CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 【注意事項】 | Main | お知らせ»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
【プレスリリース】「地域エネルギー活用セミナー」を富山で初開催 〜市民がつくる自然エネルギーと市民出資〜 11/4/27(水) [2011年03月30日(Wed)]

【プレスリリース】          2011/3/30 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「地域エネルギー活用セミナー」を富山で初開催
『市民がつくる自然エネルギーと市民出資』
〜富山・北陸地域のエネルギーと
          「志のお金」で拓く地域の未来〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おひさまエネルギーファンド株式会社(共同代表取締役:
飯田哲也/原亮弘。東京本社:東京都中野区/長野本社:長野県
飯田市。通称「おひさまファンド」)とNPO法人環境エネルギー
政策研究所
(所長:飯田哲也)は、2011年4月27日(水)、
富山市にて、セミナーを開催いたします。富山市では、初めての
開催になります。

 今、自然エネルギーは、地球温暖化防止とエネルギー危機への
決め手であると同時に新しい経済を興しつつあり、世界中で「第4
の革命」と呼ばれる大きな変化を巻き起こしています。
その自然エネルギーを地域から市民の力でつくりあげていく取り
組みが広がっています。 

 本セミナーは、富山・北陸地域に豊富にある水力資源をはじめ
とする自然エネルギーを、志ある市民のお金「市民出資」によっ
て地域事業として実現することで、「21世紀の新しい地域経済」
の可能性を展望します。そのため、国内外で活躍するトップ専門家
の方々から最新動向を講義していただく予定です。

【地域エネルギー活用セミナー『市民がつくる自然エネルギーと
                 市民出資』 詳細】

日時: 2011 年4月27日(水) 18 時 30 分〜20 時 30 分
    (18時15分開場)

会場: 富山県民会館 302号会議室(富山県富山市新総曲輪18号)
    (定員:63名)
(地図:http://kenminkaikan.com/accessmap/map.htm)

参加費: 無料 (事前登録制)  登録メールアドレス:info@ohisama-fund.jp

<プログラム>
18:30 開会  (18:15 開場)

ご挨拶 浦井彰(環境エネルギー政策研究所) 

講演1 「加速化する低炭素経済の流れ」 末吉竹二郎氏
    国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問

講演2 「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」伊藤宏一氏
    千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授

講演3 「地域のエネルギーを市民のお金でつくる」飯田哲也
    おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
    / 環境エネルギー政策研究所所長 

おひさまファンド事業紹介・立山アルプス小水力発電事業紹介

Q&A

20:30 閉会

【主 催】おひさまエネルギーファンド株式会社
     特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)

【後援】アースデイとやま2011実行委員会

◇本セミナーの会場で使用する電力は、グリーン電力1,000kWh(バイオマス発電)に
よってまかなわれています。

◆本リリースのPDF版、チラシはこちらをご覧ください。
Posted by 永田光美 at 18:22 | プレスリリース | この記事のURL | コメント(0)
【プレスリリース】市民の力でアルプスの水車が回る。説明会・セミナー開催のお知らせ。(おひさまエネルギーファンドより) [2011年01月14日(Fri)]

平素大変お世話になっております。
おひさまエネルギーファンドの永田です。

2011年1月13日配信のプレスリリースです。
是非ご覧ください。

【プレスリリース】               2011/1/13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「立山アルプス小水力発電事業」出資説明会・セミナー開催のお知らせ  
    〜市民の力でアルプスの水車が回る〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさまエネルギーファンド株式会社(本社:長野県飯田市/東京都
中野区、共同代表取締役:原亮弘/飯田哲也) は、現在募集中の「立山
アルプス小水力発電事業」の事業・市民出資説明会とセミナーを、20
11年1月から2月にかけて、東京と富山にて計4回開催いたします。

「立山アルプス小水力発電事業」は、小水力発電への市民出資事業と
しては日本で初めてのものです。 1口50万円と300万円の2種類の契約
で一般の市民より 出資を募り、富山県小早月川に、小水力発電設備導入
を行います。事業主体は、地元企業である株式会社 アルプス発電で、
地域の企業による地域の事業として実施されます。環境省のモデル事業
に選定されて おり、最大募集額約7億8千万円、目標分配利回りは3%〜
7%を予定しています。2010年9月8日より募集を開始し、現在3億7千
万円超の市民出資を得ています。

【東京説明会・セミナー】

★第1回:1月19日(水) 18:30〜20:30

 伊藤宏一氏:千葉商科大学大学院教授/日本FP協会常務理事
       /CFP/税理士 
      「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」
 飯田哲也 :おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
       /環境エネルギー政策研究所所長
       「地域自然エネルギーの可能性と市民出資」(仮題)
 古栃均氏 :株式会社アルプス発電代表取締役
       「ご挨拶・事業説明」
 市民出資説明とQ&A:おひさまエネルギーファンド株式会社

★第2回:2月 2日(水) 18:30〜20:30

 末吉竹二郎氏:国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問
       「加速化する低炭素経済への流れ」(仮題)
 伊藤宏一氏: 千葉商科大学大学院教授/日本FP協会常務理事
        /CFP/税理士 
       「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」
 飯田哲也 : おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
        /環境エネルギー政策研究所所長
       「地域自然エネルギーの可能性と市民出資」(仮題)
 古栃均氏 :株式会社アルプス発電代表取締役
       「ご挨拶・事業説明」
 市民出資説明とQ&A:おひさまエネルギーファンド株式会社

★第3回:2月12日(土) 14:30〜16:30

伊藤宏一氏:千葉商科大学大学院教授/日本FP協会常務理事
       /CFP/税理士 
      「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」
 飯田哲也 :おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
       /環境エネルギー政策研究所所長
       「地域自然エネルギーの可能性と市民出資」(仮題)
 古栃均氏 :株式会社アルプス発電代表取締役
       「ご挨拶・事業説明」
 市民出資説明とQ&A:おひさまエネルギーファンド株式会社
    
 ●会場:ベルサール神保町2階「A・ B」Room(定員108 名)
     東京都千代田区西神田3-2-1
     住友不動産千代田ファースト ビル南館2・3F

【富山説明会・セミナー】

     1月21日(金) 18:00〜20:00

 伊藤宏一氏:千葉商科大学大学院教授/日本FP協会常務理事
       /CFP/税理士 
      「幸福の再定義とエコ投資のすすめ」
 飯田哲也 :おひさまエネルギーファンド株式会社共同代表取締役
       /環境エネルギー政策研究所所長
       「地域自然エネルギーの可能性と市民出資」(仮題)
 古栃均氏 :株式会社アルプス発電代表取締役
       「ご挨拶・事業説明」
 市民出資説明とQ&A:おひさまエネルギーファンド株式会社

 ●会場:富山国際会議場大手町フォーラム(定員72名)
     富山市大手町1-2

※この説明会・セミナーの会場で使用する電力は、グリーン電力
1,000kWh(バイオマス発電)によってまかなわれています。

【お申し込み・お問い合わせ先】
おひさまエネルギーファンド株式会社東京本社
募集・広報担当 永田光美
TEL:03-6382-6063  090-7262-8849
E-mail: nagata@ohisama-fund.jp

■本リリースのPDF版、チラシはこちらをご覧ください。
Posted by 永田光美 at 14:56 | プレスリリース | この記事のURL | コメント(0)
【プレスリリース】「信州・結いの国おひさまファンド」・ 「平成22年度個人住宅向け0円システム」募集開始!【おひさまファンド・メールニュース10/11/2号】 [2010年11月02日(Tue)]

2010年11月2日発行のおひさまエネルギーファンド・
メールニュースです。
メールニュースの登録はこちらです。

こんにちは。おひさまファンドの永田光美です。

このたび、おひさまエネルギーファンド株式会社は、新たに
「信州結いの国おひさまファンド」の募集を開始いたしましたので、
ここにお知らせいたします。

当社にとって、4つ目の太陽光発電ファンドであり、初の個人住宅向け
ファンドになります。

「立山アルプス小水力発電事業」も同時募集中です。

詳しくは、本文をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プレスリリース】 2010/11/1
「信州・結いの国おひさまファンド」・「平成22年度個人宅向け
    0円システム」募集開始 !
      -太陽光パネル設置場所と市民出資の同時募集-
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
@「信州結いの国おひさまファンド」募集開始

 おひさまエネルギーファンド株式会社(代表取締役:原亮弘/
飯田哲也、本社:長野県飯田市/東京都中野区中野4-7-3、通称
「おひさまファンド」)は、自然エネルギーによる持続可能な
エネルギー社会の構築を使命とし、地域の自立と一人ひとりが
選択できる自然エネルギ−市場の確立と拡大に市民出資の仕組み
を用いて全力で取り組んで参りました。新たに「信州結いの国
おひさまファンド」の募集を開始しましたので、ここにお知らせ
いたします。

当社にとって4つ目の太陽光発電ファンドであり、初の個人住宅向け
ファンドになります。

「立山アルプス小水力発電事業」も同時募集中です。

 1口10万円と25万円の2種類の契約で一般の市民より出資を募り、
長野県南信州を中心に、太陽光発電設備導入(おひさま0円システム)・
グリーン熱の証書化事業(投資事業)を行う目的のファンド。
太陽光発電事業に関しては平成22年度飯田市住宅用太陽光発電設備普及
事業の事業者に選定される。募集総額1億円、目標分配利回り2%〜
2.5%を予定し、募集を開始。本日公開し、2011年1月21日までの
募集予定。

A「平成22年度おひさま0円システム」募集開始

 おひさまグリッド株式会社(代表取締役:原亮弘、本社:長野県飯田市)
は、昨年度大盛況だった飯田市おひさま0円システムを11月30日まで
の1ヶ月間募集いたします。22年度も飯田市の事業として行い、好評に
つき件数を50件、パッケージを3種類に拡大。

■本件に関するお問い合わせ先:
ファンド:  おひさまエネルギーファンド(株) 谷口彰
        TEL: 0265-56-3710 FAX: 0265-56-3712

0円システム:おひさま進歩エネルギー (おひさまグリッド活マ託)内藤武彦
        TEL: 0265-56-3711 FAX: 0265-56-3712

■詳しくは、こちらををご覧ください。
http://www.ohisama-fund.jp/weblog/2010/11/post_103.html

■メールニュースのご登録はこちらです。
Posted by 永田光美 at 17:53 | プレスリリース | この記事のURL | コメント(0)
【プレスリリース】「立山アルプス小水力発電事業」への市民出資募集開始  〜日本初の取組みが始動〜 [2010年09月16日(Thu)]

おひさまエネルギーファンド株式会社(共同代表取締役:
飯田哲也/原亮弘。東京本社:東京都中野区/長野本社:
長野県飯田市。通称「おひさまファンド」)は、2007年11月
に長野県飯田市を本社として新生出発して以来、自然エネル
ギーをベースとする持続可能なエネルギー社会の構築を使命と
し、地域の自立と一人ひとりが選択できる自然エネルギ−市場
の確立と拡大に市民出資の仕組みを用いて全力で取り組んで
参りました。

このたび当社は、小水力発電への市民出資事業としては日本で
初めてとなる、立山アルプス小水力発電事業への市民出資募集
を平成22年9月8日より開始します。

富山県の立山連峰の名峰「劔岳」から流れ下る早月川水系の
渓流を用いた小水力発電事業への市民出資を募集します。
小水力発電とは、発電出力が一般に1万キロワット以下の、
河川環境や周辺環境に影響の少ない水力発電を指します。
もちろん、二酸化炭素を排出しないクリーンな純国産の自然
エネルギーとなります。

■「立山アルプス小水力発電事業」について
1口50万円と300万円の2種類の契約で一般の市民より出資を
募り、富山県小早月川に、小水力発電設備導入を行います。
事業主体は、地元企業である株式会社アルプス発電で、地域の
企業による地域の事業として実施されます。環境省のモデル事業
に選定されており、最大募集額約7億8千万円、目標分配利回り
は3%〜7%を予定しています。2010年9月8日より募集を開始
します。

■ これまでの「おひさまファンド」の実績
2004年の設立以来、これまでに「南信州おひさまファンド」、
「温暖化防止おひさまファンド」「おひさまファンド2009」を
実施してきました。3つの事業を合わせて1,274名から合計約7億
円の出資金を得て、約160施設に太陽光パネルを設置、約40施設
に自然エネルギー/省エネルギー設備を導入しました。運用状況
も順調で、2007年より毎年予定通り1.1%〜3%前後の分配を実施
しています。「おひさまファンド」の取り組みは2008年1月放送
の「クローズアップ現代」で特集されています。また、出資対象
事業は、環境省のモデル事業に採択されており、助成金を受けて
おります。

「おひさまファンド」は環境エネルギー政策研究所、エナジーグ
リーン株式会社との密接な連携のもとで、今後も全国各地での地
域エネルギー事業の推進、支援を継続して参ります。

■詳細はプレスリリース本文をご覧ください。

おひさまファンドのメールニュースのご登録、資料請求はこちらです。
Posted by 永田光美 at 16:22 | プレスリリース | この記事のURL | コメント(0)