CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年12月 | Main | 2008年02月»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
地域からエネルギーを変える エネルギーから地域を変える [2008年01月31日(Thu)]

NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)主催、おひさまエネルギーファンド株式会社・コミュニティエナジー株式会社協力のもと、1月29日(火)に「第2回ISEP社会イノベーションフォーラム 地域からエネルギーを変える エネルギーから地域を変える」が行われました。今回は、おひさまエネルギーファンドのパートナーであるISEPの古屋が、その様子をお伝えします。(後日、ISEPのホームページに当日の資料が掲載される予定)



当日の進行はこのようになっておりました。

-----------------------
1.「イントロダクション」
   ISEP所長 飯田哲也

【第1セッション】
2.「21世紀の課題 食糧・環境・エネルギー」
   前岩手県葛巻町長 中村哲雄
- ダイアログ -

【第2セッション】
3.「エネルギーの域産域消による脱温暖化からの地域づくり」
   長野県飯田市長 牧野光朗
4.「長野県飯田市発の「おひさまの挑戦」」
   NPO法人南信州おひさま進歩事務局長 原亮弘
- ダイアログ -

【第3セッション】
5.「環境首都からみえる脱温暖化社会 - ドイツと日本の先進事例から - 」
   NPO法人環境市民代表理事 癘{育生
6.「温暖化防止おひさまファンド」
   おひさまエネルギーファンド株式会社代表取締役社長 山口勝洋
- まとめ -
-----------------------

前回はグローバルの視点からローカルな取り組みの意義を考えるフォーラムとなりましたが、今回はローカルな取り組みがどのように地域社会を変えていくのかが具体的に示されました。

【岩手県葛巻町の挑戦】
岩手県葛巻町は、自然エネルギーへの取り組みをはじめる以前は地域の人たちも「葛巻町は何もない町」と思っていたようですが、環境エネルギーや食糧生産への取り組みの結果を見れば、まったくそんなことはなかったということがわかります。そして、それが具体的な数値として見えたとき、非常に大きな実感に結びつきます。

【長野県飯田市の挑戦】
おひさま進歩エネルギーも活動している長野県飯田市での取り組みが成功した背景には、市長のリーダーシップが非常に大きな役割を果たしていたことがわかりました。また、それだけではなく、自らの地域のことを自らが考え、豊かにしていく「自律性」をもった市民が積極的に関わり、そこから出される多様な意見を行政が調整し、民間企業の力で大きな動きにしていくという地域社会全体の協働が変革のダイナミズムを生んでいるということがわかりました。

【ドイツの地域社会の挑戦】
ドイツの環境首都の取り組みは、いずれも地域の人々の生活を実質的に豊かにしているという共通点がありました。そして、そういった取り組みの背景には核となる人々のパートナーシップがあり、彼らが変革のプロセスを共有し、次第にまわりの人々の意識や関係性がよりよいものに変わっていったということがわかりました。

【疑問・不満から一歩進んで実践】
前回の登壇者・参加者のみなさま、今回の登壇者・参加者のみなさまは共通して「国の政策が自然エネルギー促進に向けてもっと大きく動くことが必要」という認識をもっておられました。現在、多くの人たちは、あるべき持続可能な社会像をイメージし、それと現実との間のギャップに疑問や不満を感じているのではないでしょうか?今回のフォーラムでは、そういった疑問や不満をから一歩進んで、実際に地域社会で実践することの意義や苦労などを知ることができました

【参加者の声】
会場でのアンケートには、

・自然エネルギーの普及のためには地域での取り組みが大切だと理解できた
・地域の発展につながる環境対策と市民ファンドとの連携に感動しました

といった声が寄せられており、地域で取り組んでいる方々の経験や思いが少しでも多くの人に共有されたことをうれしく思います。今後もおひさまエネルギーファンドや地域で実践されている方々と共に、これらの実践をより多くの人に知っていただく機会を設けていきたいと思います。
Posted by 古屋将太 at 18:58 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
エコツアーin岡山 [2008年01月29日(Tue)]

1/26、備前みどりのまほろば協議会主催のエコツアーに参加しました。

今回は、新しく協議会の事業エリアとして仲間入りした
和気町、赤磐市の子どもたちが大勢参加してくれました。

子どもたちに聞いたところ、チラシが学校で配布されたようなのですが、それを見て自分から「行きたい」と、親に向かってお願いした子が多いそうなんです。偉い!

