CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年03月 | Main | 2008年05月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
新セミナー開催!「地球温暖化を防止するお金の使い方」 [2008年04月24日(Thu)]

参加者募集中です!
どなたでもお気軽にご参集くださいませ!!

【転載歓迎です!】
--------------------------------------------------------------
    ”あなたのお金が社会を変える”
    地球温暖化を防止するお金の使い方
〜自然エネルギー事業投資セミナー〜 in 東京・名古屋
--------------------------------------------------------------

http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html

今年1月にNHKの特集でも取り上げられた長野県飯田市での
市民の出資で自然エネルギー事業を進める「おひさまファンド」の挑戦を、
昨今の温暖化問題の解決策を解説しつつご紹介します。 

温暖化防止に向けてあなたができることを、
更に発見していただく場になればうれしいです!

◇日時:

1)名古屋 :5月17日(土)14:00〜16:00(13:30開場)
 →名古屋会場:名古屋国際センター第1研修室
 (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号/
 地下鉄桜通線「国際センター」駅直結、名古屋駅から東へ徒歩7分)
  http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm

2)東京:5月18日(日)14:00〜16:00(13:30開場)
3)東京:6月21日(土)14:00〜16:00(13:30開場)
 →東京会場:カタログハウス本社セミナーホール
  (東京都渋谷区代々木2−12−2/新宿駅南口徒歩10分)
  http://www.cataloghouse.co.jp/study/map_tsem.html

◇プログラム:
1. 地球温暖化防止と自然エネルギー〜欧州の先進事例から日本に=
 "「自然エネルギー」の第一人者" 飯田 哲也
 (NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長)

2.南信州からの挑戦 〜市民のお金で太陽光発電事業を〜
  "NHKで特集されました!"   原 亮弘
 (おひさま進歩エネルギー株式会社 社長)

3.「温暖化防止おひさまファンド」の事業及び出資説明

※名古屋会場では、名古屋発のコミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事の木村真樹さんにもご登場いただく予定です。


◇参加費:無料
◇定員:名古屋会場50名、東京会場60名(先着順)

◇主催:おひさまエネルギーファンド株式会社
◇共催:NPO法人環境エネルギー政策研究所(http://www.isep.or.jp/
◇協力:コミュニティ・ユース・バンクmomo(http://www.momobank.net/index.html

◇お申込方法:
下記の連絡先に、電話、ファックス、ウェブサイト受付フォームからお申し込みください。
おひさまエネルギーファンド株式会社
 TEL: 03-5318-3338
 FAX: 03-3319-0330
 info(アット)ohisama-fund.jp
【お申込フォーム】
https://www.ohisama-fund.jp/cgi-bin/event/
※このセミナーでは、現在募集中の「おひさまファンド」の出資説明も行われますが、出資にご関心が無い方も、テーマに興味がある方は、どなたでもご参加いただけます。
---------------------------------------------------------------
Posted by 笹川桃代 at 19:18 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
「口座を変えれば世界が変わる!」 [2008年04月22日(Tue)]

引き続き、アースデイのご紹介です。
今度は、私が訪問したぜひご紹介ブースです。


●A SEED JAPAN エコ貯金キャンペーン!!


A SEED JAPANでは、2005年よりエコ貯金プロジェクトを立ち上げ、
環境破壊や貧困層の増加、生態系の破壊などといった様々な社会問題が、
私たちの預貯金と深くつながっていることに着目し、
よりエコロジーなお金の流れをつくっていくため、
市民や金融機関に対して普及啓発活動に取り組まれています。

ーー

A SEED JAPANのエコ貯金プロジェクトを担当の土谷和之さんと
ざっくばらんにいろんな意見交換をさせてもらいました。



★私たちのお金が「戦争」の費用に?!

戦争、環境破壊を進める開発など、社会で様々な問題を引き起こし、
私たちが反対していることは沢山あります。
でも、それらの行動にも、「お金」が必要です。
いったいそのお金が、だれからくるのでしょうか?

件の土谷さんは、『おカネで世界を変える30の方法』の中で興味深い試算をされています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(内容の抜粋要約)〜〜〜〜〜〜〜〜

例えば、もし私たちが大手の都市銀行に30万円の預金をしていたとします。
銀行はその6分の1の5万円を日本国債の購入に充て、
5万円の10%の5,000円を米国債券の購入に充て、
アメリカの軍事費は予算の20%だから、
1,000円が戦争のために使われるという計算です。

また、国債購入以外にも、銀行を通じて軍需産業などへ直接投融資されることもあるとのこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私たちが何気なく、「銀行にお金を預けている」という日常的な行為。
こうした「意思の無いお金」は、私たちが意図せずに社会悪に利用されているかもしれないのです。
もう無関心ではいられないですよね?!


