CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«おひさま・お練りまつりツアー 1/2 | Main | アースデー東京2010に出店しました。»
プロフィール

おひさまエネルギーファンド株式会社さんの画像
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ハガッチ
5/14号メールニュース (06/16)
澳大利亚移民
出資説明会をはじめました。 (04/14)
最新トラックバック
冬は (12/26)
関連団体リンク
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohisama-fund/index2_0.xml
おひさま・お練りまつりツアー 2/2 [2010年03月31日(Wed)]

『おひさま発電所と飯田お練りまつりツアー』 2日目

2日目は、飯田の春を散策。
遠山郷:いろりの宿「島畑」を後にし飯田市天竜峡へ。
ここは、2009年に全国初の”吟行適地宣言”を行いました。

吟行とは、 和歌や俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること。
題材を求めてここでは、地元案内人の三国さんの案内で、天竜峡の春を散策しました。
桜は、まだまだつぼみの木もありましたが、中には七分咲きの木もありました。






一行は、さらに天竜川沿いを散策。
「つつじ橋」というつり橋では、こんな一幕も。高所恐怖症で案内人の方のお陰で、やっとの思いで渡っていました(汗)
(写真は参加者でもあるスタッフです。)




つり橋を渡りきり、今度は展望台へと、ひたすら坂を登りました。
展望台から見下ろす天竜川は、雄大な眺めでした。


春の散策も終わり竜峡亭にて、句会を行いました。句会は、まず2グループに分かれ俳句を制作。
その中から各々が良いと思う二句を選句。そして選句数が最も多い作品が、披露・講評されました。
<選句された優秀作品>
『石碑道 枯れ葉押し上げ 黄水仙』
『お練にて 一期一会の 春の旅』

皆さんがほぼ初めてとの事ですが、他にも初めてとは思えない作品がいくつも生まれました。


次に竜峡亭の若女将から、竜峡小唄のお稽古(踊り)のレクチャーを受け皆さんで、竜峡踊りをマスター。最後に、若女将から直々に竜峡小唄免状が手渡されました。
(写真はスタッフ)
その後、昼食をいただき無事、ツアー全日程を終了しました。

2日間という忙しいスケジュールではあったけれど、参加者の皆様に満足いただいた様子で、
スタッフとしても嬉しく思いました。
と共に、皆様の出資に対する思いを聞き、改めて身の引き締まる思いでした。
これからも出資者の皆様と共に、このおひさま共同発電所の取り組みを拡げていきたいと思います!
コメントする
コメント