CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年06月 | Main | 2014年08月»
たけやぶの中から [2014年07月21日(Mon)]
おまけのような3連休のさいごに時間が取れたので、石見銀山の石銀地区へ上がってきました。
去年 鈴木さんの調査のときに見つけた、ヤマザクラやヤマボウシがどうなっているか?藪を一筋だけ刈り払って侵入し、確かめてきました。

CA3J0469.JPG

ハチク林の純林の全伐の5年後なので、時々の草刈りやタケノコ採りはしましたが、ハチクが再生し、3〜4mに達しています。ウドとナガバモミジイチゴとタラノキも背丈を越しています。
しかしまだ、このサイズなら草刈りのレベルで対応可能。

点々と、ヤマザクラ、ヤマボウシ、ネムノキ、リョウブ、シロダモなどが成長してきています。
中には背丈を越えたものも・・。これを待っていたのです。木を植えないで竹藪を森に再生させることができるはず。このままほおっておくと、ハチクに追い越されて枯れてしまうので、もいちど竹を全伐しなければなりません。

CA3J0472.JPG

一方で 草刈しなくても済むようにノシバ草地にしてしまうって手段もあるかもしれません。


Posted by ginmori at 11:54 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