CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« イベント | Main | 太陽光発電事業»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
意思あるお金の使い方「循環型社会を願って市民ファンドに出資」鈴木真佐世様 (婦人之友12月号)【おひさまファンド・メールニュース11/11/22号】 [2011年11月24日(Thu)]

◇おひさまファンドの取り組み、出資者の方々が取り上げられ
た最近の番組、記事を幾つかご紹介させて頂きます。
婦人之友12月号、NHK海外放送、北日本放送、環境新聞等。

◇南信州おひさま発電所視察・りんご狩りツアー開催します。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える” 
       「信州・結いの国おひさまファンド」募集中!>>
(「立山アルプス小水力発電事業」は募集を終了いたしました。)
  2011/11/22TUE http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【メディア】おひさまファンドと出資者の放映・
                   掲載記事ご紹介
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]【婦人之友 12月号】特集「意思あるお金の使い方」
     「循環型社会を願って市民ファンドに出資」
                     鈴木真佐世様

おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
共同代表:原亮弘/飯田哲也)が市民出資で募集し、現在工事
が進捗している「立山アルプス小水力発電事業」の出資者、
鈴木真佐世様が「婦人之友12月号」に記事を執筆されました。

おひさまファンドの出資者の方が、ご自身のライフスタイル、
自然エネルギーへの思いを紹介されている記事の中で、おひ
さまファンドを紹介してくださっています。

【婦人之友 12月号】特集「意思あるお金の使い方」
    座談会:意思あるお金の使い方
      金子勝氏・辻信一氏・八塚敏枝氏・松原弘直

また、同号の「座談会」には、おひさまファンド代表の飯田哲
也が所長を務める環境エネルギー政策研究所の主席研究員松原
弘直が、辻信一氏らと共に参加しています。

◇婦人之友12月号◇

[2]【NHK WORLD TV NEWS】
 Japan's first mini hydro project to be funded
              by private citizens. 11.11.14

おひさまエネルギーファンド株式会社、「立山アルプス小水力
発電事業」現地とアルプス発電株式会社、おひさまファンド東
京本社、また、本事業の地元富山県滑川市の出資者の小沢知彦様、
そしてお誕生まもない最年少出資者の河島一心(ひとみ)ちゃんと
一心ちゃんのおじいさまでやはり出資者の河島良政様にも取材の
ご協力を頂きまして、NHK WOLRD(NHK海外向け英語放送)の
番組となりました。

NHK海外放送の石臥さんが、富山の現地にカメラと取材にいらし
た日は、折しもお天気が良く、美しい立山アルプス、豊かな流量
の小早月川、工事状況、水車(高効率タービン)の映像を撮って頂
くことができました。

最年少出資者の一心ちゃんは、本年9月末に誕生されたばかりで、
誕生前からおじいさまの河島良政様から「誕生して登記が済んだ
ら出資するからね」とお話しを伺っており、おひさまファンドで
も、まだ見ぬ出資者のお誕生を、楽しみにしておりました。
誕生直後にテレビ放映の世界デビューをして頂きました。

NHK WORLD は、世界120カ国で放送されており、
放映から1〜2週間の期間、日本からもインターネットで視聴可能
です。

◇NHK WORLD Features 配信映像◇

[3]【KNB TV NEWS】全国初の市民出資小水力発電事業
                   目標達成 11.11.15

おひさまエネルギーファンド株式会社が市民出資募集を実施し
た「立山アルプス小水力発電事業」の市民出資目標額達成、
現地の様子と事業主体アルプス発電株式会社がKNB News に
取り上げられました。

◇KNB TV1ch 配信映像◇
http://www2.knb.ne.jp/news/20111115_30287.htm#

[4]【環境新聞】市民出資の発電所 来春に稼働へ 11.11.16
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/11/111116.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【ツアー開催のお知らせ】 2011/11/26〜27
    第8回 南信州おひさま発電所・事業見学ツアー
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社の事業主体である、 おひ
さま進歩エネルギー株式会社は、今年もおひさま発電所 (おひさ
ま事業)見学ツアーを開催いたします。

