CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年03月 | Main | 2014年05月»
代官山植生遷移考察 [2014年04月11日(Fri)]
きのうから町内の代官山の伐採作業に携わるチャンスがあったので、いろいとろ考えるところが多いです。
代官山にお稲荷さんの鳥居が整備されたのは40年前以上前 そのころが公園としての人気のピークかもしれません。

CA3J0925.JPG


50年前の映画のロケ「赤い荒野」と今日の(伐採後の)風景

daikan2.jpg

東屋と向こうにある戦没者慰霊塔の構造はいっしょです。桜は昔なかった。今では古木風ですが50年以内の話です。昔の写真の背景に並ぶ樹木はアカマツでしょう。その右側の方に立っているスギ・ヒノキを今回伐採したら100年超でした。
スギの年輪幅をざっと観察すると、初期数十年は成長が早く、その後数十年はおそく、最後の数十年は早くなっています。数十年というのはそれぞれ数えるのが難しいとこがあるので約30年以上くらいの目安です。おおざっぱに戦後80年で考えると、はじめは大きなアカマツが増えた中で若いスギの成長が抑制されていて、近年の松枯れ病でアカマツが全滅してから、残ったスギ(単独の1本)がのびのびと成長したということでしょう。

視線を北側に向けると、大田町内が一望できる展望台があります。
危険につき立ち入り禁止とされています、そうとう前からでしょう。
その下にあるコナラの大木を4本伐採すれば、眺望が復活するはずです。
ここからは「旧大田南村」の歴史ある5つの大きなお寺の堂宇が一望できます。
代官山が大田市の公園として整備されてきたのは、この眺望によるわけです。

CA3J0931.JPG

この東屋と展望台の間には映画のロケの写真のような砂場や遊具がありました。
いつごろから放置されたのでしょうか。付近に捨てられていた遺物(ゴミ)から考古学的考察

gomi.jpg

日本コカコーラ SIMBA (記憶にありませんがweb検索では1991年製)
地元 「長久酪農」製のヨーグルトの牛乳瓶 (中には苔玉ができてました)たぶんそのごろ?






Posted by ginmori at 21:30 | この記事のURL | コメント(0)
三瓶山頂神社かつぎ上げ4/20募集中 [2014年04月11日(Fri)]
2013年4月の三瓶山開きでは山頂に雪がありましたが、ロメイン、ジョン、よっさん、Pと私も祠再建の資材の砂を抱えて親三瓶に登りました。
11月の祠かつぎ上げには、リンほかメンバーを集めていましたが、あいにくの悪天候で延期となりました。
いよいよ2014年4月20日(日)が本番です。
私はいきます、一緒に行きませんか。
大田市民のリスペクトする三瓶の山頂の神社を「かついであがったのはおまえのおじいちゃんだと」末代までの語り草になるはずです。

hokora2014.jpg

Posted by ginmori at 19:51 | この記事のURL | コメント(0)
みかん [2014年04月11日(Fri)]
えっちゃんからのレポートです

image (25).jpeg

先日、槇原先生からいただいたみかんを居場所の青少年と加工しました。
ちょっとそのままでは酸っぱいので、砂糖をまぶして冷蔵庫へ。
たくさん出来たので、七色館とわんぱ〜く保育園にもおすそわけ。

image (26).jpeg
Posted by ginmori at 19:40 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