★「お金に意思を」→エコ貯金!

エコ貯金とは、
「お金に意思を」もたせ、社会がよりよくなるような貯金投資を選択することです。


A SEEDさんは、「エコ貯金」の形として、

 1)銀行を選ぶー預貯金型エコ貯金
 2)NPOバンクに預けるー出資型エコ貯金
 3)直接支援するー投資型エコ貯金

の3つに分類し、わかりやすく行動を呼びかけています。


自然エネルギーに投資するための出資を呼びかける「おひさまファンド」は、
「投資型エコ貯金」です。

日々の「おひさまファンド」の募集活動の中で、
「自然エネルギーの投資」という観点だけでなく、
社会の悪を発生させないための「エコ投資」という視点も、
一般市民のみなさんに伝えていく必要があるなと感じていました。

土屋さんと意見交換できて、とても新鮮でした。

結論としては、一緒に「エコ貯金」を盛り上げていきましょう!ということ。

一人でも多くの方に、この「エコ貯金」の視点を伝えていくことが、
地球温暖化も含めた社会の様々な問題を考える最初のきっかけになると改めて感じました。




●”営利を目的としない”金融機関ーろうきんー

A SEED さんのブースと隣り合ってエコ貯金の普及をされていたのが、
「ろうきん」こと、中央労働金庫さんです。


【写真】ろうきんさんのブース

「ろうきん」さんは、 A SEED エコ貯金先のひとつとして、いつも紹介される金融機関で、
地球にやさしいお金の預け先:「預貯金型エコ貯金」にあたります。

理由は、
・労働者や市民団体からなる”非営利”の共同金融組織であること
労働者の福祉やNPO支援などに幅広く取り組んでいること


などです。

私、恥ずかしながら、大変勉強不足で、
ろうきんさんが「非営利」の中間法人であるということを、お話を伺うまで知りませんでした。

とってもご丁寧にご説明してくださったのが、
中央ろうきん総合企画部次長の山口郁子さんです。




【写真】笑顔が素敵な「ろうきん」の山口さん


山口さんは、
会場でも配布されていた「ろうきん」の新しいパンフレットを企画製作されたそうですが、
それが、とっても、素敵な想いあふれるぽかぽかとしたあたたかい雰囲気の内容で、
私の中の勝手な「ろうきん」イメージが、
がらがらと崩れていきました(笑)。


「ろうきん」が社会にいいのはわかるけど、
いろいろ不便なのでは・・・と思っている方、大きな間違いかもしれませんよ!

私も山口さんに教えていただいて初めてわかったのですが・・・

1)ATM手数料が実質無料!
ゆうちょ銀行や銀行、コンビ二等のATMを使ったときの引き出し手数料は、
すべて「ろうきん」からキャッシュバックされます!
※だから、ろうきんのATMがなくても安心です。

2)インターネットバンキングも完備!



と、私が心配していた不都合は全くありませんでした。


こうなれば、どうして「ろうきん」にエコ貯金しないことがあることか、

ということで、その場で申込資料を請求させていただきました。

「ろうきん」にエコ貯金します!
(私のエコ貯金宣言!!)


丁寧にそして、熱心にご説明いただいた山口さん、
どうもありがとうございました。


=======

”あなたのお金が温暖化を防ぐ!”「おひさまファンド」も、
同じ気持ちをもつ沢山の人たちとつながっていって、
もっともっと沢山の人に伝え、変化を起こしていきたいです。


実り多き、アースデイでした^^


■参考:

A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト「口座を変えれば世界が変わる」パンフレット

田中優+A SEED JAPANエコ貯金プロジェクト『おカネで世界を変える30の方法』(2008年、合同出版)
   ※土谷さんも執筆されています!オススメ!!
Posted by 笹川桃代 at 12:38 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
「グリーン電力証書」で、CO2フリーなアースデイを! [2008年04月22日(Tue)]


みなさん、こんにちは。
おひさまファンド募集担当、東京事務所の笹川桃代です。


4月19日-20日まで、
アースデイ東京2008が東京渋谷の代々木公園を中心に開催されました!

おひさまファンドも出展しました!

私たち、「おひさまファンド」としては、
「エナジーアクション」という環境エネルギーの普及啓発のためのブースの一角で、
おひさまファンドの紹介と「クリック募金」の呼びかけを行いました。




【写真】おひさまファンド受付担当の谷口彰さんです。サンドイッチマンになって、丸2日間頑張ってくれました!



