CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年05月 | Main | 2008年07月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2008年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
出資者の声をご紹介します [2008年06月18日(Wed)]

こんにちは。
東京事務所の谷口です。
出資に際してのアンケートをご紹介させていただきます。

「投資には興味はあっても、リスクの文面にビビッて資料を請求するのみでした。
おひさまファンドの自然エネルギーをみんなの力で育む活動を知り、これなら私にもできるかもと、今回の投資を決めました。これでプラスになれば、なお、うれしい。
自身もリサイクルや庭先、地域の緑化など、心がけていこうと思います。」

ありがとうございます。募集する私たち自身も生活から心がけます。

「内部での不正等で事業が失敗することだけはしないように、お願いします。
 『失敗しても不正はしない』で。 」

そのとおりです。社内みなで身に刻みます。もし何かお気づきの点がありましたらいつでもご指摘ください。

「名古屋でのセミナーに参加して、自然エネルギーの大きな可能性を感じることができました。すでに出資していますが増額したいと思いますのでよろしくお願いします。 」

大変うれしいお言葉をありがとうございます。私どもも自然エネルギーへのシフトを起こしていくことを、どこまでもあきらめずに実施します!

また後日ご紹介させていただきます。
他のメッセージは記名の木に記載しておりますのでご覧ください。
http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html
Posted by 笹川桃代 at 16:47 | 出資者の声 | この記事のURL | コメント(0)
事業報告書を作成しています [2008年06月17日(Tue)]

こんにちは。
東京事務所のおひさまエネルギーファンド募集担当 谷口です。



今、温暖化防止おひさまファンドに出資してくださった方に向けて、昨年度出資していただいた皆さんからのお金で順次設置してきました事業の内容を、事業報告書としてまとめております。
昨年度から稼動した発電機は順調に発電しております。

まだ設置のための資金があと2億ほど足りませんので、今年度事業分を事業規模縮小ではなくなんとか集めたいと思っております。(詳しい事業計画書はご請求の資料の中に入っております。)

おひさまファンドは必ず環境貢献になります。
私たちはすばらしい環境に生きてくることができましたので、温暖化から子供たちの未来を守っていきましょう。

今週末6月21日(土曜)東京でのセミナーに向けても準備をしております。
「福田ビジョン」発表!太陽光世界一の座奪還へ? [2008年06月11日(Wed)]

みなさん、こんにちは!
東京事務所、おひさまファンド募集担当の笹川桃代です。

今週月曜日(9日)に、福田首相が7月7日に開催される洞爺湖サミットをにらんで、温暖化防止に向けた取組み方針(福田ビジョン。演説名は「低炭素社会・日本」)を発表しましたね。

*福田首相6月9日スピーチ「低炭素社会・日本」はこちら;
http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaphoto/2008/06/09speech.html

スピーチの概要は、以下の通りです。

【主な内容】
・長期目標として、2050年に現状から60〜80%の温暖化効果ガスを削減する。
・中期目標の具体的な数値は示さなかったが、2020年に向けた世界全体の排出量をピークアウト(頭打ちにして減少)させる必要があるという認識を明言した。
・国内排出量取引制度の導入を前提とした試行的実施を今秋に開始することを発表した。
・(ドイツから)太陽光発電世界一の座を奪還するため、導入量を2020年までに現状の10倍、2030年には40倍に引き上げることを目標として掲げた。
・・・等々です。

日本政府として、国としての長期目標を掲げたのはとても画期的です!
これは、昨年出されたIPCCの第4次レポートや昨年末のCOP13バリ会議での認識を改めて日本として認めるものです。

特に注目に値するのは、太陽光発電の普及目標です。

日本では、2005年に政府による個人向け太陽光パネルの設置補助が打ち切られ、その後導入量が伸び悩むでいます。
一方、2004年の再生可能エネルギー法の改正によって太陽光発電からの電力を高価格で買い取ることが義務づけられたドイツは、2004年で単年度導入量で日本を追い越し、翌2005年には累積導入量も日本を追い越して、あっさりと日本の”太陽光発電世界一”の座から引きずりおろしました。

そのドイツから、太陽光発電世界一を奪還することを目標に掲げているのですから、これは相当野心的な目標と思います。

相当な政策的なサポートなしに達成することはできませんから、
太陽光発電普及に普及に向けた政府の施策に大いに期待したいと思っています。


一方、2020年の中期目標の数値がはっきりと示されなかったのは残念でした。
EUでは、2020年に90年比で20%の削減をはっきりと掲げています。
ただし、2020年で世界全体でのピークアウトの必要性は認めているのですから、日本としては必然的に25%〜40%程度の削減目標を掲げる必要はでてくるのではないかと・・・。

今後とも期待を込めて注視していきたいと思います!


