CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« メディア情報 | Main | 出資者の声»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
旬彩館(おひさま発電所紹介) [2008年11月25日(Tue)]

こんにちわ。南信州よりおひさま進歩の南原です。
こちらは先週は市街地も初雪が降り、冷え込みも厳しくなってきています。
でも相変わらず晴天の空の青はすごくきれいです。



山々も紅葉で赤、黄に色づいて、南アルプスが暖色の絨毯のようにきれいです。

さてさて、今日はおひさま発電所の紹介です。



こちらは下伊那郡高森町にある農産物直売所の「旬彩館」さんです。
温暖化防止おひさまファンドの太陽光事業の対象施設であり、
9.64kWの太陽光発電システムが設置されています。
発電された電力は、店舗の照明や冷蔵等に利用されます。

写真ではわかりませんが、南向きで角度もよく、ばっちり発電しています!



ただいま、旬彩館では今年実った柿を干して、この地方の名物の市田柿を作っています。



(写真)旬彩館の店員の方と柿すだれ

柿だけでなく、様々な野菜が直売されています。
近くに来られる際はぜひお立ち寄りくださいね。
サンべリーたかぎ(おひさま発電所)で点灯式を行いました! [2008年11月18日(Tue)]

南信州より、ご無沙汰しておりました谷口です。
私も現地事業に参入できることになり、東京より南信州に参りました。

こちらでは東京ではみられない、いろいろな業者とのやりとりやイベント、実際に施工されていく自然エネルギー設備を観ながら、日々わくわくしております。今週末の事業内覧ツアーの様子で設備の様子もお伝えしたいと思います。

さて、先週末は飯田市のおとなり喬木村にて、19年度なんと5施設同時に太陽光発電所となってくださったサンメリーたかぎさんのイベントに合わせて、点灯のセレモニーを行いました。(すでに発電自体は稼動していましたが、お知らせすることも兼ねて式典としました。)
そして私、初めてマスコットキャラクター「さんぽちゃん」に投入されました。
(写真はおひさま進歩代表 原より挨拶)


会場にトラックで特設されたステージで、買い物に来られたご家族の方が沢山みえていました。さんぽちゃんもお子さんに人気で、握手したりだっこしたりしていました笑顔
こちらではすでにさんぽちゃんの知名度も高く、「あーさんぽちゃんだ!!」と言われるほどでした。

地域での取り組みとは、紙の上でなくこういった人と人のつながりのことだと改めて実感する時間となりました。

小さな一歩が大きな一歩、一歩二歩さんぽと環境事業も前進しています。
Posted by 谷口 彰 at 15:55 | 太陽光発電事業 | この記事のURL | コメント(0)
「ハチドリのしずく」看板設置されました [2008年11月17日(Mon)]

こんにちわ。南信州よりおひさま進歩の南原です。

太陽光事業では、市民のみなさんからの出資に加えて、株式会社西友のお客様による募金を、松川町上片桐保育園の太陽光パネル設置に寄付(おひさま基金)していただいています。

そのおひさま基金の看板ができあがったので、先週さっそく設置を行ってきました。




松川町の上片桐保育園


上片桐保育園の太陽光パネル



おひさま発電所の木製看板と並んで、水色の看板が「ハチドリのひとしずく=おひさま基金」の看板です。




多くのみなさんの想いのこもったお金で、おひさま発電所ができているということを、
看板によって、よりたくさんの方に、知っていただけると思います。


西友ハチドリキャンペーンはこちらから
http://www.seiyu.co.jp/hachidori/index.shtml
おひさまパワーで電気自動車を走らせよう! [2008年11月06日(Thu)]

太陽光事業担当の南原です。
今日はおひさま発電所のご紹介です。

温暖化防止おひさまファンドで、皆様からの出資を受けて太陽光発電を設置し、おひさま発電所となった株式会社グリーングラスさん。長野県松本市にあります。

代表の横内さんは、日本EVクラブ松本支部の代表をされています。
EVは、Electric Vehicleの略で電気自動車のことです。
クラブでは自分たちが電気自動車を楽しまれるのはもちろんのこと、環境フェアで展示や試乗会を行って普及啓発をされているそうです。

今回、おひさまファンドの趣旨に共感し、「電気自動車をソーラー発電で充電させて走らせたい!」ということで、電気自動車のガレージにパネルを設置し、おひさま発電所になることに。


シトロエン2CVを電気自動車に改造した"2EV"と横内さん
とてもかわいいデザインです。


こちらが電気自動車のガレージです。


そして屋根にのった太陽光発電パネル。
ここで発電された電気がバッテリーに充電されます。



なんと過去には中米の国コスタリカに行ってラリーに参加したことも!

おひさま発電所で生まれたクリーンな電気で
どんどん電気自動車を走らせてほしいですね!


詳しい活動内容は日本EVクラブ松本のホームページへ
http://www.jevc.gr.jp/
おひさま発電所になったこともニュースで載せていただきました!

- - - - -
●おひさま発電所MAPで場所を確認しよう!
google mapでおひさま発電所の位置が確認できます。

おひさま発電所MAP
 http://www.ohisama-fund.jp/contents/results_map.html

上記URLを開いて、地図の下にある「大きな地図で設置場所一覧をみるのはこちら」というリンクをクリックしてください。施設名の一覧が表示されるのでそこから選べます。
進んでいます!太陽光発電設置 [2008年03月08日(Sat)]

こんにちわ。おひさま進歩エネルギーの南原です。

南信州でも太陽光発電システムの設置が進んでいます!

2月中旬はとても寒く、雪も降る日もあったりして、工事を見合わせたりすることも
ありましたが、このところ晴れた日が続いてつぎつぎパネルが設置されています。



工事は朝からスタート。
梱包を解かれて、屋根へ上げられるのを待つパネル



こちらは飯田市内の まきうち歯科 さんです。

大きな道に面していて、道行く人たちからも良く見えます。
院長先生は環境問題のことが気になっていて、
以前から太陽光パネルをつけたかったそうです。
今回、私たちの温暖化防止おひさまファンドのプロジェクトに
協力していただいて、設置場所の提供と生まれた電気を購入されます。

治療に来る患者さんも、パネルを見あげて一瞬歯のうずきを忘れることができる、
かも?



そして次の設置場所です。



パネルが屋根の上に次々と設置されていきます。
まだまだ寒いので職人さんにとっては大変です。


全部パネルが載ったところがこちら
↓↓↓







阿南町の大下条保育園です。

合計約20kWの太陽光発電システムです。
一般の家庭の太陽光発電の5〜6倍の規模ですね。

工事は園児のいない土日を利用して行われました。写真には残念ながら子供たちは写っていません。

聞いたところによると、月曜日に保育園にやってきた子供たちは ビックリ!

「あれなにー??」 「電気ができるの??」

さっそく子供たちに「おひさまのパワー」を知ってもらうチャンスです。

これから先生たちと協力して、環境劇などを園でおこなって、
どんどんみんなにおひさまパワーを伝えていきたいと思います!