●グリーン電力の紹介もしました

「おひさまファンド」と同じブースでは、
自然エネルギー・コムによる「グリーン電力証書」の紹介も行いました。




【写真】ブース全体の様子


アースデイ2008東京の事務局では、事務所の運営やパンフレットの印刷などに必要な電力を、
自然エネルギー・コムのグリーン電力証書(バイオマス発電)でまかなっているんです!

また、アースデイに協賛する多数の企業も、店舗などのグリーン電力化で連帯しました。
「おひさまファンド」で導入した太陽光発電所も、グリーン電力の供給元の一つです。


●1日がCO2ゼロにできる個人向けの「グリーン電力証書」


そして、今年のアースデイでは、来場者に販売するアースデイ公式グッズ(一定額以上のカンパでもらえるグッズ)として、
缶バッチ(200円/個)とともに、「グリーン電力証書」(300円)も加わったんです!




【写真】売店で販売されるポストカード型の「グリーン電力証書」★

このグリーン電力証書には、6kWh分のグリーン電力価値(バイオマス発電)がついています。
これは、一人が1日に家庭で消費する電力消費量に相当します。

だから、このグリーン電力証書を買って、自然エネルギー発電所をサポートした人は、
その日1日は、グリーン電力100%でほぼCO2排出ゼロと見なせるということです。

(・・・・ちょっと(というか、だいぶ)わかりにくいですか??困った


まだ、グリーン電力証書は、企業や自治体等が中心に買われていますが、
まだまだ個人への小売りというのは、
一部のキャンペーン等を除いては、個人向けに特化した販売は行われていません。



●覚えていますか?「不都合な真実」のエンドロール

映画「不都合な真実」のエンドロール、ユニークでしたよね?
沢山の「地球温暖化防止に向けてできること」が紹介されました。

その中に、

”グリーン電力を選ぼう。
 なければ、電力会社に問い合わせよう。”


というメッセージがありました。

欧米のように、電力会社があたりまえに電力とともに、
グリーン電力を販売する、
グリーン電力メニューを提供するということは、
日本国内ではまだできていません。

「おひさまファンド」は、グリーン電力証書の元となる太陽光などの自然エネルギーの発電所を建設するための資金を募るためのものです。
これは、めぐりめぐって、全国のグリーン電力証書のユーザーによって活用されています。


おひさまファンドで、もっとグリーン電力の発電所を増やして、
誰でもグリーン電力を選び・使える日が来るように、
今日も「おひさまファンド」への出資を呼びかける私たちです。


※なお、個人でも、1,000kWh(太陽光発電1kWシステムの年間発電量に相当、家庭の年間使用量の1/4〜1/5)以上からなら購入できます(在庫が有る場合)。
価格は、10,000円から15,000円程度です。
詳しくは、自然エネルギー・コムにお問い合わせください。
Posted by 笹川桃代 at 12:15 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
小水力発電を見てきました [2008年04月18日(Fri)]

こんばんは。
備前の井筒です。
地元・愛知より、書いております。

私、名大博士課程に所属もしておりまして、
指導教官の高野先生に指導を仰ぐため、
名古屋に毎月帰っておりますが、今回は、
「小水力見るけど来る?」と先生より誘いがあり、
いい機会!と思い、行ってみました。

場所は、岐阜県揖斐川町坂内。
泊まった場所は、コミュニティの場としての古民家!
元村長さんによれば、築100年だそうです。
ここは、NPO法人の校舎のない学校が運営している施設。
(だと思います)

■校舎のない学校
http://www.fukushimura.jp/gakkou/

龍谷大学の学生の一部は、
ここを訪れて2泊3日するので単位を出しているそうです。
地元の人たちと大いに触れ合うのでしょうね。

本題ですが、「小水力発電」と言われても、普通ピンときませんよね。
水力発電といえば、ダムで大規模にやるものだ、というイメージです。

まずは、遠目の写真から



とっても小さいです。
シンプルです。



螺旋が水によってぐるぐる回り、発電機が回り、
そこから電線を古民家へ引っぱる。

で、LED照明を3つつけているのです。


この水車は30Wまでいけるそうです。
このLEDは3W程度なので、10台はつけられそうです。
この地は、冷房は不要、暖房は薪、
となると、電気使用の多くが照明であり、
それらを自然エネルギー(小水力発電)でまかなうことは、
結構いけそうな感じでした。

この小水力、1960年代ぐらいまでいなかでよくみかけられたようですが、
現代では、初期費用の高さ、技術の継承不足、情報不足などもあり、
ほとんど普及していません。

自然エネを生かした持続可能な社会における1つのアイテムとして、
今後も着目したいと考えています!
4/9メールニュース [2008年04月18日(Fri)]

メールニュース登録はおひさまファンドのウェブサイトにて。
イベントや最新情報をお知らせします。登録無料です。
登録はこちらへ

<以下は抜粋です>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <INDEX>
 1.4/19-20アースデイ東京2008@代々木公園に出 展します!
 2. ”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
  「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」キャンペーン実施中!
 3.よくある質問(ワンポイント説明)
  「『 おひさまファンド』を通じて、
       私の家にも太陽光発電をつけられますか?」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、こんにちは!