*ご参考:環境NGOが様々な声明を出しています。
1)「気候ネットワーク」による意見
  低い中期目標を示唆。G8議長国日本の責任と役割への気概がみえず
  「日本型」セクター別積み上げ方式・排出量取引から脱却を
  http://www.kikonet.org/iken/kokunai/2008-06-09.html

2)「2008 年G8 サミットNGO フォーラム」による意見
 ※おひさまファンドの設立団体の1つでもある環境エネルギー政策研究所の副所長の大林さんが環境ユニットのリーダーを務めています。
http://www.news.janjan.jp/special/0806/0806110300/1.php


2020年頃のピークアウトにむけて今すぐ抜本的な温暖化防止対策が必要です。
私たちは、「おひさまファンド」を通じて、一人でも多くの市民の方と共に、自然エネルギー・省エネルギーの普及に努めていきたいと思います!

6/5号メールニュース [2008年06月11日(Wed)]

メールニュース登録はおひさまファンドのウェブサイトにて。
イベントや最新情報をお知らせします。登録無料です。
登録はこちらへ

<以下は抜粋です>=====================
みなさま

こんにちは!
おひさまファンド・募集担当の東京事務所勤務の笹川桃代です。
ただ今、私は、今月末に予定している第一回目の出資者への事業報
告の作成準備に追われております。

さて、
おひさまファンドは先週末時点で385名の方から、
2億740万円の出資が寄せられています。
先週も速報しました通り、2億円突破しました!!

★募集状況の詳細・出資者の皆さまからのメッセージ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

★セミナー開催の様子を動画でアップしました
 (5月17日名古屋会場の様子)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓    
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/72

募集期間終了まであと2ヶ月。
できるだけ沢山の方に参加していただきたいと願っています。

どうもありがとうございます!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える”
<<温暖化防止おひさまファンド メールニュース>>
2008/6/5 THU http://www.ohisama-fund.jp/ 
*おひさまファンドの申込期限は、7月末までです*

1).【プレスリリース】ローソンと「エコ店舗」を実現!!
  市民出資「おひさまファンド」活用で店舗のCO2を削減
2).【今期最後!・残り僅か!】次回は6/21(土)東京にて、
  「地球温暖化を防止するお金の使い方」セミナー参加者募集中!
3).よくある質問(ワンポイント説明)
 「おひさまファンドの契約の中途解約はできますか?」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【プレスリリース】ローソンと「エコ店舗」を実現!!
  市民出資「おひさまファンド」活用で店舗のCO2を削減
   《6月よりグリーン電力証書の利用も開始》
――――――――――――――――――――――――――――――――

本日付けで、上記のタイトルのプレスリリースを行いました。
主な内容は以下の通りです。

〜〜〜〜〜〜〜(以下引用)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 国内の自然エネルギー事業を進めるために市民から出資を募る市民ファ
ンド「おひさまファンド」を募集・運営するおひさまエネルギーファンド
株式会社(長野県飯田市、代表取締役山口勝洋)は、「おひさまファンド」
を活用して環境省モデル事業として実施している太陽光発電事業において、
株式会社ローソン(東京都品川区、代表取締役社長 CEO 新浪剛史)の南信
州地域内の2店舗で、ソーラーパネルを導入すると共に、同社のエコ店舗
の実現に協力します。

6月中旬より、グリーン電力認証センタ−の認定を受け、「グリーン電力」
の利用もスタートします。
市民出資ファンドを活用した太陽光発電設備の設置はコンビニエンススト
アでは初めてです。

>>>続きはこちらです
http://www.ohisama-fund.jp/press_080605.html
〜〜〜〜〜〜〜(引用終わり)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おひさまファンドを通じて行う太陽光発電事業は、南信州の様々な公共
施設や事業所の屋根に、無償で太陽光パネルを設置して、そこで発電し
た電気を、20年の長期契約で全て買い取っていただくことで、事業収入
を得ています(最終的には出資者の皆さんへの分配原資になります)。

現在、長野県南信州地域では「おひさまファンド」を活用した発電所が、
約90カ所、合計約740kW近くまで導入が進んでいます。
ローソンさんは、同地域内の2つの店舗で太陽光パネル設置のご協力に
加えて、そこから生み出されるグリーン電力証書も本社で買い取って
いただけることとなり、今回プレスリリースを行うことになりました。

「おひさまファンド」への協力の輪が広まっています!
大変ありがたいことです!