そんな、子どもがワクワクするようなツアーとして出発した今回のエコツアーは、まずは、明和製紙原料のコロッケ先生(小六[ころく]社長)による古紙リサイクルの講座でした。この写真は、コロッケ先生が備前グリーンエネルギー・インターンの田尻くんとともに紙漉き体験を行っている場面です。

紙ごみ+水をミックス!

混ぜた紙ごみのうち、青い紙が混じっていたので、青くなっていますね。

授業の最後には、「紙はゴミじゃない!」とみんなで大きな声で叫び、紙ごみを出さない誓い(!)をしました。

コロッケ先生のお話は、子どもたちだけでなく、私も勉強になりました。
たとえば、「トイレットペーパーは、パルプ(木から直接)と古紙(リサイクルされたもの)の2種類の原材料のものがあり、その特性上、確実にリサイクルに回せないため、古紙のものを選んでほしい」というコロッケ先生のご紹介は全く知らない話でしたので、次回のトイレットペーパーの購入が楽しみになっています(笑)

続いて工場見学。


ひっきりなしに紙を運んでくるトラックから、
世間の紙の使用量の多さを体感。
会社、学校、コンビニ、公共施設などなど、
いたるところから集められているそうです。

さて、午後は倉敷のクルクルセンターにて、
3Rを学び、BDF車試乗、紙漉き体験を行いました。

まずは紙漉き体験。


続いて、BDFの小プラントのご紹介
自宅から持ってきた廃食油を投入!


そして、インターン・田尻くんの乗るBDF車に興味津々の子どもたち。


私自身、久しぶりにエコツアーに参加したのですが、
やはり「現場」と、「現場にかかわる人」に相対しますと、
勇気づけられますし、とても考えさせられます。

また、子どもたちのかわいらしい笑顔を見ることで、
私たちが取り組んでいる自然エネ/省エネ事業を
もっともっと広めていこう!
と、気合いを入れ直すきっかけにもなりました。

備前・岡山では、このような活動を行い、環境教育にも力を入れています。
岡山周辺で、環境教育やエコツアーなどに興味がおありの方がございましたら、
備前グリーンエネルギー・井筒までご連絡ください。
備前のペレットストーブ [2008年01月25日(Fri)]

こんにちは!

またまた備前のオフィスのご紹介です。
以前、備前のオフィスはペレットストーブであったまっている!
という話題をご紹介しましたが、今日はその詳細についても
ご紹介いたします。

ペレット」とは、木くずをペレタイザーという機械にて、
高温高圧でギュッと固めたもの。
猫のトイレによく使われているもの猫と言えばわかるでしょうか?

ペレットストーブ(サンポット社製 made in Iwate!)


空気を暖めてその対流で暖かさを感じるエアコンとは違い、
赤外線を発していますので、体の芯まであったまる感じです。

使ってみてわかったのは、ペレットは結構なくなるのが早い。
ただ、仕事の合間の一服代わりのペレット補充
(スコップで写真左のコメ袋から入れる)は、
いい気分転換になります。

ペレットは、もでます。
が、100kg燃やして1kgぐらいしかでないので、
けっこう効率がよいですよね。

気になるお値段ですが、配送料込みで20kg 1000円(税込)。
取りに来ていただければ、20kg 860円(税込)でのご提供です。 
熱量換算すれば、灯油価格と同じぐらいです。
ただ、灯油価格がこれからどうなるか、全然わからないのに比べて、
ペレット価格の上昇はそれほど大きくないと考えています。