 桜も散り、すっかり葉桜の東京・中野から、
 募集担当の笹川桃代です。

 おひさまファンドは先週末時点で288名の方から、
 1億6,640万円
 の出資が寄せられています。

 どうもありがとうございます! 

 募集状況の詳細・出資者の皆さまからのメッセージ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

 先日オフィスに遊びにきてくださった
 出資者の宇山さんとの対話をブログで紹介しましたので、
 ぜひご覧くださいませ。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 「おひさまファンドに出資して意識が変わった」 
 https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/48

 -----
 ■メディア掲載情報

 先週はこんなメディアに紹介されました。
 ☆『朝日新聞』4月3日
 「自然エネルギー応援−貯金より太陽光発電に出資−
   思い一つになれば社会変えられる」
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2008/04/post_15.html

 ☆4月1日発行『ビックイシューJAPAN92号』
  「温暖化を防ぐ『おひさまファンド』
        ー寄付じゃなく、利益配分ある出資でー」
  ※読者投稿として28ページに紹介されています
  ※ビックイシュー(http://www.bigissue.jp/)は、
   ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、
   仕事を提供し自立を応援する事業です。
   街で売られていない人は、ぜひ定期購読してみてください。

 ―――――――――――――――――――――――――――
 1.4/19-20アースデイ東京2008
          @代々木公園に出展します!

 ―――――――――――――――――――――――――――
 今年もアースデイ(4/22)の季節がやってきました!

 アースデイとは、「地球のことを考えて行動する日」 として、
 1970年にアメリカの議員が提案してできた記念日です。

 毎年この時期には、世界各国各都市で、
 地球と環境を考える様々なイベントが開催されます。

 東京では、2001年から代々木公園を中心として、
 イベントが開催されています。


 アースデイ東京2008の実行委員会事務局で使用する電力は、
 すべてグリーン電力証書を通じて、
 "100%自然エネルギー"でまかなわれているんです!

 おひさまファンドを推進するチームの一員であり、
 このグリーン電力を提供している、
 「(株)自然エネルギー・コム」のブースの一角で、
 「おひさまファンド」の紹介もする予定です。

 野外ライブ、おいしい屋台や、オーガニックな物品の販売等、
 とっても楽しく開放的な野外イベントで、
 私も今から楽しみです!


 みなさん、マイ箸持参で、ぜひ代々木公園へ!
 私たちのブースに遊びにきてくださいね!


 ■アースデイ東京2008ウェブサイトはこちら
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://www.earthday-tokyo.org/
 ※ブースは本部ブースの近くだそうです。
 ※会場パンフレットでは「自然エネルギー・コム」で探してください。


 ■自然エネルギー・コム(グリーン電力証書発行)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://www.energygreen.co.jp/

 ―――――――――――――――――――――――――――
 2.”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
 「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」キャンペーン実施中!

 ―――――――――――――――――――――――――――
 4月1日より、おひさまファンドが、
 「携帯クリック募金」 の対象になりました!

 あなたのの1クリックあたり1円を、
 今募集中の「温暖化防止おひさまファンド」に対して、
 クリック募金の事務局が出資してくれます。

 1クリック1円で
    "37グラムの二酸化炭素(CO2)削減"

 を見込んでいます!
 私も毎日クリックしています。

 <<今日から毎日1日1クリックをお願いします!!>>
 <<お友達にもぜひ紹介してください!>>

 ■当社からの関連プレスリリースはこちらです
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://www.ohisama-fund.jp/press_080401.html

 ※一人1日上限、1回までです。
 ※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/
    (募金は、携帯電話からのアクセスのみ可能です)
 ※携帯3キャリア対応 (i-mode, EZweb, softbank)
 ※キャンペーンページ:
  http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html

 ―――――――――――――――――――――――――――
 3.よくある質問(ワンポイント説明)
  「『 おひさまファンド』を通じて、
       私の家にも太陽光発電をつけられますか?」