出資をご検討されている方も、対象とさせて頂いております。
スタッフ一同、お会いできますことを楽しみにしております。

【 概要 】 太陽光パネル設置先事業所/個人宅見学
                  ・飯田市街地散策、
     宿泊先チップボイラー見学、信州名産りんご狩り等

【 日時 】 平成23年11月26日(土)・27日(日) 1泊2日

【 宿泊 】:天空の湯殿・赤石荘
  (温泉は弊社事業で導入したチップボイラーを使用しています。)

【 料金】:16,500円 (現地交通費、宿泊費、食事代等込み)

【お申し込み・問い合わせ先】
     おひさま進歩エネルギー(株) 担当:蓬田
     電話:0265-56-3710
    E-mail: yuinokuni@ohisama-fund.jp

―――――――――――――――――――――――――
3. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
―――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの
大切な原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾
つかお声を紹介させて頂きます。

「我が家の屋根には太陽光パネルをのせていますが、色々な
    自然エネルギーがふえることを願っています。」
      鈴木 真佐世 様 (東京都、女性、60代、主婦)  

「安全で環境負荷の少ない発電に賛同します。
                子供達の未来の為に!」
      小田 智子 様 (神奈川県、女性)

出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り
組んで参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうござ
いました。

□その他のメッセージはこちらです:

□おひさまファンド・メールニュースのご登録はこちらです。

Posted by 永田光美 at 16:41 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
NHKニュース「おはよう日本」放送(予定):「再生可能エネルギー、普及とその課題」おひさまファンドの取り組み・飯田哲也 11.6.7【おひさまファンド・メールニュース11/6/6号】 [2011年06月06日(Mon)]

◇ NHKニュース「おはよう日本」でおひさまファンドの取り
組みと、共同代表飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼
務)による「再生可能エネルギーの普及とその課題」につい
てのコメントが放送されます。

◇ 先日、NHKサキどり↑で紹介された、おひさまファンドが
南信州で取り組む「太陽光発電ゼロ円システム」と共同代表
原亮弘の動画がご覧いただけます。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”
「立山アルプス小水力発電事業」募集中!>>
  (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
  2011/6/6MON http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【NHKニュース おはよう日本】11.06.07
   「再生可能エネルギー、普及とその課題」
      飯田哲也・おひさまファンド 
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
共同代表:原亮弘・飯田哲也)の取り組みと共同代表取締役、
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長兼務)のコメントが、
6月7日のNHKニュース「おはよう日本」(朝4時半〜8時の間)
で放送予定です。

おひさまファンドが現在募集中のファンド「立山アルプス小水
力発電事業」の事業現地の様子もご覧いだだけます。

◇番組詳細は、NHK ON LINE 「NHKニュース おはよう日本 」
でご確認ください。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【動画配信】NHK「サキどり」 2011年4月24日放送
    電力不足乗り切ります!(1)
      〜太陽光パネル初期費用ゼロ円の町〜
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
共同代表:原亮弘・飯田哲也)とその事業主体のおひさま進歩
エネルギー株式会社が進める「太陽光発電ゼロ円システム」が、
4月24日の「NHKサキどり↑」で特集されました。

◇NHK ECO CHANNEL(エコ チャンネル) で動画をご覧
いただけます。


――――――――――――――――――――――――――――
3. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切
な原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾つかお声
を紹介させて頂きます。

「自然エネルギー発電に期待しています。
    原発に頼らない日本のエネルギー開発をしてください。」
     ふみちゃん 様  (埼玉県、女性、50代) 

「こうして出資することで自分の意志を示せる機会となり、
感謝しています。」
     宮川 和子 様  (東京都、女性、20代)

「自然エネルギーのすばらしさがもっと多くの人達に伝わります
ように。」
     古川 由里 様  (北海道、女性、40代)

出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り組んで
参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

◇その他のメッセージはこちらです:
http://www.ohisama-fund.jp/contents/tree.html

◇おひさまファンド・メールニュースの登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 12:08 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
北日本放送(テレビ)のニュースで紹介:おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」5月27日(金) 18時16分〜【おひさまファンド・メールニュース11/5/25号】 [2011年05月26日(Thu)]

◇おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」
が事業地元の放送局、北日本放送 (富山)のニュース枠で放送さ
れますので、ご紹介させて頂きます。放送域外の方もウェブニュ
ースでご覧いただけます。

おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の「立山アル
プス小水力発電事業」の記事が、全国各紙に掲載されました。
把握できたもののみですが、ご紹介させて頂きます。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”
「立山アルプス小水力発電事業」募集中!>>
  (A号:2012年3月まで引き続き募集中! B号:終了)
  2011/5/25WED http://www.ohisama-fund.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【北日本放送ニュース】 おひさまファンド
「立山アルプス小水力発電事業」
KNB news every. 5月27日(金)18:16〜   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまファンドの取り組みと「立山アルプス小水力発電事業」
が事業地元の放送局、北日本放送 (富山)のニュース枠で、
5月27日(金)18:16〜18:57分の内、5分ほど放送されること
となりました。

おひさまファンドの東京本社、事業主体のアルプス発電、現在
工事を進めている小早月川の現地、富山の出資者、出資検討者等、
取材いただきました。

放送域外の方もウェブニュースでご覧いただけます。

◆KNB WEB
http://www.knb.ne.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【全国各紙掲載】 おひさまファンド
  「立山アルプス小水力発電事業」
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社が現在募集中の「立山
アルプス小水力発電事業」の記事が、全国各紙に掲載されま
した。把握できたもののみですが、ご紹介させて頂きます。

◆ 北陸中日新聞「エネルギー再考 自然力発電普及へ応援」
                      11.4.25
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425.html 

◆ 東京新聞 「エネルギー再考 自然力発電普及へ応援」
                      11.5.18
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2011051802000062.html
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425_2.html

◆ 信濃毎日新聞「小水力発電 高まる関心」11.4.25 
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_11425_1.html

◆ mns.産経ニュース「小水力発電 高まる関心
      ダム要らず、低コストで安定稼働」 11.5.17
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110517/biz11051706010028-n1.htm
 
◆SankeiIBiz「小水力発電 高まる関心 ダム要らず、
             低コストで安定稼働」 11.5.9
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110509/cpd1105090500000-n1.htm

◆熊本日日新聞「小水力発電 関心高く エネルギー地産地消」11.5.9
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2011/05/_1159.html

その他、静岡新聞、デイリー東北、南日本新聞、北日本新聞、
日本海新聞、岐阜新聞、京都新聞、yahooニュース等にも掲載
頂いています。

――――――――――――――――――――――――――――
3. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの
大切な原動力です。今まで出資してくださった方の中から幾
つかお声を紹介させて頂きます。

「子どもたちの世代へ繋がるエネルギー源となることを
                    期待します。」
    E.Y. 様  (東京都、女性、40代) 

「将来の世代にクリーンな純国産の自然エネルギーを伝えるため、
                 微力ながら参加したいです。」
     下條 和泉 様 (東京都、男性、20代)

「こういう事業がどんどん成功して『安全・安心な電気』が増えます
                 ように!」
     S.T. 様   (東京都、女性、30代)


出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り組ん
で参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

◇その他のメッセージはこちらです:

◇おひさまファンド・メールニュースの登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 15:55 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
【メディア掲載】環境エネルギー社会への想像力と実践〜自然エネルギー政策・市場の展開 古屋将太 2011/3/31 [2011年04月12日(Tue)]

本連載筆者の古屋将太氏は、おひさまエネルギーファンド
株式会社の
共同代表取締役飯田哲也が所長を務める環境
エネルギー政策研究所(ISEP)
のフェローで、現在デン
マーク・オールボー大学大学院博士課程に在籍し、北欧
および日本の地域社会の自然エネルギーへの取り組みを
社会的な視点から研究しています。

 今回より「シノドス・ジャーナル」に本連載を展開する
こととなりました。

【「シノドス・ジャーナル」より転載】
--------------------------------------------------------------

◇イントロダクション◇

東北関東大震災により被災された方々には、心よりお見舞いを
申し上げます。今回、シノドス・ジャーナルに本連載を投稿さ
せていただくにあたり、最初にわたしが何者であり、どのよう
な趣旨のもとで本連載を展開するかについて簡単に述べたいと
思います。

