CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | メディア情報»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
第8回南信州おひさま発電所・事業見学ツアー 開催のお知らせ  2011年11月26日(土)・27日(日) [2011年11月01日(Tue)]

おひさまエネルギーファンド株式会社の事業主体である、
おひさま進歩エネルギー株式会社は、今年も事業見学ツアー
を開催いたします。

詳しくは、本文をご覧ください。

◇「立山アルプス小水力発電事業」の出資者の声をお伝えします。

<<”あなたのお金が社会を変える”「立山アルプス小水力発電事業」
   ・「信州・結いの国おひさまファンド2」募集中!>>
  2011/11/1TUE http://www.ohisama-fund.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【ツアー開催のお知らせ】 2011/11/26〜27
    第8回 南信州おひさま発電所・事業見学ツアー
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社の事業主体である、
おひさま進歩エネルギー株式会社は、今年もおひさま発電所
(おひさま事業)見学ツアーを開催いたします。

皆様の出資により、長野県南信州地域ではエネルギーの地産地消
の実践を積み重ねてくることができました。3.11を経て、その
意義は益々大きくなってきています。

8回目の出資者ツアーは、好評の「0円システム」を視察したり、
旬を迎えた南信州のりんごを味わって頂く内容です。
出資をご検討されたい方も、対象とさせて頂いております。

スタッフ一同、お会いできることを楽しみにしております。

【 概要 】太陽光パネル設置先事業所/個人宅見学・飯田市街地散策、
    宿泊先チップボイラー見学、信州名産りんご狩り等

【 日時 】 平成23年11月26日(土)・27日(日) 1泊2日

【 宿泊 】:天空の湯殿・赤石荘
  (温泉は弊社事業で導入したチップボイラーを使用しています。)

【 料金】:16,500円 (現地交通費、宿泊費、食事代等込み)

【お申し込み・問い合わせ先】
     おひさま進歩エネルギー(株) 担当:蓬田
       電話:0265-56-3710
     E-mail: yuinokuni@ohisama-fund.jp

――――――――――――――――――――――――
2. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された"意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――-
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たち
の大切な原動力です。今まで出資してくださった方の中から
幾つかお声を紹介させて頂きます。

「子供達が大人になる頃に、再生可能エネルギーが主流になり、
                緑あふれる日本であるように」
          松本 幸 様 (東京都、女性、30代) 

「私も自然エネルギーから作った電気で暮らしたいです。
             早くそんなおウチに引っ越したい。」
  nobcot 様 (兵庫県、女性、50代)

「将来夕達たちに、胸を張って渡せるような、
            この世界にしていきたいと思ってる。」
     土地家屋調査士曽根事務所 様 (東京都、男性、40代) 

出資者の皆様と共に、今後も持続可能エネルギーの普及に取り
組んで参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうござい
ました。

□本ツアー詳細・チラシは、おひさま進歩ホームページを
ご覧ください。


□おひさまファンドメールニュースのご登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 17:36 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
「自然エネルギー・これまでの10年、これからの100年」環境エネルギー政策研究所 設立10周年記念シンポジウムに参加しました [2011年03月08日(Tue)]

こんにちは。

おひさまエネルギーファンドでお手伝いをしている
環境エネルギー政策研究所インターンの仁平です。

今回は2011年3月4日に東京・で行われた、
『「自然エネルギー・これまでの10年、これからの100年」
 環境エネルギー政策研究所 設立10周年記念シンポジウム』に
参加してきましたので、参加レポートをお送りします。

シンポジウムは、環境エネルギー政策のこれまでとこれからを展望する内容で、
環境エネルギー政策研究所設立からの現在までの10年を振り返るパート、
現在、ISEPが行なっている事業の紹介のパート、
そして、今後の100年を展望するパートの3部構成になっていました。

そこで参加レポートとして、それぞれのパートの内容を少し、
ご紹介したいと思います。

第一部:持続可能なエネルギー社会・これまでの10年を振り返る
このパートでは、環境エネルギー政策研究所と共に、
これまで活動を続けてきた方にご登壇いただき、
これまでの10年をそれぞれの視点から振り返っていただきました。

特に、再生可能エネルギーの取り組みとして、
市民風車の設立、そこから波及したおひさまエネルギーファンドなど、
市民出資によるエネルギー事業の取り組みや、
東京都のディーゼル規制から始まり排出量取引制度まで至った道筋、
原子力政策のこれまでの動きなどについて、
投資と再生可能エネルギーの取り組みについて報告をいただきました。