 ―――――――――――――――――――――――――――

 大変うれしいお問い合わせなのですが、
 答えは、残念ながら難しいです。

 現在募集中の「おひさまファンド」の太陽光発電事業は、
 環境省のモデル事業として選定され、補助金を活用して実施していま  す。
 現在の日本国内での太陽光発電事業は、
 補助金なしには採算性の確保が厳しい状況です。

 この補助金で設置できるのは、公共施設や法人事業所などが対象で、
 地域も、南信州と備前岡山地域と限定されています。

 国からの住宅向けの太陽光設置補助金は、
 2005年から打ち切られており、
 現在では、個人で自宅に太陽光を設置するには、
 住宅向けの3kWで約200万円程度がかかります。
 国の政策の変更や、大幅にパネルの価格が下がる前の段階では、
 いくら太陽光発電を応援したくても、
 個人でパネル設置費用の数百万円を負担するのは難しい方も多い
 と思います。
 また、集合住宅や借家で自由に設置できない方もいると思います。

 「おひさまファンド」を通じた太陽光発電事業への出資なら、
 より気軽に10万円から参加していただくことができます。

 自分の家の屋根にパネルはつかないけれど、
 出資したお金がそのまま生かされて、自然エネルギーを増やし、
 クリーンな電気を生み出している・・・

 「おひさまファンド」が進めているのは、こんな仕組みです。

 ■採択を受けている環境省のモデル事業はこちら
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 平成19年度「環境と経済の好循環のまちモデル事業」
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8854&mode=print

 平成18年、平成19年度「メガワットソーラー共同利用モデル事業」
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7495

 ■おひさまファンドの太陽光発電事業の仕組み
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_target_solar.html

 ―――――――――――――――――――――――――――
 バナーリンクしてくださる方、募集!
 ―――――――――――――――――――――――――――
 おひさまファンドのウェブサイトにリンク頁がございます。

 ■リンク頁はこちら
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/link.html

 ウェブサイトやブログなどで、
 おひさまファンドのウェブサイトをご紹介いただけたら、
 とてもうれしいです。

 どうぞよろしくおねがいしますm(__)m!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
|  
|  最後まで読んでくださってありがとうございます!
| 
|  感想や、ご意見、ご質問がありましたら、
|        お寄せいただけると、とても嬉しいです!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜満開の飯田を訪問しました [2008年04月16日(Wed)]

みなさま、こんばんは。
ファンド募集担当の東京事務所の笹川桃代です。

先週末、4月12日(土)13日(日)の1泊2日で、
ちょうど東京より1週間遅れの長野県飯田市に、
花見ツアーに行ってきました(笑)びっくり
  
 ※注:完全なプライベートでです。

私は、飯田事業を立ち上げた2004年度から翌年いっぱいまで、
飯田の現地の事業も担当していたので、
1年半近くを飯田に半転勤状態の生活を送っていました。

そこですっかり飯田のとりこになりました。
空、空気、緑、川、おいしい食材・・・朝日
本当にいいところです笑顔

その後、東京勤務が続いているので、たまに飯田が恋しくなって、
プライベートで遊びにいっているというわけです。

================

さくら満開の飯田です!(万寿山公園にて)




こちらがお花見ツアーメンバーです!(私服ですが・・)
左から、飯田オフィス勤務の太陽光発電事業担当の南原くん、友人、私(笹川)、東京と飯田をいったりきたりしているファンド募集担当の竹村さん、友人、飯田オフィス勤務の省エネ・バイオマス事業担当牧内さん

こちらは、とあるおひさま発電所の前で記念撮影しました。
設置施設には、「南信州おひさま発電所ー市民出資と環境省補助金でつくられましたー」という木の看板をつけております。



こちらは、飯田市下瀬の福祉施設(下瀬しあわせ村)で、
こちらにも花見がてら見に行きました。

=====

ちょうど、私たちが訪問した4月 12日、13日は、
飯田市生まれの飯田市在住の役員の原さんの住んでいる鼎地区で、
年に一度の獅子舞の日でした。

これは、各家庭に獅子が訪れて、無病息災、家内安全などを祈願するための行事です。

そんなわけで、原さんはお花見ツアーに参加しませんでしたが、
私たち一行が、鼎の上茶屋での獅子舞を見に行きました!!




飯田の社長の原さんと私です!

公民館で町内のみなさんと、夕飯を一緒にとらせてもらい、
その後は、夜桜見物にいきました。

翌日は、飯田市から車で約20分の阿智村の昼神温泉郷に温泉&花見に行き、
大満足の1泊2日のお花見ツアーでした〜〜〜チューリップ


ファンドの無事終わりましたら、
恒例の出資者ツアーを飯田で開催したいと考えています。

どうぞお楽しみに!