ちなみに、ペレット仕入価格も少々上がりつつあります。
微々たるものですが、製造、輸送には化石燃料に依存してますからねえ。
ビゼグリ(備前グリーンエネルギー)では、
お客様への価格は3年間の据え置きを予定しています。

写真のストーブは、上部にオーブン機能がありますので、
さつまいもなんかを焼いたりしています。
オフィス中がいい匂いで、焼き上がるのが待ち遠しい限りです。

ペレットストーブに興味ある方は、
備前グリーンエネルギーまでご連絡ください。
私、井筒が担当しております。
今回のファンドの資金は、こちらのペレットストーブ事業にも
活用させていただいております。

将来、自宅にもペレットストーブか薪ストーブを置いてみたいですね!
出資説明会をはじめました。 [2008年01月23日(Wed)]

こんにちは! 東京受付担当の春名です。

今週は、NHKクローズアップ現代に取り上げて頂いた大反響で、
ブログを書く余裕もなかなかなく、、(汗汗) 嬉しい悲鳴です。

さて、温暖化防止おひさまファンドWEBサイトのWhat's newに掲載しておりますが、
ファンドの出資説明会を東京と大阪で開催することになりました。

市民の出資で実現するこの自然エネルギープロジェクトについての、講演もあります。

WEBやパンフレットを見られて、さらにファンドの運営者から、実際に話が聞きたい
という皆様、ぜひお越し下さい・・・!
http://www.ohisama-fund.jp/event_070116.html

一般のブログでも、宣伝して下さっている方が。ありがたいです。。
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/blog-entry-711.html

平和・環境活動家の きくちゆみ さんも、ご自身のブログで取り上げてくださいました!
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2008/01/blog-post_22.html
"クローズアップ現代"で放送されました! [2008年01月23日(Wed)]

こんばんは。
東京事務所 ファンド募集担当の笹川桃代です。

飯田のおひさま進歩エネルギーの南原君から予告をしました通り、
先週の1月17日(木)にNHKのクローズアップ現代でおひさまファンドの取組みが全面的に取り上げられました太陽

おかげさまで数百件のお問い合わせをいただき、この番組が縁で新しい方との出会いを頂き大変ありがたく思っておりますクローバー

=====

 NHKから番組の取材を直接受けた飯田事務所のスタッフから様子を聞いてはいましたが、ここまで丁寧に、全面的に取り上げていただけるとは正直思っていませんでした。
本当にありがたいことです。

<番組で紹介していただいた内容>
●2005年に募集開始した第一号のおひさまファンド(南信州おひさまファンド)の誕生背景
●市民を巻き込み太陽光発電に配当を生ませるファンドの仕組み
●現在募集中の第2号ファンド(温暖化防止おひさまファンド)について

当社の取締役会長の原の挑戦として、魅力的にお伝えいただきました。


<ご紹介いただく中で心に響いたフレーズ>

「お金に意思を」
「"市民のお金"が社会を変える」

「私のお金を生かしてください」
「市民を巻き込む『配当』」

そう、そうなんです!
まさにこういうことなんです!

私たちの想いは・・・!
他の方(プロ)の言葉で特徴づけていただくと、こんなにシンプルで分かりやすく魅力的な力のあるメッセージになるんだと感動しました(&反省しました。。)。

今後もたくさんの方へこのファンドに参加していただけるよう、いいコミュニケーションを図っていけるよう、頑張っていきたいと思います。

とても勇気づけられる出来事でした。


Posted by 笹川桃代 at 00:17 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
太陽&木の授業(岡山市めだかの学校) [2008年01月21日(Mon)]