わたしは現在デンマーク・オールボー大学大学院のPhDプログ
ラムに所属し、北欧および日本の地域社会の自然エネルギーへ
の取り組みを社会的な視点から研究しています。また、NPO法
人環境エネルギー政策研究所(ISEP)のフェローとして、日本
国内の自然エネルギー推進に関わる研究および実践に取り組ん
でいます。ISEPには大学院修士課程在籍時からインターンとし
て活動に参加してきました。そういうわけで、わたしはおそら
く日本では少数派の「NPO育ちの研究者見習い」であり、なお
かつ「海外大学院生」という、やや変わった立場にあると考え
ていただいてよいかと思います。

3月4日にISEPの設立10周年記念シンポジウムがあり、それに
参加するためわたしは一時帰国していました。地震当日(11日)
午前中の便でデンマークに戻ったため、運良く地震の被害を受
けることはありませんでしたが、その後、次第に判明する震災
の被害や、日々深刻化する福島原発事故の情報を追うなかで、
インターネット上でさまざまな論者が、今後の日本のエネルギ
ー政策の方向性について言及するのを目にするようになりまし
た。そうした議論を俯瞰すると、「自然エネルギーへの転換は
必要とはいっても現実的ではない。原子力はおいたとしても、
石炭火力で代替するしかない」という論調が多く展開されてい
るという印象を受けました。

本当に自然エネルギーへの転換は現実的ではないのでしょうか?

現在、世界各国がエネルギー安全保障・経済対策・気候変動対策
の柱である自然エネルギーをいかにして増やすかを第一に考え、
実際に取り組んでいます。こうした動向を踏まえれば、口頭一番
に自然エネルギーを選択肢から外すような日本での議論は、海外
ではとうてい考えられないようなバランスの悪さであり、わたし
は違和感を感じます。そうした議論に対しては、端的にいって
「第4の革命」と呼ばれる「世界の自然エネルギーの急速な普及」
という現実を理解せず、未来の持続可能なエネルギー社会への想
像力が欠如しているのではないかと疑ってしまいます。

以上のようなことから、本連載では、試行錯誤しながら経験と知識
を積み上げてきた北欧・欧州の実績を参照しつつ、また、国レベル
の政策では失敗したものの、海外の先進事例に習って日本国内で先
行して取り組みを進めてきた地域の事例なども踏まえ、日本の中長
期的な環境エネルギーの展望を探りたいと思います。

◇加速する世界の自然エネルギー◇

では、世界の自然エネルギー市場がどのような勢いで成長している
のかをみてみましょう。「21世紀のための自然エネルギー政策ネッ
トワーク(REN21)」によれば、世界の自然エネルギー新規設備へ
の投資額は、2000年代中盤から急速に拡大し、2008年のリーマン
ショックを経ても成長を維持し、2009年には1,500億ドルへと伸び
ています(表1)。また、自然エネルギーのなかでも著しい成長を
見せる風力発電(表2)と太陽光発電(表3)の設備導入量の加速は
圧倒的です。

〜〜〜〜〜〜

【サブタイトル】

◇日本の自然エネルギー政策の失敗:新エネRPS法◇

◇失敗は繰り返されるか:日本版固定買取価格制◇

◇失敗から学ぶことができるか◇

◇本日の一冊◇

★全文と表は、「シノドス・ジャーナル」をご覧ください。
Posted by 永田光美 at 12:39 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
顔の見えるエネルギー「飯田の実績を元に東京が全国に種をまく」おひさまファンドが描く自然エネルギーの未来 〜ジアスニュース掲載〜【おひさまファンド・メールニュース10/11/5号】 [2010年11月08日(Mon)]

2010年11月5日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュース
です。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。「おひさまファンド」の永田光美です。

おひさまエネルギーファンド株式会社は、平成22年9月8日より
「立山アルプス小水力発電事業」、11月1日より「信州・結いの国
おひさまファンド」への市民出資募集を開始し、現在募集中です。

現在の募集状況はこちらです。

おひさまファンドの記事が、"人、地球、環境を考えるビジュアル
ニュース"、ジアスニュース・顔の見えるエネルギーに掲載されました。
おひさま共同代表の原亮弘、おひさま発電所の保育園の先生、そして
私も写真入りで掲載されています。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える”  〜市民出資募集中 〜
 ☆「立山アルプス小水力発電事業」
*募集締切予定 A号:2011年3月末日 B号:終了いたしました*
 ☆「信州・結いの国おひさまファンド」
*募集期間 : 2010年10月29日〜2011年1月21日 