■飯田の観光情報
http://www.city.iida.nagano.jp/kankojoho/index.html
■昼神温泉郷
http://www.hirugami.gr.jp/
「おひさまファンドに出資して意識が変わった」 [2008年04月08日(Tue)]

こんにちは。
東京事務所の笹川桃代です。

今日の東京は、横なぐりの風と雨のどんよりとした天気です。
通勤途中に、傘の骨をおってしまい、がっくりしました困った


少し前、東京中野の事務所に「おひさまファンド」の出資者の方に、
ご訪問いただきました。


ご紹介が遅れてしまいましたが、今日こそは!!!


ご訪問いただいたのは、茨城県在住の宇山さん(30代、会社員)です。
おひさまファンドについて、更に詳しく聞きたいということで、
ご訪問いただいたのですが、
宇山さんがどうして「おひさまファンド」に出会って出資に参加したのかについて、
私からお話をお伺いしました。

【写真】東京事務所に訪問されたおひさまファンド出資者の宇山さん


●環境問題を意識したきっかけ

現在、茨城県潮来市在住の宇山さんは、
アウトドアが大好きで、趣味はスキーだそうです。

そういう中、一昨年の冬に、暖冬で雪が降らず、
スキー場に雪がつもらないということに直面し、
  
 「本当に地球がおかしくなってしまっている」

ということを実感され、
個人的に、非常に危機意識をもたれたそうです。

アウトドア好きの宇山さんは、
6歳と3歳の小さなお子様をもつお父さんでもあります。

「自然に親しんで遊べる自分が経験した同じような楽しみを、
 子供にも残していきたい。
 このままだと地球環境が壊れていくような気がする
 何かできることはやりたいとおもった」


●おひさまファンドとの出会い

環境問題に関心をもたれた宇山さんは、
その後、インターネットで様々な情報収集している中で、
「おひさまファンド」を発見したそうです。

  「寄付じゃなくて、少しでも返ってくるなら、
   参加しやすいと感じた。
   出資だからリスクはあるが、仮に元本割れしても、
   確実にお金が役にたつことに活かされるならまだ納得がいくと思った。」


●おひさまファンドに出資してみて・・・

こうして、宇山さんは、
おひさまファンドへの出資をきっかけに、
環境問題への具体的な取組みをスタートされました。

 「おひさまファンドへの出資から、
  意識が大きく変わった。
  もっと行動してみようという気持ちになった。」


現在、宇山さんは、地元での自然エネルギー導入等の環境活動を始められようと、
検討しているところだそうです。

=====

とってもいいお話を伺い、大変勇気づけられました。
快く、ブログ掲載にご快諾いただいた宇山さん、どうもありがとうございました!
地元でも取組みが、少しでも進むよう、応援しています!笑いびっくり

■おひさまファンド出資者からのメッセージは
 こちらも紹介しています。

 http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html



Posted by 笹川桃代 at 00:32 | 出資者の声 | この記事のURL | コメント(1)
4/2メールニュース [2008年04月02日(Wed)]

メールニュース登録はおひさまファンドのウェブサイトにて。
イベントや最新情報をお知らせします。登録無料です。
登録はこちらへ

<以下は抜粋です>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <INDEX>
 1.出資者からのお手紙ご紹介
   「後世に対し健全な未来をプレゼントしてやりたい!」
  2. ”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
  「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」キャンペーン開始!
  3.よくある質問(ワンポイント説明)
  「 ファンドが全額集まらなかったらどうするの?」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、こんにちは!

 春爛漫、桜満開(すでに一部葉桜気味)の東京から、
 募集担当の笹川桃代です。

 きのうから新年度、いよいよ、
 京都議定書の約束期間もスタートしましたね!

 地球温暖化対策について、飛躍の一年になりますように・・
 また、皆さまにとって、実り多い一年になりますようにに・・

 さて、
 おひさまファンドは先週末時点で273名の方から、
 1億5,540万円
 の出資が寄せられています。

 どうもありがとうございます! 

 募集状況の詳細・出資者の皆さまからのメッセージ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

 -----

 先週末3月30日(日)に
 長野市内でのセミナー&出資説明会を開催しました。
 
 当日は、40名近くの皆様にご参加いただきました。
 説明会の様子は、当日登壇した竹村からのレポートを
 ブログで紹介しています。
 
 長野説明会の様子はこちら(写真入り)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/45

 予定していたセミナーはすべて無事終了しましたが、
 現在、名古屋と東京でセミナーを企画中です! 