=ご登壇いただいた方々=====
飯田 哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)
井田 徹治 (ジャーナリスト)
大野 輝之 (東京都環境局長)
大林 ミカ (元環境エネルギー政策研究所副所長)
河口真理子 (社会的責任投資フォーラム代表理事)                       
鈴木  亨 (北海道グリーンファンド事務局長)
西尾  漠 (原子力資料情報室共同代表)
長谷川公一 (東北大学教授)


第二部:ISEPの活動紹介
このパートでは、現在ISEPが行っている事業についての紹介を行いました。
自然エネルギー白書2011の発行や祝島100%自然エネルギープロジェクト、
そしてもちろん、おひさまエネルギーファンドの「立山アルプス小水力発電事業」も
活動報告として紹介をしました。


第三部:持続可能なエネルギー社会・これからの100年を展望する
最後のパートでは、今後の展望をみるパートで、
持続可能なエネルギー社会を作るために精力的に活動をされている方々による
今後の展望についてお話いただきました。

持続可能な社会とは何か、
再生可能エネルギーの普及のためにどのような取り組みが必要か、
市民の側から出来ることは何かという話から、
また、こうしたことが可能となるためには、
中間集団が日本の中で未発育なことが課題という話をしていただきました。

=ご登壇いただいた方々=====
飯田 哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)
植田 和弘 (京都大学大学院教授)
鎌仲ひとみ (映画監督) 
小林  光 (環境省上席参与・前環境事務次官)
竹村 真一 (京都造形芸術大学教授)
宮台 真司 (首都大学東京教授)


全体を通じて和やかな雰囲気の中で行なわれたシンポジウムでした。
これまでの10年間を見通してみると、
おひさまファンドも一端を担う様々な取り組みが実践され、
社会に対してインパクトをもたらしてきました。
その一方で、まだまだそのインパクトは弱いものであることも事実です。

次の10年が経ったときに、世の中はどのような動きとなっているのか、
ISEP20周年のシンポジウムが訪れる日が楽しみとなるシンポジウムでした。
Posted by 永田光美 at 15:34 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
「立山アルプス小水力発電事業」出資説明会・セミナー参加レポート [2011年02月08日(Tue)]

こんにちは。

おひさまエネルギーファンドでお手伝いをしている
環境エネルギー政策研究所インターンの仁平です。

今回は2011年2月2日に東京・神保町で行われた、
『「立山アルプス小水力発電事業」出資説明会・セミナー』に
参加してきましたので、
出資説明会・セミナー参加レポートをお送りします。

このセミナーは、以下の3つのテーマに沿って
それぞれのご専門の方からお話を伺い、
知識を深めたのち、立山小水力事業の説明と
質疑応答というプログラムでした。

テーマ
1.気候経済へむけて加速する世界の流れについて(末吉竹二郎さん)
2.経済と幸福の関係性について(伊藤宏一さん)
3.自然エネルギー普及の最新動向と市民出資について(飯田哲也)

まず、2月2日の特別講演として
国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問、末吉竹二郎さんより
1番のテーマについてお話いただきました。
まず、昨年12月のCOP16にて採択されたカンクン合意が
世界の温暖化対策に向けた重要な前進であったことや、
中国やアメリカで自然エネルギー導入に向けた取り組みが
積極的に行われていることについてご紹介をいただきました。
そして、こうした世界的な動きは、
気候経済とも呼べる新たな経済を生み出しており、
その経済の中では、企業経営、投資自体が
問題解決を持つことを求められていると
お話をいただきました。



次に、千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科伊藤宏一さんからは、
2番目のテーマについて、お話いただきました。
幸福の再定義が必要であることについて、
GDPの成長と幸福指数は
ある一定のレベルを超えると比例関係がなくなること、
GDPに代わる指標としてブータンのGNH(国民総幸福量)指標や
OECD幸福度指数が登場していること、
「自己実現の欲求」を最高次とするマズローの欲求5段階説には
さらに高次の「コミュニティ発展のための欲求」を
マズロー自身が考えていたという例を使って論じていただき、
さらに私利を得るための金融から人と自然を育てるための金融への
転換が求められているという内容についてお話いただきました。



