CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«梅干しづくり | Main | 年賀寄付パネル設置»
西の原イバラ刈り再開か [2014年07月08日(Tue)]
環境省の松江自然保護官(新任)がおみえになって、三瓶草原の保全についての事業企画打合せ。高橋理事長からこれまでの放牧場の管理の経緯も説明しました。

CA3J0374.JPG

緊急雇用対策事業で緑と水が関わった西の原のイバラ刈りの事業は その後3年間中断したままですが、今年は予算がついて復活できる可能性があります。
イバラを刈り続けて牛の入れる放牧場に戻さない限り、草原としての維持は困難ですから、よいチャンスと思います。
Posted by ginmori at 00:15 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント