CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«草原ニュースレター発送作業 | Main | 石見銀山の松竹梅ゴブリン»
薄紫の山脈は [2015年01月26日(Mon)]
大田市五十猛町の 和田珍味さんで販売していたのをたまたま見つけた本(昨年刊行) 
「JAPANGRAPH」05 島根  1200円

CA3J0085.JPG

写真に語らせるグラフ誌。島根特集なので全域を取材してますが、冒頭が五十猛だし、三瓶山も出てるし、なぜか大田市でまくり。ぜひ、手にお取りください。全体に味のある写真です。

それはそれとして、
記事のひとつにあったのが「島根県民の歌」
うすむらさきのやまなみは はるかきぼうのくもをよび・・
私これ かすかにメロディー浮かびます。中学校のころのなんかの大会で歌ったかも?
改めて聴くと(ほぼ40年ぶり)なかなかよいですね。
島根県庁ではいまでも行事のたびに歌っているのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=_QeBiaowacs
この県民手づくり第九コンサートでは 1、2番だけで3番が省略されてますが

https://www.youtube.com/watch?v=nnyrPk9lt14
第63回東京島根県人会 では 3番だけが公開されています
こころひとつにむつびあう 90万のけんみんの・・・

昭和26年の作詞ですからね、いま70万人を割ってます。
Posted by ginmori at 21:54 | 小ネタ | この記事のURL