そして、おひさまエネルギーファンド取締役飯田哲也
(環境エネルギー政策研究所所長兼務)からは、
3番目のテーマについて紹介を致しました。
昨今の自然エネルギーの普及状況の説明の後、
マネーのグリーン化、マネーの民主化・市民化、マネーのローカル化という
市民出資の持つ重要な意味について論じました。



そして、最後に立山アルプス小水力発電事業の
事業説明会と出資募集の案内です。
事業主体である株式会社アルプス発電代表取締役である古栃均が
小水力発電事業に関する発電所の建設場所や工期、
建設方法、収入の見通しなどについて詳細の説明を行ない、
おひさまエネルギーファンドから出資募集の詳細について説明をしました。



出資を検討中の方、すでに出資された方、
小水力事業や登壇者の話に関心がある方など、
幅広い層の方にご参加いただき、
事業説明と出資募集の案内にはとどまらない
厚みを持った出資説明会・セミナーになっていたようです。

普段なかなか直接お会いすることができない皆さまに、
直接お会いして説明を聞いていただく
良い機会となっていたのではないかと思います。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
2/12にも説明会は開催されます。

◆詳しくはこちらにてどうぞ!
Posted by 永田光美 at 16:26 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
おひさま発電所と霜月祭りと南信州の秋へのお誘い〜第7回おひさまファンド事業見学ツアーのお知らせです〜【おひさまファンド・メールニュース10/11/12号】 [2010年11月12日(Fri)]

2010年11月12日発行のおひさまエネルギーファンド・メールニュース
です。
メールニュースの登録はこちらです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。おひさまファンドの永田光美です。

おひさまエネルギーファンド株式会社は、平成22年9月8日より
「立山アルプス小水力発電事業」、11月1日より「信州・結いの国
おひさまファンド」への市民出資募集を開始し、現在募集中です。

現在の募集状況はこちらです


おひさまファンドは、出資者の方、出資を検討されている方を対象に、
12月11日(土)/12日(日)の両日に第7回事業見学ツアーを開催いたします。
この機会に、是非秋の南信州へお出かけください!

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”あなたのお金が社会を変える” 〜おひさまファンドからお便りです〜

<< おひさまファンド メールニュース 目次 >>
 2010/11/12FRI http://www.ohisama-fund.jp/

1)【イベントのお知らせ】
「南信州おひさま発電所・霜月祭りツアー」へのお誘い
おひさまファンド第7回出資者ツアー開催
平成22年12月11日(土)〜12月12日(日)

2) <今週の出資者の声>
〜託された”意思”をご紹介します〜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【イベントのお知らせ】
「おひさま発電所・お練りまつり見学ツアー」
平成22年12月11日(土)〜12日(日)  一泊二日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、
代表取締役:原亮弘)の事業主体である、おひさま進歩エネルギー
株式会社は、第7回事業見学ツアーを開催します。

これは、毎年おひさまファンドとおひさま進歩が実施しているもので、
全国の皆さまからのおひさま出資により、2004年から開始している
太陽光発電をはじめとした自然エネルギー事業を出資者、出資検討者に
見学して頂くものです。

今回は、自然エネルギーの事業見学に加え、以前ツアーで好評でした
秘境の里遠山郷での「霜月祭り」をはじめ、地域の魅力をご堪能頂く
ツアーです。

遠山郷は長野県の最南端、南信濃・上地方の山深い谷。日本三大秘境
のひとつと言われています。神々の棲む郷と言われるこの地域を代表
するお祭りが、国の重要無形文化財にも指定されている「霜月祭り」
です。毎年12月に地域内の複数の神社で、神に捧げる舞や祈祷が夜通
し催されます。

神々が舞い降りる不思議の谷で行われるこのお祭りは、宮崎駿監督の
映画「千と千尋の神隠し」にインスピレーションを与えたとも言われて
います。

■「遠山郷」と「霜月祭り」の詳細は、遠山郷観光協会ホームページを
ご覧ください。


☆ご宿泊: 遠山郷「いろりの宿・島畑」
素晴らしい自然景観と山の幸を雰囲気のある囲炉裏端でご堪能頂きます。

■ツアー詳細と、お申し込み、お問い合わせ先は、こちらをご覧ください。

今回のツアーは、出資者の方、出資ご検討の方、当社事業に関心のある
方を対象とさせて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください
ませ。また、定員に達し次第、お申し込みは締め切らせて頂きます。