★おひさまファンド:太陽光発電事業の仕組み
http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_target_solar.html



――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【今期最後!・残り僅か!】次回は6/21(土)東京にて、
 「地球温暖化を防止するお金の使い方」 セミナー参加者募集中!
――――――――――――――――――――――――――――――――

今年1月にNHKの特集でも取り上げられた長野県飯田市での
市民の出資で自然エネルギー事業を進める「おひさまファンド」の挑戦
を、昨今の温暖化問題の解決策を解説しつつご紹介します。 

今回は、今年1月にNHK「クローズアップ現代」で特集され
た、2005年に飯田市で日本初の「おひさまファンド」を立ち上げた当事者
の原亮弘(当社取締役、おひさま進歩エネルギー社長)が登場します!

温暖化防止に向けてあなたができることを、
更に発見していただく場になればうれしいです!

 *今ファンド募集期間中の最後のセミナーになります(予定)*
*定員まで残席が僅かとおります!*

<イベント名>
"あなたのお金が社会を変える"
「地球温暖化を防止するオカネの使い方」
〜自然エネルギー事業投資セミナー〜

<開催日時>
☆名古屋:5月17日(土)14:00〜16:00【終了!】
☆東 京:5月18日(日)14:00〜16:00【終了!】
☆東 京:6月21日(土)14:00〜16:00<残り僅か>

<セミナーの内容>
1. 地球温暖化防止と自然エネルギー〜欧州の先進事例から日本に〜
“「自然エネルギー」の第一人者” 飯田 哲也
(環境エネルギー政策研究所 所長)

2.南信州からの挑戦〜市民のお金で太陽光発電事業を〜
“NHKで特集されました!”   原 亮弘
   (おひさま進歩エネルギー 社長)

3.「温暖化防止おひさまファンド」の事業及び出資説明

<参加費> 無料です
<定員> 東京会場60名【先着順】

■セミナー会場詳細、お申し込みはこちら☆☆【募集中!】
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓    
http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html

■セミナー開催の様子を動画でアップしました
 (5月17日名古屋会場の様子)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓    
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/72



――――――――――――――――――――――――――――――――
3.よくある質問(ワンポイント説明)
 「おひさまファンドの契約の中途解約はできますか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――
*答え:できません

おひさまファンドへの契約期間は、それぞれ以下の通りになっています。
・A号契約(1口10万円):約10年間
・B号契約(1口50万円):約15年間(延長の場合有り:最長+5年)

この契約期間は、出資対象の事業の期間に対応したものです。
おひさまファンドへの出資金は、環境省等の補助金と併せて、
太陽光パネル等の自然エネルギー利用の為の設備と省エネルギー設備
の導入の初期投資費用として、活用されます。

そして、自然エネルギー事業や省エネルギー事業からの収益で、初期投
資の回収と事業利益を上げる計画になっています。

主な事業である、太陽光発電事業の事業期間は20年、省エネルギー事業
の事業期間は約10年を予定しています。
そのくらいの長期で、初期の設備投資を回収していくという事業の仕組
みになっています。

このように、おひさまファンドへの出資金は、事業へ直接投資されます
ので、中途解約可能でその時点の元金をいつでも受け取ることができる
というような契約にはできない性格のものです。

以上のような理由で、「中途解約はできない」という契約になっています。
ですから、出資いただくお金は、
   ”契約期間に渡って運用可能な”⇔(×短期運用)
   ”余裕資金”  ⇔(×生活資金)
で、お願いしている次第です。

なお、おひさまファンドの出資元本は契約終了時まで据え置きで一括償
還という形はとっていませんので、出資者の皆様へは、契約期間に渡っ
て利益分配金と併せて元本も毎年分割して返還する計画です。

詳しくは、重要事項説明書をご覧ください。

分かりにくい点もあるかと思いますが、
ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい!