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/11/5FRI http://www.ohisama-fund.jp/

1) 【メディア掲載情報】  おひさまファンド掲載
   ジアスニュース・顔の見えるエネルギー第9回
「飯田の実績を元に東京が全国に種をまく・おひさまファンドが
描く自然エネルギーの未来」     2010/11/01

2) <今週の出資者の声>
〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1) 【メディア掲載情報】  おひさまファンド掲載記事
  ジアスニュース・顔の見えるエネルギー 第9回
「飯田の実績を元に東京が全国に種をまく・おひさまファンドが
描く自然エネルギーの未来」  2010/11/01
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市・
東京都中野区、共同代表:原亮弘:飯田哲也)の記事が "人、
地球、環境を伝えるビジュアルニュース"ジアス ニュースに
掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

おひさまファンドの共同代表・原亮弘、おひさま発電所 の一つ
である明星保育園の先生、そして私も写真とコメント を紹介
して頂いています。

【記事抜粋】

今年9月、日本で初となる小水力発電事業に対するファンドの
出資申し込みが始まった。富山県の立山アルプスを水源とする
小早月川に定格1000kWの小水力発電設備を建設する「立山
アルプス小水力発電事業」。その事業資金を直接市民に募ろう
という試みだ。

1口50万円のA号(目標年間配分利回り3%、契約期間7年)と、
B号(目標年間配分利回り7%、契約期間1.5年)の2種類の募集
枠があり、B号は募集開始から1カ月を待たずに募集口数を満た
した。子どもに豊かな未来を残すことを願って親や祖父母が
子どもの名前で出資をするケースも目立つ。「ちいさなでんきが
もっとふえていってほしい。ぼくもでんきをたいせつにするよ!」
という4歳の投資家のメッセージが印象的だ。

立山アルプス小水力発電事業の募集と広報を担当している永田
光美さんは、「ホームページやメールマガジンで出資者の声を
紹介しています。自然エネルギーに託す出資者のメッセージは
宝物。これを広げていきたい」と話す。

ファンドの募集を取り扱うのは、おひさまエネルギーファンド
株式会社。長野県飯田市を中心とした南信州一帯で、 太陽光発電
の普及事業に市民出資を募り、これまでに南信州 エリアで162件
の設置実績のある「おひさまファンド」として知られ、自然エネ
ルギー普及の成功事例として全国的な 注目を集めている。

(中略)

さて、立山アルプス小水力発電事業に話を戻そう。最大 1160口
のA号契約では、最終的にお金の分配が終わるのは 10年後だ。
つまり、出資者は10年という長い期間小早月川 の小水力発電事業
に注視していくことになる。永田さんは出資者への対応をする際、
「これから長いおつきあいを よろしくお願いします」との思いを
込めるという。

金融商品にはリスクはつきものだ。だからこそ、デュー デリジェ
ンス(投資対象の価値を正確に把握するために行う詳細な調査の
徹底と、金融商品としての魅力を高め、 ファンドの組成に心血を
注いだという永田さん。 「この事業が成功するか否かは、一つの
会社が波に乗るか どうかの話ではなく、市民出資のあり方や今後
の自然エネルギーの普及に大きな影響を及ぼす。だから、絶対に
失敗させるわけにはいかない」

私たちが出すお金が、何に、どのように使われ、その結果どのよう
な社会をつくることになるのか。それがダイレクト に見えるこの
取り組みは、日本の自然エネルギーの普及、そして金融商品のあり
方に一石を投じ、大きな波紋となって 広がっていくに違いない。

記事写真・文/キタハラマドカ(ジアスニュースライター/
横浜北部のエコメディア森ノオト編集長)

■記事全文は、ジアスニュースをご覧ください

―――――――――――――――――――――――――――――
2. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
―――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な
原動力です。出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて
頂きます。

「今年結婚し、富山に引越してきました。身近になった立山で地球の
未来のために出資しました。」     
        鍋澤 ゆみ 様  (富山県、女性、20代)  
                (ゆみ様の字は、示編に右、美)

