CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年04月 | Main | 2013年06月»
いっぺい最後の「心のかけ橋」 [2013年05月28日(Tue)]
えっちゃんからのレポートです。

image (2).jpeg

「心のかけ橋」は 毎週火曜日13時〜16時、ゆきみーる1階で行われている大田市の事業です。
今日は、支援員の一平さんの参加する最後のかけ橋と言う事で、みんなでジュースで乾杯しました。(ジュースとお菓子は辻支援員さんの志で…。)
隣では、カプラに挑戦。

一平さん、1年半ありがとうございました。

image (3).jpeg

Posted by ginmori at 21:35 | この記事のURL | コメント(0)
子ども・若者支援者勉強会‏ [2013年05月28日(Tue)]
えっちゃんからのレポートです
ライブ写真が撮れなかった場合の対応・・画像はこんな感じですね。

image (1).jpeg

5月28日(火)15:00〜17:00、市役所4階大講堂にて、「子ども・若者支援者勉強会」に参加しました。
4人の発表者があり、県央保健所の安達保健師さん、亀の子サポートセンターの小倉さん、あすなろ教室の高橋さん、子育て支援課の松本さんがそれぞれ研修での報告をされました。
初めての青少年支援の研修だったので、新鮮にお話を聞く事が出来たと同時に、考える事の多さを感じました。
まずは第一歩。がんばります。



Posted by ginmori at 21:28 | この記事のURL | コメント(0)
ろっちゃん in Gyeongju [2013年05月28日(Tue)]
韓国旅行中のロメインからはFBで続々と写真が送られています。
今度は 世界遺産の慶州に行ったのね・・

980315_10151486129013335_789225861_o.jpg

178116_10151486134538335_915780951_o.jpg

歴史と文化の香りを伝えるいい画像が拝見できますが、ソウルのころのような自分撮り(撮ってくれる人がいる)画像がないね。
世界をまたにかけてきたろっちゃんだから心配してないけど、寂しくないかい?

来週のお帰りをみんな心待ちにしてるよ・
Posted by ginmori at 20:40 | この記事のURL | コメント(0)
南三陸町災害ボランティア [2013年05月28日(Tue)]
島根県災害ボランティア隊の活動写真が手に入りましたので、レポートします。
津波から2年2か月後の現地のボランティアニーズはこんな感じです。
何人来てもやることはたくさんあるってことです。

2日目の活動、歌津にて 被災住宅跡地と畑のがれき拾い。草刈りをして、こまかながれきを探します。

CIMG0051.jpg

3日目の活動 田尻畑にて 畑に客土したところで、小石やがれきを拾います。土曜日とあって各地からの企業ボランティアさんが集まり、150人で一斉に作業。

CIMG0187.jpg


今回一緒に作業した企業ボランティアのみなさんは、ドコモ、コカコーラ、DENKA、信濃毎日新聞など。こうした人々を受け入れて、現場に誘導し、そこそこ達成感のあるワークを安全に提供するボランティアのパッケージシステムの運営がすばらしいと思いました。



Posted by ginmori at 20:03 | この記事のURL | コメント(0)
平成25年度 民間団体による子ども若者支援促進事業 [2013年05月28日(Tue)]
さとしからのレポートです
松江でのプレゼンごくろうさま。採択おめでとう!!
「大田市 青少年議会」
昨年のドイツ訪問の経験を無駄にしない、タイムリーな企画です。
新しい視点での事業提案という募集趣旨においては うちが断然ユニークな提案だったはずなんですが・・なぜ上位採択でないの??

とにかく これから成果を出して見返すしかないでしょう。

写真+1.JPG

写真+2.JPG


今年度は既存の居場所作りではなく、『困難を抱える子ども•若者の声を社会に届ける青少年議会•青少年サロン実施事業』を提案してきました。

予想通り、青少年議会は健全育成のイメージが強く、困難を抱える子ども•若者の比率が問われること、直接支援が前提の中で間接支援と捉えられがちなことが審査上のネックと捉えられたようですが、質疑応答を経て無事採択となりました。

しかし、政策反映を伴った中間支援組織としての青少年議会は国内に前例がなく、これからが大変です。NPO推進室長の鋭い質問を生かしていけるように二年がかりで頑張ります!

まずは、この事業の賛同者を増やすべし!まだまだ伝え方に工夫が必要のようです。
Posted by ginmori at 00:04 | この記事のURL | コメント(2)
| 次へ