*「信州・結いの国おひさまファンド」の詳細はこちらです

*「立山アルプス小水力事業」の詳細はこちらです。

――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 「立山アルプス小水力発電事業」出資者の声
   〜託された”意思”をご紹介します〜
――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様からお寄せ頂くあたたかなメッセージ、想いは私たちの大切な原動力です。
出資者の方の中から毎回、幾つかお声を紹介させて頂きます。

「世界中の美しい自然を、残せますように。」
       橋 信行 様 (静岡県、男性、40代)

「太陽光に続いて水力でも世界を引っぱって行ってください。再生可能
エネルギーの勇者」     
       Y MAX 様  (岐阜県、男性、50代)  

おひさまファンドは出資者の皆様と共に、今後も温暖化防止に向けて取り組んで
参ります。意思あるメッセージと行動をありがとうございました。

■出資者からのメッセージはこちらです。

■メールニュースのご登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 13:35 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
アースデー東京2010に出店しました。 [2010年04月21日(Wed)]

こんにちは。

おひさまエネルギーファンドでお手伝いをしている
環境エネルギー政策研究所、インターンの仁平です。

先週の4月17日、18日とアースデー東京2010が、
東京・代々木公園にて開催されました。
おひさまファンドも昨年に引き続き出店をしてきました。



アースデーとは、4月22日の“地球の日(アースデー)”の前後に行う
環境や平和に関連したイベントのことで、
アメリカの市民や学生団体が1970年にアースデーを開催し、
以来、世界各地でアースデーが行われています。

アースデー東京は、2001年から始められており、
第1回目から数えて、今年でめでたく10周年を迎えました。
毎年、環境運動や国際協力、平和活動などに取り組む
NPOや市民・学生団体などが中心となってイベントが運営されています。



会場では、オーガニック食品、フェアトレード、有機農業などの紹介、
ヨガやエコグッツの製作ワークショップ、市民団体のPRブースなど、
お天気にもめぐまれたこともあって、昨年よりもさらに多くの賑わいを見せていました。

そんな数多くのブースの中でも、
おひさまファンドは「エコ金融エリア」に出店をしてきました!



「エコ金融」とは、銀行など金融機関に預金している私たちのお金が、
環境破壊を起こす事業や軍事のために融資されていることを問題提起し、
私たちの預けるお金に意思を持たそうと提案するものです。

おひさまファンドでは、オルタナティブなお金の運用先として、
エコ金融エリアの説明と共に、おひさまファンドの取組みの紹介をしました。

初めておひさまファンドのことを知られた方は、
こういうお金の使い方もできるのか!と驚かれる方や、
もっと詳しく話を聞かせてほしいなど、
関心を持って話を聞いてくださる方など、
多くの方とお話する機会を持つことができました。

また、出資者の方からも「出資していますよ、頑張ってください」と、
暖かいお声をかけていただきました。

さらに、日曜日には、ステージでのPR時間もあり、
エコ金融エリアで出店をしていた、
天然住宅さん、中央労働金庫さん、JCBLさん、
オイコクレジット・ジャパンさん、A SEED JAPANさんと共にPRを行いました。



ギターデュオ、ゴンチチ演奏のすぐ後でのPRだったので、
たくさんの方にエコ金融エリア、おひさまファンドのことを
知っていただくことがきました。



来年もアースデー東京は開催予定です。
また、これからも全国各地でアースデーが開催されます。

4月24日、25日には、アースデー大阪、
5月1日、2日には奈良県で開催される
アースデー平城京にもおひさまファンドが出店します。

お近くの皆さまはぜひいらしてくださいね。

Posted by 永田光美 at 14:33 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
アースデー東京2009に参加しました! [2009年04月24日(Fri)]

こんにちは。
おひさまエネルギーファンド東京オフィスの永田です。

先週、4月18日、19日に東京の代々木公園で行われた
アースデー東京2009におひさまファンドが参加しました!




アースデーとは、1970年代にアメリカで始まったイベントで、
4月22日を“地球の日”と定め、この日の前後に
世界各地で環境に関連したイベントが行われています。

また、私たちが参加したアースデー東京は2001年から始められており、
環境運動や国際協力、平和活動などに取り組むNPOや学生団体など
主に市民が中心となってイベントが運営されています。
昨年は12万5千人の動員を記録している大きなイベントです。


イベントでは、オーガニック食品、フェアトレード、環境教育、市民活動の紹介など、
さまざまなテーマに沿ったブースが出店し賑わいを見せていました。

そんな数あるテーマの中でも、
おひさまファンドは、「エコ金融エリア」での出店をしました!