「環境に負荷をかけず、自然の美しさをそのままにしながらできること、
私も始めます。 」
         庄田 多江 様 (大阪府、女性、20代)


おひさまファンドは出資者の皆様と共に、今後も温暖化防止に向けて
取り組んで参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうござい
ました。

*「立山アルプス小水力事業」の詳細はこちらです。

*「信州・結いの国おひさまファンド」の詳細はこちらです。

 ■おひさまファンドの公式Webサイト(メールニュースの登録は
こちらから)


  ●リンクしてくださる方、募集しています
  
Posted by 永田光美 at 14:09 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
【メディア】EICネット『エコナビ』におひさまファンドが紹介されました! [2009年12月16日(Wed)]

環境省の外郭団体である
財団法人環境情報普及センターが運営するサイト、
EICネット『エコナビ』におひさまファンドが紹介されました。

このEICネットは、インターネットを活用した環境情報の提供や
情報交流の促進を図ることを目的に開設されたサイトで、
中でも今回紹介された『エコナビ』は、
私たちのライフスタイルが環境問題と密接に関わることに着目し、
一人ひとりが日々の生活や行動を見直して、
各々の個性や状況にあった「エコ」を選択・実践していくための
情報を提供しています。

自然エネルギー生活004 市民主導の自然エネルギー普及
−自然エネルギーを使う・3−

〔サマリー〕
自然エネルギー設備の設置を個人で行うには、
まだまだ多額の費用が掛かりますが、
私たち一人一人が少しづつお金を出し合って(出資して)
自然エネルギー設備を設置し事業を行うことができます。

これは「市民出資」という仕組みで、
事業によって得られた利益を出資者が
きちんと受けることができる点に特徴があります。
この仕組みは民主的なエネルギー政策に関心の高い
デンマークでもともと始められたもので、
日本も同じマインドを引き継ぐものです。

また、市民出資にはこの他にも多くの利点があります。
例えば、大切な人へのプレゼントとして出資をしたり、
出資者と現地をつなぐツアーを通じて地域活性化を行うなどです。

■詳しくは、EICネット『エコナビ』をご覧ください。
Posted by 永田光美 at 16:08 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
【緊急告知】必見!明日のNHKニュース(おはよう日本) [2008年08月11日(Mon)]

みなさん、こんにちは笑顔

おひさまファンドの募集担当笹川桃代です。

暑さ厳しい毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか太陽
私は先週早めの夏休みをとり、本日よりまた勤務開始です。
暑さに負けず、頑張っていきますびっくり

さて、皆さんにお知らせです。
株式会社西友さんのご協力で、おひさまファンドへの寄付金を募る募金が「温暖化防止おひさま募金」の名前で、8月1日より全国の西友・サニーの店舗にて開始しています。

*募金について詳しくはこちらをご覧ください;
http://www.ohisama-fund.jp/press_080730.html


その募金についてNHKより取材を受け、明日の朝放映予定です。
直前のご案内になりましたが、もし気づいてくださった方はぜひチェックしてみたくださいね!

<放送予定>
・放送番組:NHKニュース おはよう日本
・放送日時:2008年8月12日(火)午前4時30分〜午前8時13分
       ※放送は、7時台になる見込みです。
・内容:西友とおひさまファンド連携で誕生した「おひさま募金」について

(※放送内容は、突然変更になる可能性もありますのでご了承下さい)

残暑も長引くと思いますが、どうか、みなさまお身体お気をつけ下さいませ笑顔

Posted by 笹川桃代 at 19:14 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
5/22のNHKラジオで紹介されます! [2008年05月17日(Sat)]

みなさん、こんばんは!
笹川 桃代です月

今週は土日とも、説明会です。気合いで頑張ります笑い

またまた、おひさまファンドのメディア掲載情報です。
おひさまファンドが、今度は、NHKラジオに登場します!

NHKの記者さんが、わざわざ東京から飯田市の本社まで取材に来てくださり、
当社取締役の原へインタビューをしてくださいました。
乞うご期待!