★分配スケジュールについては下記頁の末尾に掲載しています:
http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_share.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
|  
|  最後まで読んでくださってありがとうございます!
| 
|  感想や、ご意見、ご質問がありましたら、
|        お寄せいただけると、とても嬉しいです!

|        (おひさまエネルギーファンド 笹川桃代より)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■おひさまファンドの公式Webサイト(出資募集中!7月末まで)
  http://www.ohisama-fund.jp/
  ●リンクしてくださる方、募集しています!
  →http://www.ohisama-fund.jp/contents/link.html
  ●出資者からの応援メッセージはこちら!
  →http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html
  ●スタッフ・ブログ更新しています
  →https://blog.canpan.info/ohisama-fund/
 ■メールニュースをweeklyで配信しています
  ●過去の記事はこちらです
  →https://blog.canpan.info/ohisama-fund/category_15/
  ●メールニュースの解除:
  お手数ながら、info(あっと)ohisama-fund.jp宛に
   【メールニュース配信停止】
  のタイトル名で空メールを送ってください。
  ●ご意見、お問合せは → info (あっと)ohisama-fund.jpまで。
 ■携帯クリック募金キャンペーン実施中!
  →1クリックでおひさまファンドに、クリック募金事務局が1円出資、
  "37グラムの二酸化炭素(CO2)削減"につながります!
 ※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/
    (募金は、携帯電話からのアクセスのみ可能です)
 ※キャンペーンページ:
  http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html
 ※一人1日上限、1回までです。
 <<今日から毎日1日1クリックをお願いします>>
 <<お友達にも、ぜひ紹介してください>>
5/30号メールニュース [2008年06月11日(Wed)]

メールニュース登録はおひさまファンドのウェブサイトにて。
イベントや最新情報をお知らせします。登録無料です。
登録はこちらへ

<以下は抜粋です>=====================
こんにちは!
おひさまファンド・募集担当の東京事務所勤務の笹川桃代です。
東京は昨日から肌寒い気候に逆戻りです。
もう、あっという間に5月も終わりですね。


おひさまファンドは先週末時点で371名の方から、
1億9,740万円の出資が寄せられています。

★募集状況の詳細・出資者の皆さまからのメッセージ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

そして、速報です!
まだウェブサイトには反映できていませんが、
今週27日(火)時点で、とうとう出資金2億円を突破しました!

募集期間終了まであと2ヶ月。
できるだけ沢山の方に参加していただきたいと願っています。

どうもありがとうございます!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える”
<<温暖化防止おひさまファンド メールニュース>>
2008/5/30 FRI http://www.ohisama-fund.jp/ 
    *おひさまファンド募集期間は、7月末までです*

1). 今週末6月1日のNHKスペシャルは要注目!
   「低炭素社会に踏み出せるか〜問われる日本の進路〜 」
2). 【今期最後です!】次回は6/21(土)東京にて、
   新セミナー「地球温暖化を防止するお金の使い方」参加者募集中!
3).よくある質問(ワンポイント説明)
 「目標年間分配利回りの2.1%や2.6%はどういう意味ですか?」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 今週末6月1日のNHKスペシャルは要注目!
   「低炭素社会に踏み出せるか〜問われる日本の進路〜 」
――――――――――――――――――――――――――――――――

今週日曜日のNHKスペシャルは、要注目です!
知り合いの担当の記者さんからご連絡いただきましたのでご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私がこの3ヶ月間取り組んできた番組「NHKスペシャル」が
今度の日曜日(6月1日)の夜9時から放送されますので、
皆さまにお知らせしたいと思い、メールを送らせていただきました。

番組は温暖化対策について取り上げていて、
日本ではなぜ自然エネルギーが普及しないのか、
どのような制度が効果的なのか、ヨーロッパの事例も紹介しながら
考えるものです(この取材のために私もドイツに一ヶ月滞在しました)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用終わり)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とても楽しみですね。
私も是非見たいと思っています。是非、皆様も!