 5月下旬に開催する方向で計画していますので、
 また決まり次第お知らせします。

 ―――――――――――――――――――――――――――
 1.出資者からのお手紙ご紹介
  「後世に対し健全な未来をプレゼントしてやりたい!」

 ―――――――――――――――――――――――――――

 出資者の方からとっても嬉しいお便りを頂きました。

 先日、オフィスに届いた出資申込書の封筒を開けると、
 とっても"かわいい赤ちゃんのカラー写真入り"で
 きれいにレイアウトされたお手紙が入っていました。
 
 一部、ご紹介します!

 〜〜〜〜〜〜以下、引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「温暖化防止おひさまファンド」事務局のみなさま

 今年1月に息子が誕生しました。
 そこで、息子の世代、と後世に対し健全な未来を
 プレゼントしてやりたい!!との私たち両親の強い想いから、
 息子へのプレゼントとして御ファンドへの出資を決めました。

 御ファンドに惹かれたポイントは、出資したお金がその目的の
 ためだけに使用されるということはもとより、
 「自然エネルギーで自立した地域を創る」
 「地域の個性を生かす」というコンセプトにあります。

 御ファンドによるアプローチは、日本の現状を考えると、
 「遠回りのようでも一番の早道」であると共感しますし、

 太陽光発電に限らない、
 地域に応じた再生可能エネルギーによる
 『エネルギーの地産地消』への挑戦に、
 
 間接的にでも参加できることを光栄に思います。

 (後略)
 〜〜〜〜〜〜引用おわり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 本当に素敵なお手紙ありがとうございました!
 ここまでの共感と理解を頂けるのは、本当に嬉しいことです。
 スタッフ一同感動しました!

 とっても素敵な写真入りなので、ぜひ皆さんに、
 そのまますべてお見せしたいところですが、
 またご本人に確認して、機会あればご紹介しますね!


 ―――――――――――――――――――――――――――
 2.”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
 「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」 キャンペーン開始!

 ―――――――――――――――――――――――――――
 昨日4月1日、おひさまファンドに関する
 タイトルの通りのニュースリリースを行いました!

 【2008年4月1日プレスリリース】
 プレスリリース全文はこちらです
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://www.ohisama-fund.jp/press_080401.html

 キャンペーン期間中、「携帯クリック募金」 サイトに訪問し
 たユーザーの1クリックあたり1円を、今募集中の「温暖化防
 止おひさまファンド」に対して、クリック募金の事務局であ
 るアサップネットワークさんが出資してくれます。

 サイトを訪れクリックしてくれたユーザーの皆さんには金銭
 的負担は一切なく、地球温暖化防止活動を支援することがで
 きるという仕組みです!

 ちなみに、1クリック1円の出資でどれだけの効果があるのか
 というと、
 
     "1クリックあたり37グラム"
 
 の二酸化炭素(CO2)削減を見込んでいます!

 今回、このクリック募金と連動したキャンペーンで、
 若い世代の人も含めたより多くの方に
 「おひさまファンド」や
 地球温暖化に向けてできること、
 を知っていただける機会になればと期待しています。

 キャンペーンの第一弾は、
 まずは6月末頃までを予定します。

 <<今日から毎日1日1クリックをお願いします!!>>
 <<お友達にもぜひ紹介してください!>>

 ※一人1日上限、1回までです。
 ※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/(携帯電話からのアクセスのみ 募金可能です)
     ※携帯3キャリア対応 (i-mode, EZweb, softbank)
 ※キャンペーンページ:
  http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html

 ―――――――――――――――――――――――――――
 3.よくある質問(ワンポイント説明)
  「 ファンドが全額集まらなかったらどうするの?」

 ―――――――――――――――――――――――――――
 こちらもよくいただくご質問です。
 
 まず、ファンドの募集総額は、合計8億9,200万円です。
 現在の募集状況は、先週末時点で約1億5千万円です。

 当初、募集期間は4月末まで「4月末まで(延長の場合あり)」
 と記載していましたが、募集状況を鑑みて、
 現在、最終的に「6月末」までの締め切りに再設定しました。

 総額約9億円は、投資対象事業として、
 新年度(平成20年度)事業分も含めた金額になっています。

 ファンドの集まり具合によっては、
 今回のファンドの資金は、昨年度(平成19年度)までの
 事業についてのみ充当します。

 これは約半分の約4億4千万円程度の規模になる見込みです。
 この場合、今年度以降については、
 また別のファンドを募集する形になります。

 また、昨年度事業分(4億2千万円)についても、
 ファンド募集額が満たなかった場合には、
 別途、金融機関等への融資の話を並行して進めています。

 その場合でも、一般の出資者の皆様への
 目標年間分配利回りは維持できるよう
 最新の事業計画では見込んでおります。

 ただし、金融機関からの融資が入りますと、
 ファンドへの出資者への現金・利益分配は、
 金融機関の返済に対して劣後することになりますので、
 その点のリスクは高まることになります。

 できれば満額、市民出資で実現できたらと願っています。
 皆さまのご参加をお待ちしております!