*******「おひさまファンド」の特集放送予定********
・日時:2008年5月22日(木)朝7時40分~8時の間で7分程度
 ※首都圏と山梨県向け放送
・番組名:ラジオあさいちばん(NHKラジオ第一)
・コーナー:『朝一エコトーク』
・内容:「市民出資でエコ推進」
 温暖化効果ガスの効率的な半減には、太陽電池など最新技術の普及が
不可欠。しかし普及には多大な費用がかかるが、その解決策のヒントと
なるのが、長野県飯田市での取組み。
 長野県飯田市にあるNPOが設立した会社では、市と協力して、太陽光
発電の設備などの費用を集めるために、数年前にファンド「南信州おひ
さまファンド」を設立。順調に目標額を集め、事業を進めている。
 さらに去年11月からは「温暖化防止おひさまファンド」を設立。岡山、
長野、北海道の施設や事業に投資をする。
 ボランティアではなく、投資という形で環境・エコを進めようという
取組みやその仕組みについて伺う。
********************************

★1月17日放送NHK「クローズアップ現代」についての特集紹介;
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/16
Posted by 笹川桃代 at 01:13 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
毎日新聞に当社記事が掲載されます! [2008年05月16日(Fri)]

こんにちは〜!笹川です。
東京には昨日からやっと5月らしい季節が戻ってきました。
明日からいよいよ説明会です!
新しい方達にお会いできるのが今から楽しみです笑顔

==

今週中に「おひさまファンド」の取組みの紹介記事が、毎日新聞に掲載される予定です。
比較的大きな特集記事になる予定とのこと。

正確な日時は確定していませんが、購読されている方は是非チェックしてみてくださいね。

*もしかして今日の朝刊の可能性もあります・・・困った

以上、緊急お知らせでしたリボン
Posted by 笹川桃代 at 12:46 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
“あなたのクリックが、温暖化を防ぐ” [2008年04月01日(Tue)]

みなさま、こんばんは。
春爛漫、桜満開の東京から笹川桃代ですチューリップ

今日の東京はこんな感じでした^^
(写真は、中野駅からオフィスに向かう道中でとったものです)



本日、「おひさまファンド」に関連のプレスリリースをしました!








〜〜〜以下引用〜〜〜〜〜〜
2008年4月1日プレスリリース

===================================
クリックするだけで、誰でも無料で二酸化炭素が減らせる
“あなたのクリックが、温暖化を防ぐ”
「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」キャンペーンを開始

==============================

 国内の自然エネルギー事業を進めるために市民から出資を募る市民ファンド「おひさまファンド」を募集・運営するおひさまエネルギーファンド(長野県飯田市、代表取締役山口勝洋)は、携帯向けコンテンツ配信ベンチャーのアサップネットワーク(東京都品川区、代表取締役西山圭)と提携し、2008年4月1日より【「携帯クリック募金」x「おひさまファンド」キャンペーン】の実施に協力します。
つづきはこちら>>>>
〜〜〜引用おわり〜〜〜〜〜〜


・・・ということなんです!

キャンペーン期間中、「携帯クリック募金」 サイトに訪問したユーザーの1クリックあたり1円を、今募集中の温暖化防止おひさまファンド」に対して、クリック募金の事務局であるアサップネットワークさんが出資してくれます

サイトを訪れクリックしてくれたユーザーの皆さんには金銭的負担は一切なく、
地球温暖化防止活動を支援することができるという仕組みです!

ちなみに、1クリック1円の出資でどれだけの効果があるのかというと、
1クリックあたり37グラムの二酸化炭素(CO2)削減を見込んでいます!

おひさまファンドは、最低の参加金額が一口10万円からです。
これでは、学生や若者などのお金に余裕がない層の皆さんには、
ちょっと金額が大きすぎるという声も頂いています。

今回、このクリック募金と連動したキャンペーンで、
若い世代の人も含めたより多くの方に
「おひさまファンド」や
地球温暖化に向けてできること、
を知っていただける機会になればと期待しています
チューリップ


今日から毎日1日1クリックをお願いします!!!

お友達にもぜひ紹介してください!

※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/(携帯電話からのアクセスのみ募金可能です)
     ※携帯3キャリア対応 (i-mode, EZweb, softbank)
※キャンペーンページ:
   http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html
Posted by 笹川桃代 at 23:12 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