CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«心のかけはし海水浴 | Main | 城跡の草刈り»
日々をクリヤする [2014年07月29日(Tue)]
下刈りはもちろん 今でも(今日も)やってますよ 
わたしの大型免許ペーパートライバー歴も10年になりました。

第221回 日々をクリヤする 2004/07/31

basyo.jpg

 7月、8月は下刈のシーズン。一回勝負で初めての山に入る間伐の仕事とちがって、毎年通う下刈の山は様子がわかっているから、予定日数がはっきり決まる。ひたすら黙々とノルマの面積をこなしていく日々。目標すれすれでクリヤできればいいのだが、今年の暑さは尋常じゃない。30度越える雨の降らない日がほぼ一ヶ月続いている。5年目しにて、自分の体力の限界を痛感した。生まれて初めて点滴も打った。ほとんどサボってるくらいのペースでぼちぼち進めていかないと倒れてしまいそうだ。
 さらに今年は、ボランティアでマイクロバスの運転をするという話になって、大型免許をとりに3週間自動車学校に通っていた。朝4時すぎに起きて、15時まで山で仕事して、帰ってシャワー浴びて洗濯機を回し、17時から2時間教習所のトラックに乗り、また戻ってから刈払機の刃を研ぐ。サマータイムが始まって、ちょうど夕方(夜間)の教習時間に間に合うのは良いのだが、日の長い一日、フル回転は肉体的に辛い。ラジオ体操カードのような、教習原簿に、コースと路上で22時間分のはんこを押してもらって、ようやく規定日数で無事クリヤした。
 毎日単調に先の予定がわかっていて、暑さと疲労でヘロヘロになりながらようやくクリヤしていく状況は、精神的にも辛い。どう展開するかわからないようなことが連続していてこそ、明日を迎える価値があるのだろう。
 昨日今日は教習所へ行っていた時間帯に娘を連れて海に浸かりに行った。地元の磯でサザエ拾い。ようやくマイペースの夏を取り戻したみたい。(2004/07/31)
コメントする
コメント