備前の井筒です。
週末(1/19)に、岡山市のめだかの学校で、
子どもたちに向けて、太陽と木のお話(環境教育)をしてきました。

めだかの学校ホームページ

このめだかの学校「おもちゃの館」は、
当社・備前グリーンエネルギーによる太陽光発電の設置候補の1つにもなっています。

偶然にも、めだかの学校でインターンをしている学生と知り合い、
ぜひ、「環境教育の授業を」という要望にお応えして、
会社のメンバー4人で喜び勇み行ってきました。

内容は、太陽のサンディせんせい(山口卓勇)、木のウッディせんせい(私・井筒)が
それぞれ太陽光・太陽熱、バイオマスについて、太陽光パネルやストーブなどを
使いながら、いろいろとお話ししたあとに、私たちのオリジナルカードゲーム
「びぜこゲーム」で遊んでもらう(備前市内の子どもたちははまっています)、
という流れでした。


びぜこゲームに盛り上がり中!!

子どもの頃の記憶というのは大切で、
完全には覚えていないもの、
断片的に、しかしはっきりと、覚えているものです。

今日の授業を覚えていてほしい、というわけではなく、
大人たちが、自分(子ども)たちに向けて、
いろんなことを教えてくれる、その環境自身が、
子どもたちに安心感や、学びたいという気持ちを植え付けるんじゃないかと
思いながら、頑張ってきました。

「いつかペレットストーブ買ってね」という私からのお願いに、
「はい!」と元気な声。子どもの笑顔は宝物ですね。

ちなみに、めだかの学校のある岡山市建部(たけべ)町は、
自然豊かで人もあったかく、温泉もあったり、ヨーグルトもつくっていたり、
若手によるまちづくりグループもあったりして、なかなかおもしろそうな街でした。

備前グリーンエネルギーは、ファンドの投資対象の太陽光発電の設置や省エネ
のハード部分だけでなく、こういった子供達への環境教育も積極的に取り組んで
いるのです。
「おひさまファンド」への出資を申込の皆様へ [2008年01月18日(Fri)]



 「おひさまファンド」への出資には元本割れのリスクもございます。

 皆さんに是非参加してほしいですが、資料請求の上、
 「重要事項説明書」を事前に十分に読んで検討をお願いしますm(__)m

 ご不明点はお気軽にお問い合わせください!

 お問い合わせはこちらです!
Posted by 笹川桃代 at 15:35 | 【注意事項】 | この記事のURL | コメント(0)
カーボンオフセット商品との違い・・ [2008年01月17日(Thu)]

こんにちは。 東京受付担当の春名です。

さて、温暖化防止おひさまファンドについて、よくある質問シリーズ にお答えします。

1.カーボンオフセットサービスとの違いって?

カーボンオフセットとは、 直接的な施策によって削減できないCO2(カーボン)を、森林吸収源を守る植林やクリーンエネルギーなどの事業に投資することなどにより、排出した分を相殺(オフセット)する仕組みのこと。 です。

昨年から日本でも、自分の出したCO2をオフセットしたい!と思われる個人向けのカーボンオフセットサービスが、続々と立ち上がっています。 例えばこちらなど




私たちの温暖化防止おひさまファンド と、他のカーボンオフセットサービスとの違い、あるいは特徴について、かいつまみますと

1.ファンドである (元本をお預かりし、自然エネルギー・省エネルギー事業へ投資し、中長期で投資回収を行い、利子と共にご返還していく商品です)

2.日本国内での自然エネルギーの普及と、日本の地域・社会自体を、持続可能な社会構造へ変えていく事を目的としている

現在のカーボンオフセットサービスは基本的に、CDM事業による途上国でのCO2削減分が含まれています。

温暖化防止おひさまファンドが、日本国内での自然エネルギー・省エネルギーの事業へ投資するファンドである理由は、

・私達が自分達の生活で使っている電力自体を、現在のままではなく、
 CO2を排出しない自然エネルギーに急速に切り替えていく必要がある
それによって
・温暖化防止を行い
・同時にエネルギーに支えられた私達の社会・地域自体を、地域自給の
自然エネルギーをベースにした、自立した持続可能な構造に変えていく
その一歩を作りたい。

