の
世界への「入場券」を手にしています。また、暮れに出た鳩山戦略の
「成長戦略」も、自民党政治への問題意識も踏まえて、
方向性を変えようという目線はあります。

しかし、どちらも中途半端に見えます。「25%削減」については、
具体的な政策がほとんどなく、実現の道筋が全く見えないことです。

これからの10年は、想像を超える変化と困難が待ち受けていますが、
それに立ち向かう大きな可能性もあります。日本だけがそれに背を向けて
内向きに閉じこもっているように感じるのは、私だけではないはずです。
明治維新、終戦に次ぐ、「第3の開国」のときではないでしょうか。

■コラム全文は、nakata.net をご覧ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――

3. 「おひさまファンド2009」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な原動力です。
出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて頂きます。


「エコロジーを舵とりに、市場メカニズムを推進力に、大きく伸ばしましょう!」
             H.O. 様  (埼玉県、男性、60代、大学教員)

「年々、夏の暑さが異常になって参りました。太陽光発電の普及が進みますように。」
             服部 敬子 様  (兵庫県、女性、60代)

「借家で太陽光発電はできないし、子供の世話で精一杯でエコイベントにも
出られないですが、私のお金が役に立ってくれるといいです。」
             A.M 様 (愛媛県、女性、30代)


出資者の皆様と共に、今後も温暖化防止に向けて取り組んで参ります。
意思あるメッセージと行動をありがとうございました。


おひさまファンドメールニュースの登録はこちらです。
【メールニュース】「明るいエネルギー立国のつくり方。太陽型社会へようこそ!」ソトコト2月号〜おひさまの事業が紹介されました。〜【おひさまファンド・メールニュース10/1/12号】 [2010年01月18日(Mon)]

2010年1月12日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。おひさまファンド募集担当の永田光美です。

野鳥にも餌が不足するこの時期、私も植木鉢の受皿を使って庭に
小さな即席の餌場水場を作ってみました。メジロ、ウグイス、カケス
など様々な鳥たちの訪問を日々楽しんでいます。

ロハスピープルの為の快適生活マガジン、ソトコト2010年2月号に、
おひさまファンドの事業を担う、おひさま進歩エネルギー株式会社
(本社:長野県飯田市、代表取締役:原亮弘)が紹介されました。

おひさまファンドの取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)の
最近の掲載記事をご紹介いたします。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/1/12TUE http://www.ohisama-fund.jp/

1)【メディア掲載情報:おひさま進歩エネルギー/長野県飯田市】
〜明るいエネルギー立国のつくり方。太陽型社会へようこそ!〜
ソトコト2010年2月号

2)【メディア掲載情報:飯田哲也】
『2010年 注目の論点』飯田哲也 x 杉山大志
〜週間ダイヤモンド新年合併号「特集 総予測2010」

3) <今週の出資者の声> 
〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【メディア掲載情報:おひさま進歩エネルギー】
〜明るいエネルギー立国のつくり方。太陽型社会へようこそ!〜
ソトコト2010年2月号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜日出ずる国は、ソーラーの最適地です! 日本の太陽エネルギーガイド〜

おひさまエネルギーファンド株式会社(代表取締役:原亮弘)の本社がある
長野県飯田市が、”ロハスピープルの為の快適生活マガジン”、
ソトコト2010年2月号に掲載され、おひさまファンドの事業を担う、
おひさま進歩エネルギー株式会社(本社:長野県飯田市、代表取締役:原亮弘)
が紹介されました。

【タイトル】
明るいエネルギー立国のつくり方。太陽型社会へようこそ!
〜日出ずる国は、ソーラーの最適地です! 日本の太陽エネルギーガイド〜
”ハスピープルの為の快適生活マガジン”ソトコト2010年2月号