「エコ金融」とは、銀行など金融機関などに預金している私たちのお金が、
環境破壊つながるような計画や軍需に融資されているかもしれないということを
問題提起し、私たちの預けるお金に意思を持たそうと提案するものです。
さらに詳しく知りたい方は、学生NGO団体、A SEED JAPANさんが
詳しい説明をしているので、そちらをご覧ください。


このエリアで私たちは、
エコ貯金の話を聞き、私たちのお金に意思を持たせるためには
どうしたらいいのだろうと考え始めた方に
オルタナティブなお金の運用方法の提案として、
おひさまファンドの取り組みを紹介しました。

また、ステージでもエコ金融エリアのPRタイムがあり、
天然住宅中央労働金庫A SEED JAPANとともにPRをしてきました。





興味津々で説明を聞かれる方、
既におひさまファンドをご存じで応援をしに来ていただいた方、
こんな事業があったのかと驚かれる方など、
多くの方にお会いし、お話することができました。

来年もアースデー東京は開催予定です。
また、これからも全国各地でアースデーが開催されます。

5月2日、3日には奈良県で開催される
アースデー平城京にもおひさまファンドが出店します。


お近くの皆さまはぜひいらしてくださいね。

Posted by 永田光美 at 11:52 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
自然エネルギー・省エネルギー起業講座 2009/1/30〜2009/2/1 2泊3日 [2009年01月08日(Thu)]

 こんにちは。おひさまエネルギーファンドの募集を担当しております永田です。

 おひさまファンドの母体、NPO法人南信州おひさま進歩は、長野県飯田市にて「自然エネルギー・省エネルギー起業セミナー」を開催いたします。環境関連で起業をお考えの方、この機会に、是非、飯田までお出かけくださいませ。


生き方をさがす エネルギーをつくる 地域でおこす

 おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市、代表取締役社長山口勝洋)の母体である、NPO法人南信州おひさま進歩は,「自然エネルギー省エネルギー起業講座」をきたる2009年1月30日(金)〜2月1日(日)に開催いたします。一昨年に続き、第3回目となります。

日常生活に欠かせないエネルギー。石油が不安定な今、エネルギー分野は、身近にある資源を活かし、オリジナルなビジネスを興す可能性を秘めた、新しい市場です。環境モデル候補都市として選ばれた、エネルギーの地産地消と省エネに取り組む環境先進都市 飯田市で、地球にも地域にも未来にも優しいビジネスを一緒に描いてみませんか。

【講演予定者】講演順
●奥谷京子氏●(WWBジャパン代表)
WWBジャパン事務局長を経て2005年7月より代表に就任。起業関連スクールの開催や講師で全国をとびまわる。ワークショップのコーディネータを勤める。

●井上弘司氏●(地域再生診療所所長)
2003年内閣府「観光カリスマ」に認定される。ワーキングホリデー等多様なアイディアを取り入れた「都市農村交流」により、都市農村交流事業の先駆的な手法による地域活性化のパイオニアとして活躍。

●齋藤友宣氏●(NPO法人木野環境代表)
2001年2月より、京都府認証のNPO法人として木野環境を設立。2006年までに支援組織が80社を超え、省エネルギー・新エネルギーに関する調査研究や、市民活動として多くの新規事業に挑む。

●牧野光朗氏●(飯田市市長)
日本政策投資銀行の大分事務所長を経て、平成16年10月飯田市長に就任。環境モデル候補都市となった飯田市は、低炭素社会構築に向けて大幅な温室効果ガス削減を目指す。

●飯田哲也氏●(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
京都大学工学部原子力各工学科修士、東京大学大学院先端科学技術センター博士課程終了。行政の環境審議会等歴任。自然エネルギー市場における先駆者。

●片岡勝氏●(市民バンク代表)
大手銀行退職後、1985年に(株)プレスオールタナティブ設立。途上国仕事作り支援「第3世界ショップ」、市民事業支援「市民バンク」を設立。地域による地域のための投融資を指導・育成。著書多数。

【対象】
 ・自然エネルギーや環境問題に関心のある方
 ・離職・退職後の新天地を探している方
 ・技術や経験を活かしたい団塊の世代の方
 ・環境問題解決型ビジネスの夢を描く学生や若者
 ・コミュニティビジネスの起業や就業に関心のある方
 ・ふるさとや地域活性に取り組む方
など、どなたでもご自由にご参加ください。