という問題意識と目的があります。

ちなみに、日本政府と世界各国の、全エネルギー中の自然エネルギー率の導入目標です。
小さくて見にくいですが、左端が日本です。
ずいぶん、違いがあります。。


Posted by 笹川桃代 at 19:58 | よくある質問 | この記事のURL | コメント(0)
メールニュース1/16号 [2008年01月16日(Wed)]

メールニュース登録はおひさまファンドのウェブサイトにて。
イベントや最新情報をお知らせします。登録無料です。
登録はこちらへ

―温暖化防止おひさまファンド メールニュース Vol.002―― http://www.ohisama-fund.jp

このメールニュースは、温暖化防止おひさまファンドにお申込・お問合せいただいた皆様へ、お送りしております。

新春の候、皆様はいかがお過ごしですか。
長野県南信州地域、岡山県備前地域では、温暖化防止おひさまファンドの出資を受けて、
自然エネルギー・省エネルギーの機器設置やサービスの契約が進んでいます。
現場スタッフからの状況は、スタッフブログをご覧下さい。
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/

============================================================
2008年1月16日 メールニュース メニュー

1. 明日17日夜、NHKクローズアップ現代で、放映されます!
2. 1月29日(火) I・S・E・P社会イノベーションフォーラムのご案内
============================================================

1. 明日17日夜、NHKクローズアップ現代で、放映されます!

明日17日(木)19:30より、NHKのTV番組「クローズアップ現代」に、
温暖化防止おひさまファンドの活動が取り上げられます!
ぜひ、ご視聴下さい。

■放送番組 NHK総合「クローズアップ現代」
■放送日  1月17日(木) 午後7:30〜
サブ仮題 「“あなたのお金”が社会を変える 〜広がる市民出資〜」
■内容   
 福祉や環境などの市民活動を行うNPOは今、全国でおよそ3万。
しかし、資産がないNPOは金融機関からお金を借りるのが難しく、 活動資金
の確保は容易でない。今、そうしたNPOに低利で融資する 「NPOバンク」
が全国に広がり、自分のお金を出資する市民が増えている。
東京のあるNPOバンクでは、約500人から1億5000万円の出資があり、
40を超える市民活動を支えている。

 さらに、2%程の「配当」がつく「市民ファンド」には億単位のお金が市民から
集まり、 太陽光発電など大規模な事業が可能となっている。
 飯田市で、二酸化炭素を出さない太陽光発電の普及を進める活動を行う 「お
ひさま進歩」は「市民ファンド」の手法で、2億円を超える資金を集め、 市内
の公民館や保育園など50カ所以上の施設に太陽光発電の設備を取り付けた。
さらに活動を通して、出資者や市民の環境保全への意識を高めるまで効果が 広
がっている。去年からは、北海道や岡山の組織と連携し、全国規模で 自然エネ
ルギーを普及させる事業総額9億円の新たなファンドも立ち上げた。

これまでの金融の枠組みではできなかった役割を担い始めた「市民出資」。 出
資する人々の思いと新たなお金の流れが社会に及ぼす可能性を探る。・・・


2. 1月29日(火) I・S・E・P社会イノベーションフォーラムのご案内

1月29日(火)に環境エネルギー政策研究所が主催するイベントに、
温暖化防止おひさまファンドが事例として、登場します。

地球温暖化問題やエネルギー問題の解決策である、地域エネルギーファイナンス がテーマです。3回シリーズ開催の第2回は、「自治体政策と自然エネルギー」をテーマに、自然エネルギーによる地域づくりに先進的な取り組みを通じて挑戦する、自治体首長やNPO代表の皆様を招きます。

ぜひ、足をお運び下さい。
============================================================
I・S・E・P社会イノベーション・フォーラム
「地域からエネルギーを変える、エネルギーから地域を変える」
      ↓↓↓イベントの詳細、お申込みは、こちらから↓↓
      http://www.isep.or.jp/event/080129sympo.html