【記事冒頭】
住宅の屋根、ビルの屋上、山々に囲まれた広大な平原。。
日本にだって、太陽光発電を行える場所はたくさんあります。
太陽光発電に適する条件を、太陽エネルギーに力を入れて取り組んでいる
日本の地域を紹介します。

■詳しくは、記事本文をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【メディア掲載情報:飯田哲也】
週間ダイヤモンド新年合併号〜特集 総予測2010『2010年 注目の論点』
――――――――――――――――――――――――――――――――
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、代表取締役:原亮弘)
の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)のコメントが、
週間ダイヤモンド新年合併号〜特集 総予測2010『2010年 注目の論点』 に
掲載されました。 

【タイトル】 週間ダイヤモンド新年合併号〜特集 総予測2010
『2010年 注目の論点』ーCO2 25%削減

【記事冒頭】
鳩山首相が打ち出した環境政策。 そこから生まれる新市場も含めて、
「これが民主党の 成長報酬」とのことだが、はたして可能なのか。

「環境税、キャップ&トレード 自然エネルギーの買取で実現」
飯田哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)

「『条件付き・努力目標』にとどめ排出量取引の導入は取りやめよ」
杉山大志 (電力中央研究所上席研究員)

■詳しくは、記事本文をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 「おひさまファンド2009」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な原動力です。
出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて頂きます。


「グリーン・エネルギーのウェイブの予感。高く強い波にしましょう!」
             H.O. 様  (埼玉県、男性、60代、大学教員)

「これからの地球の電力源は、再生可能エネルギー以外ありえないと
思うから。」       本田 孝雄 様  (愛媛県、男性、40代)

「もっとたくさんの人に広がるといいなあと思います。」
             川上 吉哉 様 (東京都、男性、40代)


出資者の皆様と共に、今後も温暖化防止に向けて取り組んで参ります。
意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

おひさまファンドメールニュースの登録はこちらです。
EICネット『エコナビ』におひさまファンドが紹介されました。〜【おひさまファンド・メールニュース10/1/4号】 [2010年01月04日(Mon)]

2010年1月日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。おひさまファンド募集担当の永田光美です。

明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
みなさまにとって良い一年となりますよう、お祈りしております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

環境省の外郭団体、(財)環境情報普及センターが運営するサイト、
EICネット『エコナビ』に、市民主導の自然エネルギー普及の事例として
おひさまファンドが紹介されました。

おひさまファンドの取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)の
記事を幾つかご紹介いたします。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/1/4MON http://www.ohisama-fund.jp/

1)【メディア掲載情報:おひさまエネルギーファンド】
環境省の外郭団体、(財)環境情報普及センターが運営するサイト、
EICネット『エコナビ』におひさまファンドが紹介されました。

2)【メディア掲載情報:飯田哲也】
1' 環境goo <ここが変わる!温暖化対策〜キーパーソンは語る>
「25%削減はできる 今こそ再生可能エネルギーに挑戦を」
2' gooニュース「太陽光トップ3に挑むシャープ」

3) <今週の出資者の声> 
〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【メディア掲載情報:おひさまエネルギーファンド】
EICネット『エコナビ』におひさまファンドが紹介されました。
自然エネルギー生活004 市民主導の自然エネルギー普及
ー自然エネルギーを使うー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このEICネットは、環境省の外郭団体、(財)環境情報普及センターが
運営するサイトで、インターネットを活用した環境情報の提供や
情報交流の促進を図ることを目的に開設されたものです。
中でも今回紹介された『エコナビ』は、私たちのライフスタイルが
環境問題と密接に関わることに着目し、一人ひとりが日々の生活や
行動を見直して、各々の個性や状況にあった「エコ」を選択・実践
していくための情報を提供をしています。

【タイトル】
自然エネルギー生活004 市民主導の自然エネルギー普及
ー自然エネルギーを使う・3ー

【サマリー】
自然エネルギー設備の設置を個人で行うには、 まだまだ多額の費用が掛かり
ますが、私たち一人一人が少しづつお金を出し合って(出資して)
自然エネルギー設備を設置し事業を行うことができます。