【日 時】2009年1月30日(金)31日(土)2月1日(日) 2泊3日
【会 場】:長野県飯田市 飯田市公民館 (宿泊:飯田市内)
【受講料】:無料 (宿泊費等実費 2万円程度必要)
【定員】:40人(先着順)
【主催】:NPO法人南信州おひさま進歩
【共催】:飯田市、飯田地球温暖化対策地域協議会、おひさま進歩エネルギー株式会社 
【後援】:長野県地球温暖化防止活動推進センター
【企画協力】:WWB/ジャパン、NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)

■詳しくはこちらをご覧ください。

■お申し込みはこちらです。
Posted by 永田光美 at 18:13 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
事業内覧ツアー報告2/2 [2008年11月28日(Fri)]

引き続き、おひさま進歩の谷口です。いよいよ初日夜です。宴です乾杯
天竜峡の飯田市の宿舎に向かいました。


どうですかこの迫力!? 名物の五平餅です。こちらでは五平餅をご飯の代わりに食べたりするようです。ボリューム満点。他にも珍味のイナゴや、もみじやりんごのてんぷらといった、季節を満喫できるメニューになっていました。この仕出し料理は、地元の方が地産で取れた素材を直接料理して下さったもので、まさに、”地産地消”ですね。


おいしい食事と飲み物で満腹になってきたところで自己紹介と自らの参加した思いを語っていただきました。皆さん本当に熱い思いで参加してくださっていて、やはりツアーの内容を創るのは参加者だなーということを非常に感じる次第でした。
その夜、宴は大いに盛り上がり、参加者とスタッフで熱く語り合う時間でした。
スタッフは参加者の方々の各地域でのお話が勉強になりました。



翌朝は、現地施設に飯田市が設置した、木質ペレットボイラーを見学しました。
燃料を入れるサイロ、自動給仕コンベアー、そしてボイラーで給湯を温めていました。
木質ペレットはサイズが一定規格になっていて、石油のように温度調節が容易であることが大きなメリットです。トラックが定期的にサイロに燃料を補給にきています。
石油を使わず地元廃材から作ったペレットで、CO2も減らせる、一石二鳥ですね(あとは価格がさらに安くなるように需要を増やしていくことですね。)


2日目は観光も兼ねて、りんご狩りに行きました。おいしいりんごの見分け方、高い所の採り方、現地の方にクイズも出してもらいながらわいわいと楽しみました。

そして、最後は千代地区の昔ながらの料亭にいきました。
ここでは、千代地区という3000人あまりの自治区の街づくり委員会前会長より、任意団体で初めておひさまに出資してくださるようになった経緯や、その他の森林への取組み等をお話いただきました。比較的小さい地区としても、やはりひと悶着の末の合意だったということでした。生の声が聞けました。



今回のツアーでは、事業内容を体系的に説明するような時間はもちませんでしたが、皆さまからのお金が形になっているという現場を見てくださることで、新たに積極的に出資を検討したいとアンケートに書いてくださった方が5名ほどいらっしゃいました。
季節感満載な南信州地域で、地域で循環する環境社会の先駆的な例をたっぷりと味わっていただけた機会にできたかと思います。
スタッフは満足度が高く、すでに次回も同じ場所に行きたいねと話しております。

それでは、次回をご期待ください笑い

Posted by 谷口 彰 at 09:35 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
事業内覧ツアー報告1/2 [2008年11月27日(Thu)]

お元気ですか。南信州よりおひさま進歩の谷口です。

先週末の21日22日は、1泊2日にて、計18名の方(出資者の方7名含む)とスタッフで長野県南信州における事業の内覧ツアーを行いました。
今回は初めて、出資者とその関係の方だけでなく、出資を検討されている資料請求者の方もお誘いいたしました。
2日とも最高の天気に恵まれ、環境に熱い方々と楽しいひと時を過ごせました音符


地元の信南交通のバスをお借りして、出発自動車
みてください、この天気!