・タイトル:「低炭素社会に踏み出せるか〜問われる日本の進路〜 」
・放送日時:2008年6月1日(日) 午後9時〜9時49分 NHK総合テレビ
・番組のホームページ:
  http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【今期最後です!】次回は6/21(土)東京にて、
   新セミナー「地球温暖化を防止するお金の使い方」参加者募集中!
――――――――――――――――――――――――――――――――

今年1月にNHKの特集でも取り上げられた長野県飯田市での
市民の出資で自然エネルギー事業を進める「おひさまファンド」の挑戦
を、昨今の温暖化問題の解決策を解説しつつご紹介します。 

今回は、今年1月にNHK「クローズアップ現代」で特集され
た、2005年に飯田市で日本初の「おひさまファンド」を立ち上げた当事者
の原亮弘(当社取締役、おひさま進歩エネルギー社長)が登場します!

温暖化防止に向けてあなたができることを、
更に発見していただく場になればうれしいです!

 *今ファンド募集期間中の最後のセミナーになります(予定)*

<イベント名>
"あなたのお金が社会を変える"
「地球温暖化を防止するオカネの使い方」
〜自然エネルギー事業投資セミナー〜

<開催日時>
☆名古屋:5月17日(土)14:00〜16:00【終了!】
☆東 京:5月18日(日)14:00〜16:00【終了!】
☆東 京:6月21日(土)14:00〜16:00

<セミナーの内容>
1. 地球温暖化防止と自然エネルギー〜欧州の先進事例から日本
に〜
“「自然エネルギー」の第一人者” 飯田 哲也
(環境エネルギー政策研究所 所長)

2.南信州からの挑戦〜市民のお金で太陽光発電事業を〜
“NHKで特集されました!”   原 亮弘
   (おひさま進歩エネルギー 社長)

3.「温暖化防止おひさまファンド」の事業及び出資説明

<参加費> 無料です
<定員> 東京会場60名【先着順】

■セミナー会場詳細、お申し込みはこちら☆☆【募集中!】
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓    
http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html


――――――――――――――――――――――――――――――――
3.よくある質問(ワンポイント説明)
 「目標年間分配利回りの2.1%や2.6%はどういう意味ですか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――

おひさまファンドは、目標年間分配利回りとして、
以下を計画しています。

・一口10万円・10年間契約のA号出資者に対しては2.1%
・一口50万円・15年間契約のB号出資者に対しては2.6%

事業が計画通りに進行している場合、
2009年から契約期間中に渡って、それぞれの出資者に対して、
利益分配が行われる計画です。
この数値は、出資元本に対して、毎年どのくらいの利益分配金
が計画されているかを示している数値です。


Q:小質問1:これは元本も併せた金額ですか?
→A:違います。

 現金分配される予定なのは、元本+利益分配金です。
 この数値は、あくまで、利益分配金の換算数値であり、
 元本は別途の返還される計画です。

Q:小質問2:(A号の場合)利益分配金の金額を計算しても、
    2.1%になりません。どうしてですか?
→A:おひさまファンドの出資金の分配計画では、利益分配金に併せて元本を、
 毎年分配していく計画になっています。
 「おひさまファンド」は、契約期間の満期で元本を一括返還するものではありません。 
 ですから、出資元本が年々減っているので、
 毎年2.1%をその時点の元本に対して計算すると計算が合うはずです。


ただし、目標年間分配利回りは事業計画上の数値であり、
計画通りにいかないリスクもありますので、詳細は重要事項説明書をご覧ください。

また、不明点はお気軽にご質問ください!
皆さんからのご質問をお待ちしております!

★分配計画については下記頁の末尾に掲載しています:
http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_share.html

★お申し込みに当たっての注意事項(リスクを含む):
http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_guideline.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
|  
|  最後まで読んでくださってありがとうございます!
| 
|  感想や、ご意見、ご質問がありましたら、
|        お寄せいただけると、とても嬉しいです!

|        (おひさまエネルギーファンド 笹川桃代より)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■おひさまファンドの公式Webサイト(出資募集中!7月末まで)
  http://www.ohisama-fund.jp/
  ●リンクしてくださる方、募集しています!
  →http://www.ohisama-fund.jp/contents/link.html
  ●出資者からの応援メッセージはこちら!
  →http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html
  ●スタッフ・ブログ更新しています
  →https://blog.canpan.info/ohisama-fund/
 ■メールニュースをweeklyで配信しています
  ●過去の記事はこちらです
  →https://blog.canpan.info/ohisama-fund/category_15/
  ●メールニュースの解除:
  お手数ながら、info(あっと)ohisama-fund.jp宛に
   【メールニュース配信停止】
  のタイトル名で空メールを送ってください。
  ●ご意見、お問合せは → info (あっと)ohisama-fund.jpまで。
 ■携帯クリック募金キャンペーン実施中!
  →1クリックでおひさまファンドに、クリック募金事務局が1円出資、
  "37グラムの二酸化炭素(CO2)削減"につながります!
 ※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/
    (募金は、携帯電話からのアクセスのみ可能です)
 ※キャンペーンページ:
  http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html
 ※一人1日上限、1回までです。
 <<今日から毎日1日1クリックをお願いします>>
 <<お友達にも、ぜひ紹介してください>>
さがみはら環境まつり [2008年06月10日(Tue)]