これは「市民出資」という仕組みで、 事業によって得られた利益を出資者が、
きちんと受けることができる点に特徴があります。
この仕組みは民主的なエネルギー政策に関心の高いデンマークで,
もともと始められたもので、 日本も同じマインドを引き継ぐものです。

また、市民出資にはこの他にも多くの利点があります。 例えば、大切な人への
プレゼントとして出資をしたり、 出資者と現地をつなぐツアーを通じて
地域活性化を行うなどです。

■詳しくは、EICネット『エコナビ』をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【メディア掲載情報:飯田哲也】
(1) 環境goo <ここが変わる!温暖化対策〜キーパーソンは語る>
「25%削減はできる 今こそ再生可能エネルギーに挑戦を」
(2) gooニュース「太陽光トップ3に挑むシャープ」
――――――――――――――――――――――――――――――――
(1) 環境goo <ここが変わる!温暖化対策〜キーパーソンは語る>
「25%削減はできる 今こそ再生可能エネルギーに挑戦を」

おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)
のコラムが09年12月17日付の環境gooに掲載されました。

【タイトル】
「25%削減はできる 今こそ再生可能エネルギーに挑戦を」
飯田哲也インタビュー

新政権が打ち出した25%削減目標。これには、「経済に悪影響を与える」
「いや、もっと高い目標を設定すべき」など、さまざまな意見があります。
地球温暖化対策に取り組む専門家などによって設立された
NPO法人環境エネルギー政策研究所の所長を務めながら、現在、新政権の
温暖化問題閣僚委員会タスクフォース会合の有識者委員など、いくつもの
検討会に参加する飯田哲也氏に、25%削減目標の実現可能性やその影響について
聞きました。

■記事本文はこちらをご覧ください。

(2) gooニュース「太陽光トップ3に挑むシャープ」

おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の取締役、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)
のコラムが09年12月15日付のgooニュースに掲載されました。

【タイトル】
「太陽光トップ3」に挑むシャープ
1. 日本の「太陽光発電世界一」は遠い昔
2. 国際感覚あふれるスピード感が必要

鳩山首相が「温室効果ガス25%減」を打ち出し、
今後国内メーカーは、グリーン技術の開発・普及をいっそう加速することは間違いない。
なかでも、日本の環境技術で「お家芸」とされてきた太陽光発電に関しては、
2009年11月から旧政権の置き土産の太陽光発電からの電力買い取り制度
(フィードインタリフ)が始まり、民主党もマニフェストで重点化を公約している
こともあって、今後ますますの成長が期待されている。
 
世界に目を転じると、太陽光発電の市場規模は2005年の
132万キロワット(1兆円規模)から2008年には556万キロワット(4兆円規模)
へと、わずか3年で4倍もの急成長をしており、この先、2020年に1億9700万
〜2億7600万キロワットに拡大すると見込まれている。この太陽光発電市場の
急成長にともなって、グローバル市場競争がいっそう激しくなってきている。

こうした中、今後、日本の太陽光発電企業は、グローバル市場をめぐって
競争相手たちに伍して、はたしてグローバル起業としてトッププレイヤーを
維持続けることができるか。

■記事本文はこちらをご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 「おひさまファンド2009」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な原動力
です。出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて頂きます。


「微力ながら地球温暖化対策に少しでもお役に立ちたいと思い、
応募しました。」
             増田理奈 様  (愛知県、女性、20代)
            

「今、私ができる、選べるエネルギーとして、おひさまファンドを
選びました。」
             森藤孝司 様  (佐賀県、男性、40代)
             
「飯田市民としてカーボンオフセットの一助に。」
             関島雅直 様 (長野県、男性、60代)


出資者の皆様と共に、今年も温暖化防止に向けて取り組んで参ります。
意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

おひさまファンドメールニュースの登録はこちらです。