まずはおひさま発電所第一号であり、環境教育にも力を入れている、明星保育園に行きました。
さっそく、弊社マスコット、さんぽちゃんをつかったパネルシアター(環境教育)のさんぽちゃん登場シーンを動画でご覧ください。クリックすると動画が見られます。



続いて、明星保育園の先生方に、現在行っている取組みについて、お話いただきました。



外の太陽光パネル前にて、集合写真。こちらは唯一募金のみで設置したパネルです。
募金のみでは、金額が集まらず本当に苦労しました。



つづいて、グリーン熱エネルギー・省エネルギー設備導入施設に行きました。
エネルギーを有効活用する、ヒートポンプです。夏場は冷房の熱交換でできた熱を湯の加温に用い、冬場はいわゆるエコキュート同様、夜間電気で湯を加温するシステムです。
ちなみに飯田はもう外が寒いですペンギン



その後、機械室に入り給湯のシステムを見学しました。なかなか一般人は入ることができない奥深くの機械室、少しオゾン消毒の臭いがありましたが、皆狭さももろともせず熱心にスタッフの説明を聞いていました。
多くの濾過槽、貯水タンクや制御パネル、説明を聞くことでそのシステムが少しずつわかりました。

2につづく。

Posted by 谷口 彰 at 07:39 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
おひさまファンドミニ説明会→日程追加しています! [2008年09月25日(Thu)]

こんにちは。
お久しぶりの投稿です。
ファンド募集担当の東京事務所の笹川桃代です笑顔

リーマンブラザーズが破産し、経済金融界の動きが慌ただしく報道されていますね。
ただし、国内の自然エネルギー事業に直接投資するおひさまファンドには、直接は全然関係がない話です。

お金の流れも、投資する人と使う人が、目に見える範囲で循環すれば、
安全安心だし、必要なこともできるように私は思います。

食べ物の安全性も危ぶまれていますが、
それも同じことと感じます。

====

さて、下記の通りおひさまファンドのミニ説明会を弊社オフィスで随時開催しています。

次回開催が、来週の10/2、10/4と迫っています。

とてもアットホームな小規模な会なので、
どうかお気軽にお越しいただけたらと願っています。

■過去の説明会の様子;
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/archive/92


お待ちしております!


【転載歓迎!】
-----------------------------------------------
 ”あなたのお金が温暖化を防ぐ!”
おひさまファンド・ミニ説明会の開催のご案内
-----------------------------------------------

おひさまファンドは、全国の市民の出資をもとに、
長野県飯田市を中心とした地域で太陽光発電などの自然エネルギーを
増やし省エネルギーを進める事業を行っています。

現在、合計でサッカーコート1面分の広さにもなる110カ所の
太陽光発電所等を完成させるための温暖化防止おひさまファンド
を今年の12月末まで募集中です。
http://www.ohisama-fund.jp/

「ぜひ直接説明してほしい」というお声にお応えして、
下記の通り「おひさまファンド」に関するミニ説明会を
月に1~2回の頻度で弊社東京オフィスにて開催しています。

おひさまファンドについて、スタッフが直接ご説明します。
会社の雰囲気を見たい、スタッフと直に話したいなど、どんな方で
もどうかお気軽にお越しいただければ嬉しいです!

どうぞお気軽にご参加下さい。
◇日時:
・第3回 2008年10月2日(木)19時〜20時30分
・第4回 2008年10月4日(土)13時〜14時30分
・第5回 2008年10月21日(火)10時30分〜12時
・第6回 2008年10月30日(木)19時〜20時30分
※第7回目以降開催の場合は、日程決まり次第お知らせします。
(申込状況を鑑みて頻度を変更することがあります)

◇場所:おひさまエネルギーファンド(株)
 東京事務所 会議室にて
  〒164-0001 東京都中野区中野4-7-3
  JR中央線/東京メトロ東西線 中野駅北口より徒歩7分
   http://www.ohisama-fund.jp/contents/corp_aboutus.html

◇対象者:おひさまファンドへ出資に興味がある一般市民の皆さん

◇参加費:無料

◇定員:各回12名(先着順)

◇内容(予定):所用時間約90分
1)ビデオ紹介(当社より:5分程度)
2)おひさまファンドのご説明(当社より:45分程度)
 ※担当スタッフよりスライドを映して、
「おひさまファンド」について概要をご説明します。
3)質疑応答(30分程度)
 ※疑問点など、どんなことでもお気軽にご質問ください。

◇【重要】申し込み方法:
 参加にあたっては、必ず事前にお申し込みをお願いします。
 下記のフォームまたは、お電話でお申し込みくださいませ。
 https://www.ohisama-fund.jp/cgi-bin/event/
 TEL:03-5318-3338(受付時間:平日10時〜18時)
Posted by 笹川桃代 at 19:51 | イベント | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