CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
足もとから春が来る [2014年03月17日(Mon)]
ことしはいったん暖かくなった2月下旬にワークキャンプやっていたので、初地下足袋は本日となりました。でも、3日前は積雪だったのよ。ほんとに春の天気は猫の目です。

hamabiwa.jpg

第201回 足もとから春が来る 2004/02/22 
 2月中旬は毎日よく晴れた。初日は膝まで埋まるところもあった一本杉山の雪が、ほとんど消えて谷間や笹の葉の上に斑に残るだけとなった。天気がよければ仕事がはかどる。日ごとに薄着になり、使い捨てカイロが余り、ついに長靴をやめて足袋(たび)に履き替えた。
 真冬の履物はスパイク付長靴だった。それだけだと寒いので防水インナーブーツを重ねて履いている。重装備でも両方で3000円以内なので、地下足袋よりも安いのだ。底が厚いので丈夫なようだが、側面は薄いから、尖った切り株や岩の角にひっかかると簡単に穴が開いてしまう。穴の開いた長靴ほど情けないものはない。最初の年はこうしてひと冬に2足もだめにした。最近は、長靴をかばいながら一歩ずつ慎重に歩いているから、シーズンを通して履けるようになった。
 雪の中では完全防水が何よりである。一日中履いていると蒸れてくるのが難点だが、ゴアテックスは高価すぎて手が出ないから、蒸れるくらい我慢しないといけない。
 春になって、再び布製の地下足袋(スパイク付き)に戻ると、身も軽くなる。足首が自由に曲がる、通気性がいい、足裏の感覚が伝わる、何より軽いこと。
 たまにバリッと残雪に踏み込んだ瞬間、布越しに足の甲がひやっとくる、その感覚が春なんだな。(2004/02/22)
似顔絵とレジン [2014年03月17日(Mon)]
コスチャとナタリアの似顔絵が完成してフレームに入りました。今日の夕礼で披露。
ちょっとヒールに描くのが大畑蘭ちゃんのテイストです。

CA3J0843.JPG

昨夜の似顔絵の仕上げの待ち時間には、POの和田ゆきえさんに「レジン」を教えてもらっていました。普段「教室」はしないそうなので、これもラッキーでしたね。
ふたりとも、オリジナル作品を作って帰ったようです。

CA3J0840.JPG

1381797_10152256168892480_1059117676_n.jpg

「レジン」楽しそうなので、来年度のゆきみーる居場所の体験教室でもお願いしようかな?





Posted by ginmori at 19:57 | この記事のURL | コメント(1)
| 次へ