東京事務所の谷口です。
先日の日曜日はエコキャラ大集合の相模原環境まつりイベントにいってきました。
こちらは麻布大学の村山先生のご好意により参加させていただきました。
そしてわれらが岡山県備前のマスコットの『ビゼコちゃん』も参加しました!


天気もくずれる予報の中、雨は降らず、午後からは晴れ間もさして、無事に展示ができました。
また、途中にはビゼコちゃんがステージにあがり、おひさまファンドの紹介をしてもらえる時間もありました。たいへん感謝です。
マスコットがでてくるということもあり、家族づれが多く、また麻布大学内でのイベントなので、同時にオープンキャンパスもやっていて、高校生が多数きていました。
そこで私たちは、子供向けとしてシール(環境意識用)、高校生にはクリック募金のチラシ、大人の方にはおひさまファンドのパンフレットということで、各世代にPRできました。


洞爺湖サミットの煽りもあって、この6月7月は環境のイベントが目白おしです。
各地域で環境に対する意識があがり、日本全国が環境に配慮した国になっていけるとよいですね。石油も高騰している中、まさに今エネルギーも革命をおこしていけることを願っています。
ビゼコちゃん、またおひさま進歩エネルギーのさんぽちゃんも応援しています。












Posted by 谷口 彰 at 09:23 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
WorldBioEnergy2008 report [2008年06月05日(Thu)]

こんにちは!
備前グリーンエネルギー担当の井筒です。

5/26〜30、スウェーデンのヨンショーピンという街で
開催された「WorldBioEnergy2008」に行ってきました。
サイトはコチラ⇒WorldBioEnergy2008

スウェーデンは現在サマータイム。
みんな、夕方あたりからは公園にでて、
水着でのんびりしていました。
白夜なので夜の10時ぐらいまでは明るいです。

さて、会議の状況ですが、参加者数は1162人、
ヨーロッパ、北米からの参加者が多く、
アジア、アフリカ、南米の方がもそれなりにいました。
日本からは、たったの10名程度。
2006年の同会議には、30人以上の参加があったことを
考えれば、すっかりバイオマスのネガティブ論調に、
意気消沈の日本、という姿が浮き彫りです。

まず、日本とヨーロッパのバイオマス市場の規模の違いをご紹介します。
たとえば、日本の木質ペレット生産量は、3万トン程度。
一方、スウェーデンでは200万トンに迫る勢いであり、
ヨーロッパ全体では1000万t以上です。
日本の300倍以上の生産量ですよね。
欧州は、電気やガスの輸出入が盛んにおこなわれているのと同様に、
バイオマスエネルギーの輸出入も盛んにおこなわれています。

これは、会場に置いてあったペレット運搬車です。
タンク後部に、エアーで送り出すパイプ口が見えます。


スウェーデンでペレットがどうやって使われているかというと、CHP(combined heat and power)といって、電気と熱をつくるのによくつかわれています。できた電気は送電線へ流します。一方、熱はお湯をつくって、地域熱供給でパイプを使って地域へお湯を回しています。だからペレットをむっちゃ使うんです。ただ、ヨーロッパがすべて同様の使用方法ではなく、たとえばオーストリアはストーブやボイラーが主流だったりします。ちなみに、ドイツの生産量ががすごい勢いで伸びているようで、スウェーデンを抜くかもしれないといわれています。とにかくヨーロッパはケタ違いですよ!

続いて、バイオ燃料のお話です。
ストックホルムでは、すでにE85(エタノール85%)、
Bryfri95(バイオディーゼル95)がかなり普及しています。
街のガソリンスタンドには、日本のように、
ハイオク
レギュラー
軽油
という表示ではなく、
Bryfri95
Diesel
E85
という3つの表示のスタンドがかなり多かったです。



聞くところによれば、ストックホルムの40〜50%のガソリンスタンドがすでにこのような状況だそうで、欧州でバイオエタノールが最も普及している国として認知されているようです。

日本では、「バイオ燃料は食との競合でダメ」「量がたくさん取れないだろう」というネガティブな意見のみをメディアが取り上げており、すでにあまり動きが取れない状況になっています。

スウェーデンでもメディアは同様の論調が進んでいるそうですが、一方では、第2世代バイオエタノール(砂糖のセルロース、さらにはsoftwood)への移行をみこし、そしてブラジルで製造し、アフリカ市場へバイオエタノールを展開することも視野に入れているそうで、ネガティブ意見のみで固まってしまっている日本の状況とは異なります。

スウェーデンだけでなく、バイオ燃料が(ネガティブな意見があったとて)これだけ普通に使用されている欧州各国のプレゼンを見ていると、なんだか「時代」と「意思決定」の全く違う世界へ来たかのようで、とても刺激になりました。

とはいえ、日本でいかにバイオマスを導入していくのか。
これは、やはり前向きに、多くの関係者のみなさんとともに、
頑張っていきたいな、と考えています。
セミナー開催の様子を動画をアップしました! [2008年06月05日(Thu)]

東京事務所でファンドの募集受付担当をしています、谷口彰です。

遅くなりましたが、5月17日名古屋セミナー開催に際して共催のコミュニティーユースバンクmomoの西井さんよりいただいた応援メッセージをyoutubeにアップしましたので、以下をクリックしてご覧ください。「皆さんは銀行をお使いですか?」お金の流れに関してわかりやすく説明くださってます。
地域が結束してお金の流れを変える、momoさんこれからもよろしくおねがいいたします。



次回のセミナーは、6月21日東京です!
今期最後のセミナーとなる予定ですので、ぜひお越し下さい。

★セミナー詳細・お申し込みはこちら:
http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html
Posted by 笹川桃代 at 10:43 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
2億円突破! [2008年06月03日(Tue)]


東京事務所でファンドの募集受付担当しています谷口彰です。

先週ついに・・・2億円を突破しました!!!
これは、第1号ファンド(南信州おひさまファンド)を2005年に募集した額に匹敵するので、ついに今週記録を更新しました。
人数も385名と、多くの方の協力なしにはここまで達成できませんでした。
本当に感謝です。ありがとうございます。

皆様の声は出資記名の木に随時更新していますのでご覧ください。


今回のファンドもさらに多くの方に知って協力していただけるよう、
ファンドの募集期限の7月末まで努力していきたいと思います。

引き続き、ご協力をどうぞよろしくお願い致します!

※おひさまファンドへのリンクは自由です。
 http://www.ohisama-fund.jp/
DECOスクールにいってきました☆ [2008年06月01日(Sun)]

東京事務所、ファンド受付の谷口彰です。
これから、受付やイベントでのご報告を主に更新していきます。
よろしくおねがいします笑い
本日は国際青年環境NGO団体A SEED JAPAN主催の、
DECOスクール「お金の流れを変えて温暖化を止める方法」に参加してブースを出展してまいりました。



300席の会場に、かなり入ってました。
ゲストは東大の山本良一先生、People Treeのフェアトレード(株)胤森さん、通販生活の(株)カタログハウス竹本さん、DENSOの方などなど、環境にかなり熱心な方々を迎えて、一般の方が取り組める環境についていろいろな角度からお話いただきました。
会場への挙手アンケートがありましたが、意欲の高い方々が多かった様子でした。

会の中でおひさまファンドのお話も何度かあげていただけたので、ブースでも興味をもって見てくださる方が多数いました。感謝です!

会の中でも、「環境に取り組むといってもどの組織が何をしているのかわからないことが多い」という一般の方の声を聞きました。
閉じた環境勉強会ではなく、今後もこういった場がたくさん提供されて、私たちはじめ環境のための活動が多くの方々に認知され、誤解のないように理解された上で、多くの方々にいろいろな形で協力いただけたらよいなと感じる一日でした。

出展させていただきありがとうございました。

おわり
Posted by 谷口 彰 at 23:48 | イベント | この記事のURL | コメント(0)