CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« よくある質問 | Main | 長野・南信州地域事業の進捗»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
バイト募集のおしらせ(備前グリーン) [2008年09月10日(Wed)]

備前の井筒です。
ご無沙汰しております。

さて、このたび、おひさまファンドの出資先である
備前グリーンエネルギーでは、アルバイトを募集させていただきます。

ぜひとも、ご応募いただきますようよろしくお願いいたします!

基本要件:
自然エネルギー、省エネルギーに熱心に取り組みたい方。
業務内容:事務全般(PC利用がございます)
募集要件:大学生以上
     社宅に住み込むか、通勤の可能な方。
時給:750〜800円。交通費別途支給。
勤務時間:9時〜18時(休憩1時間)※随時相談に乗ります。
応募方法:ワードファイルで、略歴、現在の研究内容、
自分の研究関心と問題意識、応募動機などを書いて、電
子メールで送付。書式自由。
担当:井筒耕平、山口卓勇 
info01@bizen-greenenergy.co.jp
電話 0869-84-9500
決定方法 :ご応募いただいた方から順次面接させてい
ただき、確定させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
無事、工事が終わりました [2008年04月01日(Tue)]

備前の井筒です。
年度末を越え、ようやく一段落つけました。

昨日(3/31)までに、
無事17施設・335kWの太陽光発電設備を設置することができました。

ほぼ1か月のかなり急ピッチの工事でしたが、
業者のみなさまのご協力のもと、
なんとか終えることができました。

備前グリーンエネルギーにとっては、初の太陽光発電工事。
おひさま進歩エネルギーで2年前から先行しているとはいえ、
備前の私たちにとっては初めての取組み。
17施設もありますので、工事の進行具合を把握するのが
なかなか大変でした。

工事を終え、地元2紙がご紹介してくれています。
山陽新聞(3/27東備版)
毎日新聞(3/28県内版)

設置一覧をご紹介します。
■備前市
勤労者センター  
勤労者センター
B&G 体育館
西鶴山保育園
三石保育園
東鶴山公民館
大ヶ池デイサービス
しらうめ荘
東備消防南部出張所
長崎鉄工所

■岡山市
「めだかの学校(おもちゃ)」
竹枝小学校
B&G
ほのぼの荘
福寿苑
岡山県環境保全事業団

■瀬戸内市
行幸幼稚園
国府幼稚園

施設のみなさまにも本当に感謝しております。

今日から運用が始まります。
しっかりとメンテし、20年間確実に使っていけるよう
努めていきたいと考えています。

一方で2008年度がいよいよ開始。
新しい取り組みをまあt始めていきたいと思っています!
電気を無駄に使いません! 子ども達の誓い [2008年03月26日(Wed)]

3月24日、岡山県瀬戸内市の行幸幼稚園で
太陽光発電開始の点灯式電球が行われました!
これは、岡山南東部で進行中の太陽光パネル設置事業の一貫です。



朝9時、年長組のかわいらしい子どもたち、市の職員さん、
太陽光設置業者さんが、一同に集まりました。

まずは子ども達に、新しく幼稚園の屋根についた、
黒くて大きな機械(太陽光パネル)が何をしてくれるかの
かんたんな説明をしました。

説明する前から
「太陽の光から電気をとるんやろ!(知ってるで!)」

と得意げな女の子がひとり。

また、「おうちの中で電気で動くものは何かな」?と聞くと、
電灯・テレビ・冷蔵庫・・
などなど、子ども達から色々な機器の名前があがります。

いや〜 小さくても、意外と何でも知っているものですね。

ペンギンさんや白くまさんが困らないように、地球にやさしい電気を
たいせつに使ってね、とお願いをしました。



そのあと、子どもたちが扇風機とラジカセの
ボタンを押し、太陽光パネルの点灯が確認されました。



続いて、エコキャラクター びぜこちゃんの登場。
園児のみんなは、はじめて見るびぜこちゃんに大興奮です!