◇ 日時:2008年1月29日(火) 13:00〜16:00
◇ 参加費:無料
◇ 場所:東京国際フォーラム
◇ 主催:NPO法人環境エネルギー政策研究所
◇ プログラム
パネラー  
    ・中村 哲雄 氏(前岩手県葛巻町長)
 ・牧野 光朗 氏(長野県飯田市長)
  ・すぎ本 育生 氏(NPO法人環境市民 代表理事)
  事例紹介
    ・長野県飯田市発の「おひさまの挑戦」
    (原 亮弘:NPO法人南信州おひさま進歩事務局長)
    ・温暖化防止おひさまファンド
    (山口 勝洋:おひさまエネルギーファンド株式会社代表取締役社長)
  コーディネータ 
     飯田 哲也(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
============================================================

*配信停止について
このメールニュースは、温暖化防止おひさまファンド にお問合せいただいた皆様へ、お届けしております。
配信停止を希望される方は、お手数ながら下記の要領で停止のご連絡をお願いいたします。

・配信停止を希望されるメールアドレスから、info(アット)ohisama-fund.jp宛に空メールをお送り下さい。
メールのタイトルを【メールニュース配信停止】として下さい。


*おひさまエネルギーファンド株式会社 個人情報取扱方針
http://www.ohisama-fund.jp/contents/privacy.html

******************************************
温暖化防止おひさまファンドブログ 始めました
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/

おひさまエネルギーファンド株式会社
東京営業所 
http://www.ohisama-fund.jp/
info(アット)ohisama-fund.jp
TEL:03-5318-3338 FAX:03-3319-0330
電話受付時間 祝日を除く月〜金の 10:00〜18:00
〒164-0001 東京都中野区中野4-7-3

******************************************
1月17日(木)NHK「クローズアップ現代」で放送されます! [2008年01月14日(Mon)]

こんにちわ。
おひさま進歩エネルギーの南原です。

さてさて、年明け以来、私の書いている記事がメディア関連のご紹介ばかりですが、今回も引き続き。(事業の様子も次回以降お届けしますね!)


飯田市での太陽光発電事業及び、おひさまファンドのこれまでの経緯などをNHKの番組クローズアップ現代が取上げ、下記の予定で放送することが決定しました。

発電事業や環境教育の様子など、ファンド自体以外の部分も放送される予定です。
ぜひご視聴ください!


==============================記===============================

■放送番組 NHK総合「クローズアップ現代」
■放送日  1月17日(木)
■放送時間 午後7:30〜


サブ仮題 「“あなたのお金”が社会を変える 〜広がる市民出資〜」

■内容  
 
 福祉や環境などの市民活動を行うNPOは今、全国でおよそ3万。
しかし、資産がないNPOは金融機関からお金を借りるのが難しく、 活動資金
の確保は容易でない。今、そうしたNPOに低利で融資する 「NPOバンク」
が全国に広がり、自分のお金を出資する市民が増えている。
東京のあるNPOバンクでは、約500人から1億5000万円の出資があり、
40を超える市民活動を支えている。

さらに、2%程の「配当」がつく「市民ファンド」には億単位のお金が市民から
集まり、 太陽光発電など大規模な事業が可能となっている。
 飯田市で、二酸化炭素を出さない太陽光発電の普及を進める活動を行う 「お
ひさま進歩」は「市民ファンド」の手法で、2億円を超える資金を集め、 市内
の公民館や保育園など50カ所以上の施設に太陽光発電の設備を取り付けた。
さらに活動を通して、出資者や市民の環境保全への意識を高めるまで効果が 広
がっている。去年からは、北海道や岡山の組織と連携し、全国規模で 自然エネ
ルギーを普及させる事業総額9億円の新たなファンドも立ち上げた。

これまでの金融の枠組みではできなかった役割を担い始めた「市民出資」。 出
資する人々の思いと新たなお金の流れが社会に及ぼす可能性を探る。・・・



取材風景

| 次へ