CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
「本へのとびら」 [2021年01月28日(Thu)]

 「本へのとびら」宮崎 駿 文

 表紙をめくった先に廊下に腹ばいになって、本を読む男の子がいます。その先に床いっぱいに何十冊もの岩波少年文庫を広げて、見つめている宮崎駿さんがいて、たくさんの直筆の推薦文がありました。

 ワクワクしながら、レモン色の「本へのとびら」の目次をめくって、T岩波少年文庫の五十冊へ。一ページに一冊、宮崎さんが選んだ紹介本のカラー写真と推薦文があって、次から次へと読み進んでいきました。なつかしいもの、読んでなかったもの、しらなかったもの、といろいろでしたが、今すぐ読みたくなった本が5冊。そして、50冊全部を読もうと思いました。

 それから、「大切な本が一冊あればいい」「自分の一冊にめぐりあう」と宮崎さんの児童文学への思いを強く感じることができました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
はやぶさ!!むささび!!2人とび!! [2021年01月27日(Wed)]

 冬の寒さが、少し和らいだ、穏やかな日、近くの公園で遊ぶ、クラブの子どもたち・・・
 元気な声が、響きわたります。

 そんな中、「2人とびで、目標は30回だったけど、50回とべたー!」と2年生の女の子たちが、笑顔で報告をしてくれます。
 「ギネス記録までは、あと50回!」とのこと!?

 一方で、3年生の女の子たち・・・「はやぶさ」「むささび」という、難易度の高い技を披露してくれます。リズミカルなテンポで、両手を交差させ、連続の二重跳びです。さすがの腕前です!!

20210126.png

 2年生の男の子たちは、”原始人ごっこ”を楽しんでいます。黙々と取り組む様子がうかがえます。
 公園内に落ちている小枝や小石を拾い集め、「かまど」を作っていたのです。その特徴をみごとに捉え、繊細に形取られたものです。

20210126-4.png

 子どもたちの創造力には感心するばかりです!!

 次はどんなアイデアが生まれるのかな・・・(KN)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
北風にも負けず [2021年01月27日(Wed)]

 3学期が始まり、寒い日が続いています。特に先週は冷たい北風が吹きあれていました。その中でも子どもたちは変わらず元気です。
 以前は、登室するなり「今日は つばき(公園)?学校?」と聞いていた1年生も、「今日は、木曜日だから学校だあ!!」と予定がわかるようになりました。
 どの学年も校庭で遊ぶことが大好きです。広くて使い慣れた場所だからでしょうか。それとも全学年がそろい、一緒に遊ぶことができるからでしょうか。

20210127-2.png

 今日も強風が吹くなか校庭にやってくると、子どもたちは、一斉にちらばっていきます。
 ドッチボールコート、サッカーコート、集まってごっこ遊び、縄跳びと・・・。

20210127.png

 見守るおとなには堪える寒さですが、子どもたちは、やりたいことに集中して遊んでいるので、気にならないようです。
 みんな良い顔をしています。(SA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
絵本から、童話へ [2021年01月25日(Mon)]

 本館(1年生から3年生)では、新たな取り組みを始めましたので、ご紹介します。
1月から、子どもたちは宿題やみる学などを、17時から30〜40分程おこなった後、全ての人が18時まで読書をすることになりました。
 これまで、子どもたちは40分の学習が終わると、室内遊びや絵を描くなどして、過ごしてきました。
 平日に、本を読むことはむずかしいようなので、クラブの17時から18時の1時間を【学習プラス読書の時間】とし、全員が20分程本を読むことにきめました。
 そこで、クラブでは世界の幼年童話をそろえ、おはなしをたのしんでもらおうと思います。


新しく入った本〜(でも、何十年も読み継がれてきた童話です)

”ぼくはめいたんていシリーズ” 「なくなったかいものメモ」

  20210125.png

ゆかいなゆかいなおはなしシリーズ 
「うさぎがいっぱい」

 20210125-2.png

世界の幼年童話シリーズ
「はんぶんのおんどり」「ふしぎな五百のぼうし」「ちいさな騎士」ほか

どれもたのしいおはなしで、「もっと読みたいな」と、こころをくすぐります。大人にもお薦めですよ。K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
かるた大会 [2021年01月14日(Thu)]

 今日、かるた大会がありました。かるたは「彩の国21世紀郷土かるた」です。
 
 団体戦は3人1組で対戦し、まず真ん中の人がじゃんけんをし、勝った人が取り札をよく切り、23枚ずつに分けて置きます。各チームが審判側上段より札と札の間隔を1cmほどあけて並べていきます。並べ終えると記憶時間を1分とりました。

 職員が「から札」の「まが玉は過去と未来の首飾り」を2回読みあげ、次に読む札から取り始めます。
 
 低学年の時から参加していて慣れているせいか、みんな取るスピードが速い!2チームが同時に「はい!」と取ることが多く、審判もよーくみておかないといけません。

20210114.png

 読まれた札を探す子ども達のまなざしは真剣そのもの。
 役札にはシンボル札の「さ」「せ」「ん」(埼玉県の花、魚、スーパーアリーナ)と3人札の「い」「う」「を」(埼玉県の偉人)があり、3枚そろうと10点加点となります。