最後は、子ども達の誓いです。 
みんなで大きな声をそろえて、

「(太陽光パネルを幼稚園に付けてくれて)
ありがとうございました!
今日からは、電気をむだにつかいません。
電気をつけっぱなしにしたり、冷蔵庫をあけっぱなしに
したりしません。」


と誓ってくれました。

ちゃんとせりふを、そらで言ってくれました。
苦労を重ねてここまで来た甲斐があったと、
一同、感無量でした。

そして、子ども達の未来のために、
私たちの世代の責任は、なるべく私たちの世代で
引き受けたいものだと、感じました。


こちらは備前市立西鶴山保育園の太陽光パネルです


さて、太陽光パネルを取り付けた施設には、大人用・子供用の
各種啓発パネルを設置しています。



施設の方々とお話ししていると、
・なぜ、自然エネルギーが必要とされているのか
・エネルギーの選び方、エネルギーの賢い使い方
などは、じっくり時間をかけて説明したい

温暖化問題を前にして、1人1人が、エネルギーについて興味と知識を
持って、日々の行動を選択していかないとならない時代です。

太陽光パネルを設置した施設の子ども達・親御さん・職員の方などを中心として、
わかりやすい電気や自然エネルギーの説明と普及に、一層努めて行きたい
と思っています。
備前太陽光情報! [2008年03月05日(Wed)]

こんばんは、備前の井筒です。

岡山では、環境省からのGOサインが2月後半に出ましたので、
一気に太陽光発電の工事が進んでいます!

備前市の西隣、瀬戸内市の2つの幼稚園では、
3/2にパネルの設置が完了しました。
お子さんが通園しない土日に、一気に設置いたしました。

まずは行幸(みゆき)幼稚園の搬入の様子。


行幸幼稚園は、116枚のパネルによって
19.37kWの発電容量を見込んでいます。

ごらんください、この壮大な景観を!


続いて、国府幼稚園です。
国府幼稚園は、行幸幼稚園から車で1〜2km走ったところ。

こちらの搬入はユニック車で。


こちらが国府幼稚園のパネルです。
建物の二面にわたり、106枚、19.08kWのパネルを乗せました。
左の奥側と、右側の2か所にわたって設置しているのが見えますでしょうか。


瀬戸内市以外でも、岡山市、備前市において工事が進んでおり、
合計17か所、335kWの「おかやまさんさん発電所」がいよいよ完成間近です。

3月末の系統連系が終われば、実際に稼働し始めます。
担当者の一人として、わくわくな毎日です!
太陽光発電もいよいよ追い込み! [2008年02月15日(Fri)]

こんばんは!備前の井筒です。

今年の2月は本当に寒いですね!
地球のダイナミズムを感じます。
なんて、大げさですが、それでも天気図や衛星画像を見ていると、
シベリアからの寒気が流れてくる様子がよく分かり、
夜は真っ暗なここ吉永町(備前市)も、
シベリアへつながっているのだなと感じたりしています(笑

さて、タイトルにも書いたように、
太陽光発電プロジェクトは本当に大詰めを迎えております!

設置個所は、おおよそ17施設と決まりまして、
今は、環境省、各自治体、施設担当者、メーカーや施工業者のみなさまと
「あーでもないこーでもない」と議論しながら前へ進めております。

決まったことが二転三転して怒られたり、
何度も書類を修正したりと大変ですが、
それでも一歩ずつ動いており、
全施設へ設置された日のことを思うとワクワクしてきます。

帰宅時間もかなり遅く、健康には十分に気を使っていますが、
ご近所の応援してくださる方々からいただけるお野菜で癒されています。
加えて、備前市日生港は牡蠣の大産地(岡山県は牡蠣生産高全国3位
ですので、海のミルクで元気いっぱいです!

また、忙しい合間を縫って、ペレットストーブを利用されている方々へ
ペレットを配送しています。

ペレットはコメ袋に入っており、
ご連絡いただいてから48時間以内に配送しています

この写真は雪の日のペレット配送の様子です。
ちょうど先週だったでしょうか。(昔の写真のようですが…)
5袋で100kg。 写真の運搬車は大活躍です!



2月、3月は設置工事が続き、土日が無くなりそうです。
3月末には、みなさまへ、たくさんの太陽光発電をご紹介したいと思います!

今後とも、応援よろしくお願いします!!
備前の「省エネサービス」 [2008年02月06日(Wed)]

ここ2週間ほどは、晴れの国・岡山でも寒い日が続いています。
備前の井筒です。

備前グリーンエネルギーでは、H18年度〜H19年度前半にかけて、
省エネサービス事業として照明、空調、給湯、ペアガラスなどを一体とした、
トータルエネルギーサービスをお客様にご提供しております。
※ペアガラスは断熱効果が高いため、省エネ効果が図れます。

お客様にとっては、ワンストップでエネルギーに関わるすべてを相談でき、
機器更新についても、設計から工事、アフターメンテナンスにいたるまで、
全てについて責任を持って対応しますので、新しいサービスとして、
とても重宝いただいていただける場合もございます。

そのようなあたたかい言葉は、実際に営業が受けておりまして、
「ペアガラスはとても快適」「工事業者がバラバラだったのでとても便利」
などの言葉が届いており、大変励まされます。

また、最近ではとても寒いため、「導入したエアコンの調子がいまひとつ」
という声を受けることが多いのですが、
「その日のうちに必ず対応すべし」
と早急な対応を遵守しております。

これはペレットストーブも同様で、
同じように万難を排して対応にあたっています。

アフターメンテナンスは、信頼性、安心感、経済性など
様々な面から非常に重要と認識しており、
私も現場へ急行することが多い状況です。

市民出資を頂いている皆様からの信頼にも応えるべく、
日夜奮闘しております。

くわしくは事業実績をごらんください。
ビゼグリ事業実績へジャンプ

まだまだ寒い日が続きますが、
年度末の太陽光事業の詰めも合わせ、
本日も頑張ってまいります!
備前のペレットストーブ [2008年01月25日(Fri)]

こんにちは!

またまた備前のオフィスのご紹介です。
以前、備前のオフィスはペレットストーブであったまっている!
という話題をご紹介しましたが、今日はその詳細についても
ご紹介いたします。

ペレット」とは、木くずをペレタイザーという機械にて、
高温高圧でギュッと固めたもの。
猫のトイレによく使われているもの猫と言えばわかるでしょうか?

ペレットストーブ(サンポット社製 made in Iwate!)


空気を暖めてその対流で暖かさを感じるエアコンとは違い、
赤外線を発していますので、体の芯まであったまる感じです。

使ってみてわかったのは、ペレットは結構なくなるのが早い。
ただ、仕事の合間の一服代わりのペレット補充
(スコップで写真左のコメ袋から入れる)は、
いい気分転換になります。

ペレットは、もでます。
が、100kg燃やして1kgぐらいしかでないので、
けっこう効率がよいですよね。

気になるお値段ですが、配送料込みで20kg 1000円(税込)。
取りに来ていただければ、20kg 860円(税込)でのご提供です。 
熱量換算すれば、灯油価格と同じぐらいです。
ただ、灯油価格がこれからどうなるか、全然わからないのに比べて、
ペレット価格の上昇はそれほど大きくないと考えています。

ちなみに、ペレット仕入価格も少々上がりつつあります。
微々たるものですが、製造、輸送には化石燃料に依存してますからねえ。
ビゼグリ(備前グリーンエネルギー)では、
お客様への価格は3年間の据え置きを予定しています。

写真のストーブは、上部にオーブン機能がありますので、
さつまいもなんかを焼いたりしています。
オフィス中がいい匂いで、焼き上がるのが待ち遠しい限りです。

ペレットストーブに興味ある方は、
備前グリーンエネルギーまでご連絡ください。
私、井筒が担当しております。
今回のファンドの資金は、こちらのペレットストーブ事業にも
活用させていただいております。

将来、自宅にもペレットストーブか薪ストーブを置いてみたいですね!
太陽&木の授業(岡山市めだかの学校) [2008年01月21日(Mon)]

備前の井筒です。
週末(1/19)に、岡山市のめだかの学校で、
子どもたちに向けて、太陽と木のお話(環境教育)をしてきました。

めだかの学校ホームページ

このめだかの学校「おもちゃの館」は、
当社・備前グリーンエネルギーによる太陽光発電の設置候補の1つにもなっています。

偶然にも、めだかの学校でインターンをしている学生と知り合い、
ぜひ、「環境教育の授業を」という要望にお応えして、
会社のメンバー4人で喜び勇み行ってきました。

内容は、太陽のサンディせんせい(山口卓勇)、木のウッディせんせい(私・井筒)が
それぞれ太陽光・太陽熱、バイオマスについて、太陽光パネルやストーブなどを
使いながら、いろいろとお話ししたあとに、私たちのオリジナルカードゲーム
「びぜこゲーム」で遊んでもらう(備前市内の子どもたちははまっています)、
という流れでした。


びぜこゲームに盛り上がり中!!

子どもの頃の記憶というのは大切で、
完全には覚えていないもの、
断片的に、しかしはっきりと、覚えているものです。

今日の授業を覚えていてほしい、というわけではなく、
大人たちが、自分(子ども)たちに向けて、
いろんなことを教えてくれる、その環境自身が、
子どもたちに安心感や、学びたいという気持ちを植え付けるんじゃないかと
思いながら、頑張ってきました。

「いつかペレットストーブ買ってね」という私からのお願いに、
「はい!」と元気な声。子どもの笑顔は宝物ですね。

ちなみに、めだかの学校のある岡山市建部(たけべ)町は、
自然豊かで人もあったかく、温泉もあったり、ヨーグルトもつくっていたり、
若手によるまちづくりグループもあったりして、なかなかおもしろそうな街でした。

備前グリーンエネルギーは、ファンドの投資対象の太陽光発電の設置や省エネ
のハード部分だけでなく、こういった子供達への環境教育も積極的に取り組んで
いるのです。
太陽光発電事業@備前 [2007年12月26日(Wed)]

こんにちは!
師走も後半に入りましたが、寒さはまだまだですね。

備前では、いよいよ太陽光発電事業の候補施設選びが大詰めを迎え、
設置を予定する施設(主に公共施設)が決まりつつあります。

本事業では、太陽光発電の「設備そのもの」を売るのではなく、
各施設の屋根をお借りして設備を設置し、
そこから生み出された「電気」を施設に買ってもらうスキーム(枠組み)です。

そうすることで、
・初期費用不要
・工事業者さんとのやり取り不要
・非常時にも役立つ(停電時)
・環境PRができる

などなど、メリットがでてくるのです。

さて、備前市では保育園や公民館など8施設が候補に挙がっています。
また、備前市の隣の瀬戸内市や、県庁所在地である岡山市においても、
候補施設の選定を行っている状況です。

12/9には、地元紙・山陽新聞にこんな記事も出ています。


春にはすべての施設に設置を完了させる予定です。
それまで楽しみにしておいてくださいね!
備前にて 〜ペレットストーブを小学校へ設置〜 [2007年12月19日(Wed)]

はじめまして!
備前グリーンエネルギーの井筒耕平です。
備前からは、私が現場の報告をいたします。
どうぞ、よろしくお願いします。

さてさて、年の瀬も迫り、備前ではかなり忙しくなってまいりました。
そんな中、今日は地元の三国小学校へペレットストーブを設置してきました。

もともとは、絵描きの先生にご購入いただいたのですが、
残念ながら今年5月にご逝去されまして、
その後、ご遺族の意向によって、地元小学校への寄付を
願い出ていただき今日の設置に至ったのです。

今回は、ガラスに穴のあいたパネルをはさんで取り付ける施工方法でした。
これは、壁に穴を開けずに設置でき、簡単に取り外せることから、
壁の強固な施設や、貸家の方のご家庭などに、3件ほど設置したことがあります。
(写真の左上、ガラスにパネルをはさんでいます)

三国小学校は、全校児童13人、先生5人と、まるで大家族のような小学校でして、
かなり和気あいあいとした雰囲気でした。そして、給食をみんなでホールで食べるそうで、
その一角にペレットストーブを設置したのです。



施工は2時間弱程度で終わり、火を灯したところ、
先生方から「やっぱりあったかいねえ」という声をいただきました。
明日、なにやらスイートポテトをつくるそうで、「せっかくだからペレットストーブを使おう」
とおっしゃっておりました。なぜならこのストーブ、オーブンがついているのです!

灯がともったころにはすっかり帰宅してしまった児童たち、
明日からあったかなホールにて、おいしい給食が待っていますよ〜。