CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NHKで放映されました | Main | 新聞掲載3»
平成27年度ひきこもり支援研修会 [2016年01月25日(Mon)]
さとしからのレポートです

IMG_4085(1).JPG

あすなろ教室から島根県ひきこもり支援センター主催のひきこもり支援研修に参加してきました。
講師が筑波大学大学院 社会精神保健学 教授 斎藤 環 氏ということもあり、楽しみにしていましたが、期待通り切れ味の鋭い語り口で勉強になりましたし、勇気付けられました。
まず冒頭で、「ひきこもりは不登校と同じで良質な人間関係と対話が大切。どうすればこじれないかを第一に考えるべき。」と始まり、不登校に触れられました。「不登校について、以前は登校刺激に慎重な配慮があったが、最近はまた再登校させるのが一番という方向に傾いていて、危惧している。」との発言は、私が数年前から教育委員会から感じている実感・危機感と同じでした。そして、「不登校もひきこもりも病理としては重くないので、方法(カウンセリングや認知行動療法)よりも、信頼関係作りが大切。これがないと始まらない。」とのこと。

ひきこもりの話に戻ると、「本人が安心してひきこもれる関係づくり」を家族の基本的心構えとして挙げられ、これも私が普段から発信している「しっかりと不登校させる」とつながっていました。そして、やはり支援や受容の限界設定・枠組みの大切さを語られました。金銭の要求や暴力に対しての枠組みの重要性はとても分かりやすいものです。
終盤はあまり時間がなかったですが、ひきこもりのライフプラン、老後・介護・相続・親の死後等の問題を具体的にフィナンシャルプランナーに相談するという方法は画期的でした。
何だかやたら説明調になってしまいましたが、職場でもSNSでも学びは可能な限り共有して明日から早速活かしていきたいです。
Posted by ginmori at 23:31 | この記事のURL