 ご不明点あれば、
 いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

 ■おひさまファンドの対象事業
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/fund_target.html 
 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
|  
|  最後まで読んでくださってありがとうございます!
| 
|  感想や、ご意見、ご質問がありましたら、
|        お寄せいただけると、とても嬉しいです!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“あなたのクリックが、温暖化を防ぐ” [2008年04月01日(Tue)]

みなさま、こんばんは。
春爛漫、桜満開の東京から笹川桃代ですチューリップ

今日の東京はこんな感じでした^^
(写真は、中野駅からオフィスに向かう道中でとったものです)



本日、「おひさまファンド」に関連のプレスリリースをしました!








〜〜〜以下引用〜〜〜〜〜〜
2008年4月1日プレスリリース

===================================
クリックするだけで、誰でも無料で二酸化炭素が減らせる
“あなたのクリックが、温暖化を防ぐ”
「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」キャンペーンを開始

==============================

 国内の自然エネルギー事業を進めるために市民から出資を募る市民ファンド「おひさまファンド」を募集・運営するおひさまエネルギーファンド(長野県飯田市、代表取締役山口勝洋)は、携帯向けコンテンツ配信ベンチャーのアサップネットワーク(東京都品川区、代表取締役西山圭)と提携し、2008年4月1日より【「携帯クリック募金」x「おひさまファンド」キャンペーン】の実施に協力します。
つづきはこちら>>>>
〜〜〜引用おわり〜〜〜〜〜〜


・・・ということなんです!

キャンペーン期間中、「携帯クリック募金」 サイトに訪問したユーザーの1クリックあたり1円を、今募集中の温暖化防止おひさまファンド」に対して、クリック募金の事務局であるアサップネットワークさんが出資してくれます

サイトを訪れクリックしてくれたユーザーの皆さんには金銭的負担は一切なく、
地球温暖化防止活動を支援することができるという仕組みです!

ちなみに、1クリック1円の出資でどれだけの効果があるのかというと、
1クリックあたり37グラムの二酸化炭素(CO2)削減を見込んでいます!

おひさまファンドは、最低の参加金額が一口10万円からです。
これでは、学生や若者などのお金に余裕がない層の皆さんには、
ちょっと金額が大きすぎるという声も頂いています。

今回、このクリック募金と連動したキャンペーンで、
若い世代の人も含めたより多くの方に
「おひさまファンド」や
地球温暖化に向けてできること、
を知っていただける機会になればと期待しています
チューリップ


今日から毎日1日1クリックをお願いします!!!

お友達にもぜひ紹介してください!

※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/(携帯電話からのアクセスのみ募金可能です)
     ※携帯3キャリア対応 (i-mode, EZweb, softbank)
※キャンペーンページ:
   http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html
Posted by 笹川桃代 at 23:12 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
無事、工事が終わりました [2008年04月01日(Tue)]

備前の井筒です。
年度末を越え、ようやく一段落つけました。

昨日(3/31)までに、
無事17施設・335kWの太陽光発電設備を設置することができました。

ほぼ1か月のかなり急ピッチの工事でしたが、
業者のみなさまのご協力のもと、
なんとか終えることができました。

備前グリーンエネルギーにとっては、初の太陽光発電工事。
おひさま進歩エネルギーで2年前から先行しているとはいえ、
備前の私たちにとっては初めての取組み。
17施設もありますので、工事の進行具合を把握するのが
なかなか大変でした。

工事を終え、地元2紙がご紹介してくれています。
山陽新聞(3/27東備版)
毎日新聞(3/28県内版)

設置一覧をご紹介します。
■備前市
勤労者センター  
勤労者センター
B&G 体育館
西鶴山保育園
三石保育園
東鶴山公民館
大ヶ池デイサービス
しらうめ荘
東備消防南部出張所
長崎鉄工所

■岡山市
「めだかの学校(おもちゃ)」
竹枝小学校
B&G
ほのぼの荘
福寿苑
岡山県環境保全事業団

■瀬戸内市
行幸幼稚園
国府幼稚園

施設のみなさまにも本当に感謝しております。

今日から運用が始まります。
しっかりとメンテし、20年間確実に使っていけるよう
努めていきたいと考えています。

一方で2008年度がいよいよ開始。
新しい取り組みをまあt始めていきたいと思っています!
| 次へ