 結果は、団体戦では、1位6年生女子チーム。2位4年・6年男子混合チーム。3位4年・5年男女混合チームでした。

 個人戦では6年生のNさんが優勝しました。勝負はさておき、このかるた大会で埼玉の偉人や自然・文化を学べるよい機会となりました。(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
こままわし [2021年01月12日(Tue)]

 先日、子どもたちが凧を作って、校庭で揚げたことを掲載しました。

 今日は、上級生のこま回しを紹介します。

 20210112.png

 地面で回るこまにひもを回し、手の平にとり、回し続けます。

 20210112-2.png

 砂場の砂にももぐることなく、こまは回り続けます。

 20210112-3.png

 けんかごま。勝ったのはどっちかな?

 風が吹く中、毎日、高学年の男子はこま回しを楽しんでいます。(K)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
令和3年初日の外遊び [2021年01月08日(Fri)]

 新年初日に登室してきたのは、男の子の兄弟が2組4人、女の子が1人の計5名の子どもだけ。 
 静かな学習の時間が終わった途端、元気いっぱいの子ども達は、「早く外 行こうよー!!」と準備を始めます。
 
 校庭に着くと、早速男の子4人が走り出し、ボールあてが始まりました。兄弟同士なので激しい!!女の子と職員は「すごいね・・・」と見ていました。

 そのうち、ドッチボールコートでバレーボールが始まると、見ていた女の子に男の子達が「入る?」と声をかけました。
 真剣な目で狙いをさだめるけれど、ボールは全く違う方向へいってしまう下級生。その”目”に振り回される上級生。「えー!そっち?」と、いつもより息があがっています。

 女の子がサーブの番になると、同じチームの3年生の男子から「がんばれー」の声。小さくうなずきサーブしますが、初めてのバレーボールなので、あまり遠くへはとばせません。
 でも、それを走って受けに行く6年生。「あははー!ムリだー!!」

20210108.png

 少し休憩して、タイヤ跳びをすることになりました。女の子に跳べるか聞くと、まだ高いタイヤは跳べないそうで、「じゃー8の字でいいよ」と。
 
 「スタート」の合図でとびだすと、弟が跳べるようになったのを見て、「おっ!(弟)跳べるようになったんか?」と驚く兄。
 女の子も「行けー、行けー!!」の声援にがんばって応えました。

20210108-2.png

 たくさんの子ども達が登室している普段では見られない様子がたくさん見られた外遊びでした。(TA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
創作活動 [2021年01月07日(Thu)]

 あけましておめでとうございます。
 冬休み、本館では凧づくり、新棟ではクラフト制作をおこないました。

 本館(1〜3年生)の凧づくりでは、最初に凧に描く絵の下描きをします。1年生は「何を描こうかな?」と長い間思案していました。3年生はポケモンボールやかわいいうさぎの絵を描きました。

20210107.png

 次にその絵の上に薄いビニールシートを固定して、マジックで下絵をなぞり、色を塗ります。「野球のボールは白だから塗らない。」と言う子もいました。凧のシートができあがると、裏に細い竹ひごをクロスしてはりつけ、凧糸をしばり、凧足を両面テープで貼って完成です。
 さあ、みんなが作った凧は空高く飛ぶでしょうか?

20210107-2.png

 新棟(4〜6年)のクラフト制作は、干支のかごを編みました。子ども達に感想を聞くと、「編むのに結構力がいるから疲れたー」「編み方をひとつ間違えると最初からやり直しなんだよ。」とか。そばで見ていると、編み方の力の入れ具合も難しそうで、きつく編んでしまうと、かごの形状が変わってしまい、途中からほどいて、作り直している子どももいました。

20210107-3.png

 かごには今年の干支の牛や、手作りの動物の顔をはって、できあがり。
 お手製のかごは、自分用に作った子もいれば、おばあちゃんにプレゼントするという子もいました。

 よい1年になりますように。(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今年もよろしくお願いします [2021年01月05日(Tue)]

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、クラブは今日が新年最初の開室日となりました。今日は5人の子どもが登室してきました。今年はみんなのんびりとしたお正月を過ごしたようで、クラブの雰囲気ものんびりしているように感じます。
 
 学習の時間になり、「宿題は?」と聞くと、終わっているようで、「みる学だけ〜」とのこと。それでも、(いつもより人数がぐっと少ないせいか)静かに集中して取り組んでいました。

20210105.png

 学習の時間が終われば、楽しい外遊びの時間。どんなに寒くても子ども達は元気に走り回ります。
 
 明日はもう始業式、例年より少し短い冬休みも今日で終わりです。
 今日は冬休み最後の日をいっぱい楽しもうね。
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL